About Suzume Laurant

Posts by Suzume Laurant :

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #35

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:電子レンジでゆで卵を作ってはいけません。

吾輩はSuzume Laurantである。

現在、ちょっと変わったブースターイベントが開催中です。

ガレンテのルミネールというシステムをスタートして、指定したシステムまで時間内に行けばポイント獲得、というもの。

目先が変わって面白いと言えば面白い……のですが、ぶっちゃけ激烈面倒ですし時間も掛かりますので、ある程度自力で稼げる人はマーケットに流れたブースターを買う方がいいんじゃないかという感じではあります。
自分でイベントをやる人も居れば、そういう人からブースターを買う人も居る。そしてブースターに投資して儲けようという人も居る……
『イベントに参加するだけがイベントではない』なんて言うとちょっと矛盾した感じに聞こえますが、これこそeve。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回は生産のそのまた続きです。
ようやく本題の説明に入れます。

 

やはり凄惨

さて、前回はT2艦製造のためのリアクションをしたところまででした。

リアクションで出来たこいつらを使って作るT2艦用のパーツ。『T2コンポーネント』と言います。
ちなみにどこの国のT2艦を作るかによって必要なパーツが変わるというシステムなので、BPOをご購入の際はご注意を。

例によってBPOの資源効率・時間効率を最大まで研究して、国毎のセットにして売ってる人が居るのでそれを購入します。
BPOからBPCを刷りましてBPCを使って生産。

材料こそ違いますが、この辺は最初にベクサーを作った時と同じですね。
注意しなければならないのは、インダストリーだけで製造できたベクサーと違い、パーツ毎に微妙に必要スキルが違う点です。

このスキル本が1冊10Mとかでうっとうしい値段なのである……
同じスキルで作れるパーツは同じキャラに作らせるとか、なんかそういう工夫をした方が良いでしょう。

これでついにイシュタルの材料が揃いました!

イシュタルの再発明

さあ生産を……いや、ちょっと待った。
イシュタルのBPCは?

T2艦のBPOは基本的に存在しません。
(一応、GMが気の迷いで作ってしまったものがあるらしいんですが、数は非常に限られていてまず市場に出回ることはありません)

ではどうやってBPCを手に入れればいいかと申しますと……『発明』というのをやらなければなりません。

発明とはなんぞや! と申しますと、T1艦のBPCを研究してT2艦のBPCを作成することです。
イシュタルはベクサーの派生T2なので、ベクサーのBPCを研究すればいいんです。

既に宇宙に存在しているものなのに、作る度に再発明しなきゃならないあたりカプセラはよほど記憶力が悪いと思われる。

発明は確実に成功するわけでなく、確率成功になります。
別にベクサーのBPCをイシュタルのBPCに変化させるわけではなく、『回した回数分だけイシュタルBPCを手に入れるチャンスがある』とか考えると分かりやすいです。

発明に必要なスキルはざっとこんな所。

研究所オペレーション(Laboratory Operation):研究ライン増加
高度研究所オペレーション(Advanced Laboratory Operation):さらに研究ライン増加
国毎の造船スキル:発明の前提であり成功率も増加
 例えばイシュタルの場合はガレンテ宇宙船電気工学(Gallente Starship Engineering) ……この日本語、誤訳臭いなあ
国毎の暗号方式スキル:発明の前提であり成功率も増加
 例えばイシュタルの場合はガレンテ暗号方式(Gallente Encryption Methods)
艦ごとの生産スキル:発明の前提であり成功率も増加
 例えばイシュタルの場合は機械工学(Mechanical Engineering)

発明は結構時間が掛かるので、ライン数を増やして複数同時進行させるのはまあ必須でしょう。

必要なのはアイテムはこんなところ

データコア2種(国毎の造船技術/前述の生産スキル)
 例えばイシュタルの場合はガレンテ造船技術と機械工学のデータコア
派生元T1艦のBPC
 もちろんイシュタルの場合ベクサー
(解読器)

データコアというのは、探検でデータサイトから発見可能な謎の物体です。
まあさすがに自分で揃えようとはせず買った方が良いでしょう。結構な数使いますし。

解読器も同じくデータサイトから発見できる資源です。何種類かありますが、お好みでどれでも投入できます。
実はこれが無くても発明ができるのですが、事実上必須と言えるでしょう。
何故か。
完成したT2BPCの資源・時間効率、それどころか1枚当たりのrun数すらも投入するデータコアに依存するからです。
データコア無しで発明をやっても『せっかく成功したのに資源効率微妙だし1runしか使えない……』みたいな事になりますので絶対入れましょう。
あと、データコアは発明の成功率も変動させます。成功率が下がるデータコアもあるので注意……
発明の成功率は素の状態で30%とかなので、成功率が下がるコアはぶっちゃけオススメできません。

無事成功すればBPCが完成。これでやっとイシュタルが生産できます。

もうゴールしてもいいよね?

