投稿一覧

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #47

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:BGM注意!(流れません

むぎちゃ。Suzume Laurantでごじます。ぐんまけん。

折角買ったブースターを使い忘れたりもしたけれど私は元気です。ブッダファック。

キャラいっぱい居るんだもん……ひとりくらい忘れるって。

そして自家製Nyxの焼き上がりを待つ日々。

だいたいコンポーネント(パーツ)の作成から本体の焼き上がりまで3週間ってところです。さすがスーパーキャリア。

材料の石をジタから運んだらJF2杯分とかになったんですが、石を溶かしてできたミネラルをパーツ工場に運び込もうと思ったら、JFの3倍くらい入るフレイターで、さらに10杯分以上の体積になっていたのには本当に驚いた。そして生産時の消費金額も数百Mという。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

と言うわけでミサイル編です。

ミサイルの命中

角速度だの命中率だのとクソ面倒くさかったタレットに比べますと、ミサイルはとんでもなく単純です。

まずミサイルの命中ですが基本的には『射程内なら当たる』『そうでなきゃ当たらない』という非常に分かりやすいものになっています。
しかし、この命中判定が少しばかり独特です。

タレットは発射即弾着だったのですが、ミサイルは航続距離だの飛行速度だのというパラメータがあります。宇宙空間をひよよよよ~っと飛んでいくホーミング弾なのです。射程というのは、この時間×速度によって導き出されたものに過ぎません。
発射から弾着まで、多少のタイムラグがある……というのがミサイルの特徴です。

ところで、察しのいい方はお気づきかも知れません。
『ミサイルの速度より速く飛んだらどうなるの?』と……

当たりません。
射程内だろうが当たりません。
まあミサイル自体結構速いですんで、ミサイルを完全に振り切ってしまうには、インターセプターみたいな高速船じゃないと厳しいですが。

ミサイルを高速化する艦はこういう振り切りへの対策になります。オーソラスとか。

なおミサイルは宇宙空間にちゃんとオブジェクトとして存在しておりまして、スマートボムなどの範囲ダメージ武装を使えば破壊も可能です。対ミサイルの防御としてスマボを出す事はあまりありませんが、そういう弱点があることは知っておいても損は無いでしょう。

ミサイルのダメージ

では、いざミサイルが当たったとしましょう。ちゅどーん。
その時にどうやってダメージを計算するかですが、こんな計算式を使います。

Min Minimum 括弧の中身のうち一番小さいものが適用されるという意味。
Rs SignatureRadius シグネチャ半径。この場合は命中時の目標のシグネチャ半径を指す。
Re ExplosionRadius ミサイルの爆発半径のこと。
Ve ExplosionVelocity ミサイルの爆発速度のこと。
Vt TargetVelocity 目標速度。命中時に目標の出していた速度を指す。
drf DamageReductionFactor 詳細は後述。

……ワケ分かりませんね?
ちょっと噛み砕いて言うと『100%』『爆発半径比』『速度と爆発半径の複合判定』のうち、一番小さいものがダメージ倍率として適用されます。
さらにざっくり言ってしまえば攻撃側爆発半径vs防御側シグネチャ半径』と『攻撃側爆発速度vs防御側速度という勝負になるわけで、この辺はタレットに似ていると言えるでしょう。
ただミサイルの場合は角速度とか関係なく、あくまでも純粋な防御側速度だけを見ています。タレットは攻撃側が下手に動くと命中率が下がってしまっていましたが、ミサイルの場合、攻撃側の動きは全く関係ありません。秒速5kmでかっとびながらでも問題無く攻撃できます。代わりに敵が動く角度も関係ないですので、例えばタレットの場合敵がまっすぐ突っ込んできたらただの的でしたが、ミサイルだとしっかりダメージを減衰させられてしまいます。

個別に見ていきましょう。
まず爆発半径とは……『これよりシグネチャ小さい船は勘弁してくれ値』です。
イメージとしては、爆発が広範囲に拡散してしまうので相手が小さいとフルヒットしないみたいな感じです。当然ですが、高ダメージの大型ミサイルほど爆発半径は大きくなります。
防御側シグネチャに対して爆発半径が大きいとダメージは減衰されます。

爆発速度もまあそのまんま。『これより速い船は勘弁してくれ値』です。
爆発がゆっくりと広がっていくので相手が素早いと振り切られてしまうという……なんか変な気もしますがそういう宇宙なのだと納得しましょう。
ただ、前述したように速度比による判定は、爆発半径との複合判定です。防御側の速度が出ていたとしても、シグネチャがすごく大きい(or爆発半径がすごく小さい)と意味無い場合があるわけです。
(あとミサイル毎の減衰率がここに関わってくるという……)
なので対ミサイルの防御はシグネチャ半径の方が重要です。MWDとか迂闊に炊かない方がいいでしょう。

ミサイルには「フューリーミサイル」系とか「精密ミサイル」系みたいな上位弾薬が存在します。フューリーは爆発半径や爆発速度を犠牲にしてダメージを高めたもので、大型艦を潰しやすくなります。精密はその逆で、小型にダメージを通しやすくなります。
また、ミサイルの特徴としては、4属性全ての単属性ミサイルがラインナップされているというものも大きいです。タレットは複合属性の弾薬ばっかりで、しかも砲の種類によって属性が決まりがちなので、属性選択の自由があるミサイルはそこら辺に優位性があります。
特に小規模PvPやラッティングでは弾薬を適切に入れ替えることで大きな効果を発揮するでしょう。

ただ、大規模な艦隊戦だと結局タレットを使うことの方が多いんですよね……
中型艦以上だとお互いろくにスピード出せませんし、どうせお互い一瞬で溶ける規模の戦いなら弾着タイムラグ無い方がいいし……

というわけでミサイルの計算式でした。タレットより単純なようではありますが、何も考えずに使っては仕事しないのはタレットと同じです。気をつけましょう。

次回:lowローミング
ローセクへローミングに行ってきましたのでその話をします。スクショはほぼ撮り忘れたがな!!