生産に必要なスキルはイシュタルの場合、以下の通り。

高性能中型艦建造(Advanced Medium Ship Construction)
ガレンテ宇宙船電気工学(Gallente Starship Engineering)
機械工学(Mechanical Engineering)

建造スキル以外は、まあ要するに発明に使ったスキルをそのまま使える感じです。

あとは普通にBPCを使用するだけ。
この材料どもを見よ。

今回は説明を省略していますが、材料のRAMとかいうのは普通に鉱石ミネラルから製造できるパーツです。
安いし、小さいから輸送も楽だしで、今回は完成品を買いましたが、まあ全部自分で作りたいという人は作っていいのではないでしょうか。

建設ブロックはPI生産品です。こいつは自給自足してます。買うとなるとちょっと高いし重い……まあ買ってもいいとは思うんですが、建設ブロックの自給自足くらいならPI1キャラでもまかなえちゃったりしますし。

後は普通にジョブを開始すればOK。オツカレサマドスエ。

と言うわけでT2生産に必要な工程をまとめます。

鉱石⇒【精錬】⇒ミネラル

T1艦BPO⇒【研究(コピー)】⇒T1艦BPC⇒【生産】⇒材料のT1艦
⇒【研究(発明)】⇒T2艦BPC

コンポーネントBPO⇒【研究(コピー)】⇒コンポーネントBPC⇒
月石⇒【精錬】⇒月資源⇒【リアクション】⇒中間材料⇒【リアクション】⇒コンポーネント材料⇒【製造】⇒T2コンポーネント

【PI】⇒建設ブロック

R.A.M.BPO⇒【研究(コピー)】⇒R.A.M.BPC⇒【生産】⇒R.A.M.

……おわかりいただけただろうか。

いい加減ややこしいですが、『研究』『生産』『リアクション』全て別々でライン数が計算されています。
『Mass Reaction』のスキルを取っても研究や生産のラインは増えませんが、逆に言えばリアクションをフル回転させている最中でも生産や研究は問題なく行えるわけです。

とにかく死ぬほど面倒で、必要なBPOやリアクション設計図などの初期投資も重く、生産キャラは数が必要で、材料だって結構な値段……
そりゃT2艦は高ぇよ! というのを身をもって思い知ります。
慣れれば流れ作業で結構な収入になるんですけどね……

皆さんもT2艦を使う時は生産者の苦労に想いをはせて、バカスカ沈めましょう。
たくさん沈んだらたくさん売れますし。
それで気が向いたら作ってみるのもいいでしょう。

 

次回:abyss商戦
やっと落ち着いてきましたが、abyssの実装を巡ってのマーケットの動きを私が観測した範囲でご報告します。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #34

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:エサを与えないでください。ISKの方が良いです。

わたしSuzume Laurant。今あなたの後ろにいるの。

最近の私は当然abyssをやりまくっています。
……と、言いたいところですが、まだ生産始めたばっかりでいろいろ慣れてないのでそっちに時間取られてる感も。

abyss攻略に使う艦としてデイモスやサクリッジが人気のようで、私もそこら辺の艦をちょっと作ったりしています。
ゴールドラッシュでも結局、ツルハシとかジーパン売ったやつが儲けたんですよねえ。

アマーの強襲型巡洋艦サクリッジ。
全属性のアーマーレジストにボーナスが付く激烈に堅い艦。

ガレンテの強襲型巡洋艦デイモス。
アーマーリペアラの回復量にとんでもないボーナスが付く強烈な性能の艦。

皆さんトリグラヴィアン艦隊の鬼畜攻撃力にビビってるからこういうのが人気なんだと思いますが、どんなに防御を固めても20分でクリアできなきゃお陀仏なので、もうちょい攻撃的な性能の艦で必要十分の防御を組む方がいいのではないかと。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回は生産の続きです。

 

今度こそ凄惨

前回は一般的な鉱石を使ってT1巡洋艦ベクサーを製造しました。
が、今私が作ろうとしているのはT2巡洋艦のイシュタルです。
はて、ならどうしてベクサーを作ったのか?

まあ簡単な話で、イシュタルはベクサーのバージョンアップ品なんです。
材料のひとつにベクサーが含まれてて、そいつをいろんなパーツで魔改造して製造するわけです。

問題はベクサー以外の材料です。
見慣れないアイテム(パーツ)が山のように含まれている……

これらのアイテムはT2コンポーネントと言いまして、前述の通り、T1艦をT2にアップグレードするために必要なパーツです。
BPOを買ってきてBPCを刷り、大量に生産する必要があります。

まあBPCはいいとしても、材料がまたしても見慣れないアイテムです。
生産に手を出したことが無いプレイヤーにとっては「なんだこりゃ?」という代物です。

と言うわけで材料の生産法を調べますと、またよく分からないものが材料に……
そろそろ頭がこんがらがってきましたか? 私もおかしくなりそうです。

材料パーツ材料材料を調べますと、ようやく見覚えのあるものにぶつかりました。
この四角いパネルに元素記号が表示されてるのは、月資源です。


ほら、これこれ。

月石を精錬すると手に入るのが、この元素的ななんかなんです。

 

出川でもダチョウでもない

月資源から中間材料を作成し、さらにその組み合わせでコンポーネント材料を作成する行程は『リアクション』と言います。
熱湯風呂やアツアツおでんは関係ありません。

つまりこういう事です。

月石⇒【精錬】⇒月資源⇒【リアクション】⇒中間材料⇒【リアクション】⇒コンポーネント材料⇒【製造】⇒コンポーネント⇒【T1艦も加えて製造】⇒T2艦

や、ややこしい……脳が飛び散りそう。

リアクションは製造・研究とは別枠でして、リアクションのライン数を増やしたり高速化するには専用のスキルが必要です。

Reactions:リアクションの前提、そしてリアクション時間の短縮。
Mass Reactions:リアクションのライン数が増える。
Advanced Mass Reactions:例によってライン数が更に増える。

(日本語サポートが打ち切られた後に追加されたシステムなので訳名がなかったりする)

これだけ。
そんなに重いスキルじゃないですが、リアクション品は数を作らなきゃならんものですので、頭数が居ないとどうにもなんないんですよね……

リアクションはBPOに相当するFormulaなるものを使わなければなりません。
FormulaはBPCをコピーしてブンシン・ジツを掛けることが不可能で、Formulaを直接生産ラインにぶち込んで設計図とします。

ちなみにリアクションの材料一覧に含まれてた燃料ブロックというのは、POSやストラクチャ(宇宙建造物)を稼働させる燃料として主に使われるやつなんですが、リアクションにも必要になります。
一回一回に必要な量は少しですが、前述通りリアクションはかなりの回数こなさないとならないので、最終的に割と馬鹿にならない出費だったり。

で、この生産は例えば『Aの材料にはaとb、Bの材料にはcとd……』みたいに綺麗なツリー状になってるわけではなく!
『aはAとEとRとTの材料に使う』みたいに意味分かんないくらい複雑に入り組んでいます。
これを暗算するのはほぼ不可能、手計算したところで不毛の極みなので

excelを活用して、材料は何がいくつ必要なのか、そして何をいくつ生産すれば次の段階で足りるのか分かるようにしておかないと、やるのは無理です。言い切ります、無理です!!

ちなみに、カラドリウスではメンバー向けに月資源の販売もやってます。
以前ブログで書いたCTMにて掘った鉱石は、生産をやっているメンバーに売りつけられてAllyのマネーになるわけです。
リアクションのための採掘基地もありますし、excelを作る覚悟と元手と頭数さえあれば簡単に生産を始められます!
まあ最初から生産で稼ぐのは全然全くオススメできませんが……

なにはともあれ、必要な材料を揃えたらあとはみんなで手分けしてリアクションするだけ。

Advanced Mass ReactionsのⅤはさすがに重すぎなのでⅣ止め。基本の1ラインに5+4ライン加えて、ひとり10ラインが良い感じ。

2度のリアクションを経て、ようやくコンポーネント材料が完成します。

※まだ材料
生産ぶち込んだ後のスクショなので数は少なめだったり

リアクションと並行して、コンポーネントのBPCを刷っておくと、リアクション終了後にスムーズに生産に移れるでしょう。

 

次回:はじめての本格生産・後編
ついに、やっと! 最終生産品が完成します。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #33

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:振らずにそのままご使用ください。

ハロー! そして……グッバイ! Suzume Laurantです。

例によってabyssal deadspaceが実装されました

私はテストサーバーでちょっと偏執的なくらい予行演習と研究をしたので、幸いにもまだ船を沈めていませんが、全体的に言えばどうしようもないレベルの死屍累々状態です。
abyssで使う高級装備やHAC(強襲型巡洋艦)は天井知らずの値上がりを見せています。みんな欲しがる上に、それが回収も脱出も不可能なabyssで次々消えていくんだから当然です。
……皆さん、そんな特攻ルートじゃ儲けより損の方がデカイのと違います?

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回は、abyss潜りの傍らで始めた造船事業の話です。
生産について語ろうとするとかなり長くなるので数回に分割します。

凄惨生産のススメ

最近、本格的に生産をやってみることにしました。

なんでまた生産に興味を持ったかと言いますと、サイバイマン(スキルインジェクターで売血するために用意してるキャラ)の使い道に迷ったからなんですよね。
サイバイマンはスキルポイント合計が5.5Mあって初めてスキルポイントを抜けるので、最低5M分は『キープしているスキル』が出てしまうのです。
PI要員をこれ以上増やした所で毎日のエクストラクター設置が面倒ですし、どうせなら生産系のスキルを取って自分で使う船作れるようにしちまうかなあ、というのが動機です。
まあ金策手段がそこにあるとなればやっぱり試してみたいというのもありますし……

というわけでまずは初級編。
T1艦を作るにはどうすれば良いか? です。
ちなみにT1艦というのはあくまでも「基本(ベース)となる艦」ですので、実はキャピタルでもT1は多いです。

必要なスキルはざっとこんなもんです。
インダストリー(Industry):↓の前提スキル。また製造時間も短縮
大量生産(Mass Production):製造ラインの数が増える
高度な大量生産(Advanced Mass Production):製造ラインの数が更に増える

T1キャピタルを作るなら以下のスキルも追加
アドバンスインダストリー(Advanced Industry):↓の前提スキル。また製造時間もさらに短縮
主力艦建造(Capital Ship Construction):キャピタルのパーツを作るのに必要&製造時間短縮

ですが今回例として作るのは巡洋艦ですので置いときましょう。

なんだかんだ言って1カ月も仕込めば十分なスキルが確保できます。サブキャラの訓練期間として考えるならそこまで長くもないはず。
まあ必要なのはスキルよりも、仕入れのための元手とライン工の頭数なので……
初心者が生産で生計を立てるのが大変なのは、この辺の問題なんです。

まず、艦を作るには設計図であるブループリントが必要です。
ブループリントには無限に使えるBPO(ブループリントオリジナル)と回数制限付きのBPC(ブループリントコピー)があります。BPCはBPOから作ることができます。
無限に使えるBPOがあればBPCは要らない……わけではありません。
BPOと言えど、一度に1ラインの生産にしか使うことができません。ひとりのキャラが持てるラインは11もあるのに、これは非効率!
ですがあらかじめBPOからBPCを生産しておけば、ブンシン・ジツめいて同時並行的に生産が可能なのです。ゴウランガ!
まあBPCには他にも大事な使い道があるんですがそれは後述。

BPOは『研究』を行う事で生産効率(時間/材料消費軽減)が可能なのですが、研究スキルまで揃えるのが面倒だったので、売りに出されてる研究済みのBPOを買ってしまいました。完成品がこちらにございます
まあ研究してる間、BPOは使えませんからね……

とにかくまずはBPOからBPCを生産します。

ちなみにBPCの作成は生産系ではなく研究系の扱いなので、大量生産ではBPC生産ラインを増やせません。
そこら辺の説明は、やっぱりまた後ほど。BPOからBPC作るだけなら初期状態の1ラインで十分です。

複数ラインで生産するために、適当な回数のBPCを数枚に分けて刷ります。100回使えるのを1枚刷るのも、1回使えるのを100枚刷るのも同じ時間なので、用途に応じて変えればOK。
セットしたら待つだけ。無事にBPCが刷り上がりました。

次はこのBPCを使って、いよいよ艦を生産します。

カラドリウスは生産設備も万全。超大型生産施設であるソティヨや、各種生産品に特化した施設を配置しております(露骨な求人アピール)。
ただでさえnullは生産コストが安いのですが、生産施設を設置して使えば、さらに様々な面で効率化されます。
ここに材料とBPCを用意して、生産画面を開けば……

この通り。作る個数を決めてお金を払えば(nullだとこれが安い!)生産開始です。

材料は生産画面の左側に表示されてるやつら。鉱石を溶かした時に得られる、ミネラルというやつです。まあ要するにインゴットみたいなもんですね。
流石に自分で掘ってなんかいられませんので、宇宙一のマーケットであるjitaで輸送用に圧縮された鉱石を購入し、輸送をしてる方に頼んで運んでもらいます。

鉱石を溶かしてミネラルに変える際は溶解の効率というのがあり、スキル・設備・インプラントを揃えておかないとロスが出てしまうのですが、いきなりは用意できないのでスキルがある人に外注しました。

後は待つだけ。

ほらできた。ね? 簡単でしょう?
……ここまではな!

次回:はじめての本格生産・中編
T1の巡洋艦とか作るのは簡単なんですよ! 問題はその先ですよ……!

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #32

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:(突然無理ゲーな強化がされても)泣かないこと(突然無理ゲーな強化がされても)投げ出さないこと(突然無理ゲーな強化がされても)逃げ出さないこと(運営を)信じ抜くこと。
無理

さすがにそろそろ挨拶のバリエーションが尽きかけています。Suzume Laurantです。

このスペースのネタにもちょっと困ったので、先日、CTMで月掘りへ行った際のSSをちょろっと並べておきましょう。

月から引き剥がされて浮かび上がった鉱石。


エネルギー充填中……


ZAAAAAAAP!!!


ビシビシッ


KABOOOOM!


辺りに散らばる月鉱石。そして月面にも撃ち込まれるレーぜー。


着弾


びよびよびよ……


次の鉱石が生まれ始めています……しばらくしたらまた掘れるようになるでしょう。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

さて今回はテストサーバーに潜った話と、新規実装コンテンツの話です。

sisi累々

テストサーバー、正式名称singularity、通称sisi
ここはオメガプレイヤーに開放されている場所で、いろいろ試行錯誤したり実験したりするために使える領域です。
ざっくりとその特徴について説明していきましょう。

①定期的にメインサーバーの状態が反映される

まあ分かりやすく言えばゲーム全体のセーブデータがコピーされるんです。
持っているアイテム、スキル、現在地、その他諸々。
ちなみに各キャラクターのスキルだけは、現在のメインサーバーでの状態を手動で反映させるコマンドがあるそうです。

どうせ次の反映でテストサーバー側の現状は破棄されるので、クソ高いアイテムを無駄遣いしようが気にしなくてOKの空間です。好き勝手に検証しましょう。

②一般的なアイテムとほとんど全部の船が超絶安価で無限に売られている。

sisiを実験領域たらしめる最大の理由がこれ。
ミサイル一本すらプレイヤーが作ると言われるこのeveにおいて、sisiではどんな船もたったの100ISKでNPCから購入可能なのです!
『ちょっとこれ船が沈むかも知れないけど実験してみたい』という時にsisiへ行けばOK!
高額なインプラントのお試し使用なんかも可能!
メインサーバーで試そうとするとお財布的な意味でやってらんないあれこれを検証可能です。
憧れの船を乗り回してモチベを高めてみるのも良し。

……残念ながらSCやタイタンは売ってないようですが、ブループリント(生産用設計図)や鉱石は100ISKで売ってますので生産スキルさえあれば作れます。

③アップデートの先行実装

他のゲームではそうそう無いんじゃないかというsisiの(と言うかeve onlineの?)大きな特徴がこれです!
予定されているアップデートの先行実装!
大きなシステム変更から、新しく加わるPvEコンテンツまで試すことができます。

まあeve onlineって『大損』の危機がそこかしこに転がってるゲームで、それが取り返し付かない事態になったりしますので、こういう場所で「次に何が起こるのか」システムを確認できるようにする必要があるのかも知れません。

あとCCPがバランス調整のためプレイヤーにテストプレイさせているという噂も……いや、噂というか事実なんですが。

④PvPは同意が無い限り御法度

オマケ。sisiのルール。
他人の検証の邪魔をするんじゃねえ! という話。やっちまうとsisiから一定期間のBANを食らったりするそうです。
何でもありのテストサーバーなのに本家より安全って言う……

冥土インアビス

と言うわけで、5月末に実装されるabyssal deadspaceを体験しにsisiへ行ってきました。
こいつはソロプレイ専用で、PvEのエンドコンテンツと位置づけられている……らしい?


フィラメントというアイテムを使うことで特別なダンジョンみたいな所へ飛べます。

ステージクリア式で、各部屋で敵を全滅させればゲートが開いて次へ進めます。


各部屋に置いてあるカプセルを壊すと、ここでしか手に入らない戦利品が。

今のとこ部屋の種類はこんな感じ。

・ドローン部屋。

大量のドローンが襲ってくる。ドローンと侮るなかれ、その攻撃を食らうとかなり痛い。
ローグドローン系の戦艦や巡洋艦が出てくる場合もある。

・ドリフター・スリーパー艦隊部屋

ドリフターとかスリーパーという勢力の艦隊。混成で出て来ることもあるし、仲間だけで飛んでくることもある。
戦艦一隻or巡洋艦複数のDPS(攻撃担当)。そして複数の電子戦艦というのが基本編成っぽい?
ドリフター戦艦の威力と射程がやばい。

・トリグラヴィアン艦隊部屋

この謎めいたdeadspaceに関わると思われる新勢力、三角形が大好きなさんかく団の皆様。
とにかく難易度が吐くほど高い!
異常な速度(およそ秒速3km!!)のフリゲートが突っ込んできてこちらを捕獲し、異常な攻撃力の巡洋艦達がよってたかってnewt(キャパシタ、つまりMPへの攻撃)で電池を枯らしつつなぶり殺しにする。
このモンスターハウスを引いてしまった場合どうやって乗り切るか? というのがabyssal deadspace最大の命題。

・トリグラヴィアン戦艦部屋
(SS撮ってる暇が無かった……)
こっちはさんかく団の戦艦部隊の部屋。何故かこいつらもHPが最初から減っているのだが、その能力がヤバイ。
60kmの距離から一瞬でこっちの電池を空にしつつ、10秒もあればこっちを消し炭に変えるあり得ない火力で襲いかかってくる。
最近は相互にリモートアーマーリペアラまで回すようになりやがってなかなか倒せない。

 

おっと、『今のとこ』だの『最近は』と書いたのを見て首をかしげた方もいらっしゃいますかね?

sisiのコンテンツはまだ実装前ですので、ちょくちょくサイレント修正が入っています。先行して遊んでるプレイヤーの反応やデータを見て難易度調整してるわけですね。
って言うか難易度が実装に向けて日を追うに連れて徐々に上がってるんですが。まるでカエルを煮殺すかのように。正規実装時にどうなっているものやら全く分かりません。
簡単にクリアされたら悔しいじゃないですか

財布を大きく開いて誠意を見せる運動


さて、何のためにabyssへ潜るのかという話をしますと、ここの報酬は装備ガチャ用の合成アイテムです。
これまでeve onlineに装備のランダム強化みたいな要素は無かったんですが、ついに装備ガチャが導入されるのです。
ガチャ対象、つまり合成アイテムが使用可能な装備品は既に高騰中。欲望が鍋巻いております。

 

まあ個人的にガチャはFGOだけでいい良い。わしゃーabyssに潜って稼ぎたいんじゃー。

現在カラドリウスでは有志(と言うか主に私)がsisi籠もりしてabyssal deadspaceの検証と攻略を進めています。
あなたもカラドリウスに(特に羊社に)入って、一緒にabyssを攻略しませんか?

 

次回:suzume造船、創業
ちょっと本格的に生産をやり始めてみました。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #31

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:NPCゲートキャンプを見つめない。

アンジョネコンダクサ(挨拶ではない)。Suzume Laurantです。

このところ時間があればテストサーバーに籠もって、実装が間近に迫ったコンテンツ「abyssal DEADspace」を検証しています。(eve onlineでは、実装前のコンテンツまで反映されたテストサーバーがプレイヤーに開放されているんです!)

PvEのエンドコンテンツと言うだけあって、細かい操船や素早い判断が必要なアクションゲームのようなノリのミニダンジョン。なかなか楽しいですがぽこじゃか船が沈むので胃が痛くなりそうでもあります。この空間において絶対安全確実な攻略法などあり得ない……!
テストサーバーとabyssの話はまた次回。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はインプラントの話です。既にプレイしてる人向けの話になっちゃいますが、まあこういうの未プレイ者でも読んでて楽しい……ですよね? 少なくとも私はこういうのが好きだ。

概論

eve onlineは属性値によってスキルトレーニングを行うシステム……だというのはまあここ読んでるような人は未プレイでもご存じの方が多いでしょう。
そんなトレーニングを加速するのが属性値インプラント。
+1~+5が存在し、これを付けることでスキルトレーニングを効率化します。
ここら辺は初心者の方でもまあやってることでしょう。

しかーし、インプラントはそれだけじゃあありません。
属性強化のインプラを入れる第1~第5スロットの他に、カプセラの頭にはまだ5つも穴が開いてるのです(大丈夫か?)
今回は第6~第10スロットに入れるインプラント「スキルハードワイヤリング」を独断と偏見で紹介していきます。

どれもこれもインプラントの例に漏れず、外すとぶっ壊れるのでご利用は計画的に。
ちなみに、どのスロットに差せるかはインプラントナンバーの百の位の数字で分かります。

重要度極高・PG/CPU/キャパシタ関係

EO-600シリーズ:キャパシタ充電強化
EG-600シリーズ:パワーグリッド UP
EE-600シリーズ:CPU UP
EM-800シリーズ:キャパシタ容量 UP(つまり秒間充電量もUP)

とりあえずこれ覚えとけばなんとかなります。

フィッティングはPGやCPUの制限、そしていかにキャパシタを安定させるかの戦いです。
そして、誰も彼もがPGCPUキャパシタ関係のスキルを全部取ってるわけじゃないんですよねえ。
ベーシックなスキルはまあいいとしても、高度武器強化(Advanced Weapon
Upgrade)みたいな上位スキルをⅤにしようとしたらエグイほどスキルポイントが必要ですし。
あと、そもそもどんなにスキルを上げてもあと一歩足りないfitとか。
そこいら辺を良い感じに補ってくれるのが、これらのインプラントです。
難点があるとすれば、スロット6が競合しすぎって事ですかね……

+2%なら10Mもせず、+3%のやつとかなら20Mくらい出せば手に入ります。
「このfit使いたいけどちょっとだけ足りない!」って時はこれらのインプラントを思い出しましょう。

重要度高・AB/MWD関係

AC-600シリーズ:AB/MWD高速化
ゾルのカスタム航行ハイパーリンク(スロット8):AB/MWDの速度+5%
AB-600シリーズ:ABのサイクル時間増加(つまり消費キャパシタ低減)
ゾルのカスタム航行リンク(スロット7):ABのサイクル時間増加+10%(つまり消費キャパシタ低減)
FC-800シリーズ:ABの消費キャパシタ低減
HS-900シリーズ:MWDの消費キャパシタ低減

ラッティングや特殊なサイトの攻略で案外重要になる推進力mod。
高速化したい場合、インプラでいくらか能力を底上げできます。
また、こいつらのキャパシタ消費はなかなかのものなのでキャパシタ消費を軽減できると船全体が優しさに包まれることでしょう。

AB-600とカスタム航行リンクは特殊。サイクル時間が長くなると言うことは、同じキャパシタ消費で長く恩恵を受けられる(=電池消費低減)と言うこと……ではあるのだがABを1サイクルだけ回して重い艦を素早くワープインさせるトリックが使いにくくなるのでよく考えて使いましょう。まあカスタム航行リンクはアホみたいに安いので必要な時だけ入れて要らない時は捨てればOK。
100MNABオービットで放置ラットするVNIなんかにオススメ。

重要度やや高・生産系

GH-800シリーズ:ガス採掘量UP
MX-1000シリーズ:採掘量UP
ミチの掘削オーグメンター(スロット7):採掘量+5%
IH-1000シリーズ:アイス採掘modのサイクル時間短縮(短時間で同じ量が掘れる)
BX-800シリーズ:生産時間短縮
RX-800シリーズ:鉱石を溶かしてミネラル(生産に使用可能な状態)にする際のロスが減少
RR-600 MY-700 SC-800:ブループリントの資源・速度研究速度とコピー速度アップ

やる人には重要。純粋に時給がアップするのでシンプルに強力。

重要度やや高・スキャン/探検関係

AP-600シリーズ:スキャン誤差軽減
AQ-700シリーズ:プローブスキャン速度UP
AR-800シリーズ:プローブスキャン強度UP
AC-900シリーズ:遺物アナライザーウイルス強化
HC-900シリーズ:データアナライザーウイルス強化
EY-1005:両方のウイルスが5強化されてサルベージやアナライザーモジュールのサイクル時間(つまり次の起動までの時間)が5%短縮される。

これもやる人には重要。
私はSCラットの前にワームホール探す係のキャラにいろいろ付けてます。
シグネチャの特定は案外かったるいので、補助は少しでも欲しい所。
探検は低スキルからやりはじめられる金策のひとつなので、初心者の人は要チェック。
ちなみにウイルス強化系のやつはひとつしか効果が出ないみたいです。

重要度やや高・エミッション/リモートリペア関係

ES-700シリーズ:キャパシタエミッション系装備のキャパシタ消費軽減
SE-800シリーズ:シールドエミッション系装備のキャパシタ消費軽減
RA-700シリーズ:リモートアーマーリペア系装備のキャパシタ消費軽減

エミッションとはなんぞや? と思うでしょうが、つまりこれは他艦を回復させる装備です。
ロジ(回復役)はとにかく電力消費が激しく、スキルが足りないと電力が枯渇して艦隊全体に影響が出てしまいます。
そこら辺を補うのに使えるのでしょう。たぶん。

その他・別に全部不要なわけではない

●エンジニアリング系の残り
PG/CPU/Capの影に隠れがちな皆様。スマボの高速化(=電池消費も激化)とかもある。
EU-700シリーズはバッテリー装備時のCPU消費を低減できる。CPU上昇のEE-600と穴が被らないので、どうしてもと言う時は。

●航行技術系の残り
ワープ速度を上げるWS-600系はSCラットのお供に◎。以前書いた通り、本当ならスロット6にはアセンダンシーのオメガを入れるべきなのですが、さすがに高すぎなのでケチってWS-600を入れるのも十分あり。
GY-700系は船の挙動が軽くなり加速がアップ、つまりワープインまでの時間も少し早くなる。
これはサイトからサイトへのワープが多いSCラットや、ゲートをくぐりまくることになるmaze攻略が多少快適になるかも知れない。

船の最高速度を上げるNNシリーズ(と、その上位である『シャキルの速度エンハンサー』)は競合多数の600番台なのが痛い。そうまでして最高速度が欲しい事はあまりない。
ワープ開始時のキャパシタ消費を低減するWDはただでさえ微妙なのに600番台という……

●生産系の残り
MY-1000シリーズは採掘量アップmodのCPU消費を低減。ピンポイント過ぎる。

●スキャン系の残り
微妙に仲間はずれくさいサルベージ成功率強化のSV-900は……
わざわざインプラントで成功率強化しなくても成功するまでやればいいだけだしなあ……

●ターゲット系
スキャン解像度アップのSA-700シリーズは、バカスカ敵を倒しては次をタゲっていくSCラットに役に立つかも知れない。
LT-800のターゲット距離は、そうまでしてロックオン可能な距離を伸ばす意味があるのかどうか。

●ガンナリー・ミサイル系
艦隊戦ではわざわざドクトリンにこんなもんまで採用しないと思われますし、PvEで使うかと言えばそれも微妙……(なにしろPvEはドローンばっかりなので)
ソロPvPではお好み次第で使えるだろうか。
CPU消費やタレットのキャパシタ消費を低減するやつもあるので、こっちはドクトリンfitを組む時に何か足りなかったら使えるはず。

●防御系
正直、ほんの3%とか回復量やHPアップしてもどうにもなんない可能性が高いので他に付けるもの無いときのお守りでいい気が。とは言え優先度が低いだけで、当然、役に立たないわけではない。
ただ、キャピタルだとその数%がシャレにならない数字なのでバッファタンク(自己回復はせずHPを高くして、やられる前にやるなり味方の回復を受けるなりする防御方法)のお供に悪くない、はず。

●電子戦系
電子戦modのキャパシタ消費が低減される。
……とは言えほとんどの電子戦はもともとキャパシタ消費が安いので有用性は……
しかもnewtやnos(電池攻撃系電子戦)のインプラは無い。

そんな中、MR-800シリーズはwebiの射程を伸ばすという唯一無二の効果を持つ。

●神経強化系
ブースターの効果時間を長くする・副作用を弱める・副作用を出にくくする
どれもこれも誤差レベルという気が……

●ドローン強化系
くれよ!!
無ぇのかよ!!!
ドローン強すぎるからね、しょうがないね。

【後日追記】とか言っていたら実装されるようです。
ドローンのHPを犠牲に攻撃を強化するか、攻撃を犠牲にHPを強化するかの2種類。
素直に純粋強化させてくれない辺りやっぱりドローンは強い……

有用だが初心者向きではないもの

ここら辺は最初のうちは考えなくてもいいでしょう。

●シリーズもの属性インプラント

以前書いたワープスピード強化インプラントのアセンダンシーシリーズもそうなんですが、属性を強化しつつシリーズ揃えるとデカイ効果が得られるT2インプラントというのがあります。
どれもこれも死ぬほど高い。
基本、レアエネミーからのレアドロップなので滅多にお目にかかれませんが……

以前のブログで書いたアセンダンシーはSCラットに不可欠。
アーマーHPを大幅に割合増加させるスレーブ一式なんかは、スーパーキャピタル(タイタンやSC)で艦隊戦に出るスーパー乗り御用達。

●マインドリンク

周囲の味方にバフをかけるリンク効果を強化するインプラント。
艦隊戦の補助役や、ロークアルによる多アカ掘りでの採掘艦強化に使います。

 

なんか抜けてるのがあったらごめんなさい!

次回:sisiに行ってみた
今月末に実装されるAbyssal DED Spaceを体験しにテストサーバーへ行ってきました!
簡単なレポートとテストサーバーの説明をします。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

fullscreen