 

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #46

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:裏サイトは18禁です(ありません

ワレワレハSuzume Laurantダ。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はタレットのダメージ計算……と言うか主に命中率計算です。なるべく簡単に話しますが脳みそが耳から飛び散らないようご注意ください!!
それとミスがありましたらごめんなさい。気付き次第なるはやで修正します。

タレットの命中とダメージ

タレットというのは砲系の装備のことです。
ビーム・ハイブリッド・プロジェクタイルという分類もあるんですが、ダメージ計算上は全て同じタレットとして扱われています。

普通のMMORPGなら『攻撃側の器用さと防御側の敏捷を比較して命中率を……』みたいなものすげえ単純な計算をするところですが、eveはワケの分からない計算式を使います。

Va Angular Velocity 角速度。詳細は後述。
Te Effective Tracking Speed 実効トラッキング速度。詳細は後述。
Max Maximum 括弧の中身のうち一番大きい物が適用されるという意味。
D Distance 自艦から目標までの距離。
Ro Optimal Range タレットの最適射程距離。
Rf Falloff タレットの精度低下距離。

出典:EVE Online Japan Wiki

これを見て分かる人はほぼ存在しないでしょう……
なので、単純化していきます。

タレットの命中率は『(相対速度による命中率)×(距離による命中率)』となります。
例えば相対速度による命中率が50%で距離による命中率が50%なら、50%×50%で最終的な命中率は25%になります。
このどちらが欠けてもいけません。

この最終命中率は、恐ろしいことに『もし命中した場合のダメージ倍率』でもあります。
……厳密に言うとちょっと違いましてダメージ倍率の乱数範囲が変わります。
最終命中率100%の攻撃は『実際の威力の50~150%のダメージ』ですが、命中率25%の攻撃は『実際の威力の50~75%のダメージ』となります
(いずれの場合もごく稀にクリティカルが発生しダメージが300%になります)

相対速度による命中低下

まずは、相対速度による命中率を見ていきます。
eve onlineでは『相手に対して目の前を横切るように高速移動していれば攻撃が当たりにくくなる』という非常にリアルなシステムを採用しています。
正確にはこれは角速度を見ています。なので、遠くで全力疾走されるより、近くで周りをクルクルされる方がウザイわけです。(まあ離れると今度は距離による命中減衰があるのですが……それはまた別途)

この時、攻撃を受ける側の角速度と、攻撃する側のトラッキングによる勝負となります。

トラッキング(追跡速度)というのは、イメージとしては『タレットが狙いを付ける時の砲塔旋回速度』です。大型砲ほど小回りが利かず、うろちょろする小舟に攻撃が当てられません。eve onlineはこういうシステムがあるので、大型艦だけのフリートは小舟に良いように引っかき回されてしまうのです。
また、当たり前ですがまっすぐ逃げたりまっすぐ近づいてる場合は、どんなにスピードを出していても無意味です。狙いを動かす必要が無いのですから。

攻撃側のトラッキング能力が防御側の出す角速度を上回ってしまえば、速度による命中率は100%となります。防御側の速度が上回るほど命中率は下がっていきます。

さらに複雑なことに、防御側が小舟だとトラッキング能力が減衰します
タレットには装備毎にシグネチャ分解能力というものが設定されています。この数字を分かりやすく言い換えると「これより小さい敵は勘弁して値」です。
【追記】アライアンスメンバーから指摘を受けたのですが、今はどのタレットもシグネチャ分解能が統一されているそうです。砲の大小による狙いにくさはトラッキング速度のみです。

艦船にはシグネチャ半径という『狙いを付けるための発信信号の大きさ』が設定されています。これは当然ながら小舟の方が小さいです。
シグネチャ分解能力を超える小さな敵を攻撃しようとするとトラッキング能力が実際より低く計算されます。
ちなみにMWDを使用中の船はシグネチャ半径が5倍になります。(高級なMWDはこのペナルティが軽減されます)
なので速度が6倍とかになる割りにMWDによる防御能力の上昇は控えめです。

ところで、お気づきでしょうか。対タレットで考えると、あくまでも船の小ささは『トラッキング能力を実際より割合減少して計算する』効果しかありません。
つまり、どんな小さな船でも静止していたらデカいのが当たってしまうのです。

長くなりましたがまとめると
『速度による命中率=攻撃側実効トラッキング速度vs防御側角速度
『実効トラッキング速度=実際のトラッキング能力×(攻撃側シグネチャ分解能(固定値)vs防御側シグネチャ)』です。

距離による命中低下

続いて、距離による命中低下を見ていきましょう。
こっちは速度に比べるとかなり単純です。

タレットには最適射程距離精度低下距離が設定されています。
最適射程距離『この範囲内なら命中率100%』という距離。
精度低下距離『だいたいこの間隔で命中率が低下する』という距離です。
最適射程距離+精度低下距離の遠さに居る敵を狙った場合、命中率はおよそ50%。ここからさらに精度低下距離分遠ざかったら、まず当たらないと思っていいでしょう。
つまり可能なら最適射程距離の圏内で。無理でも最適射程距離+精度低下距離くらいで戦いたいものです。
ちなみに装備によってはこの距離を伸ばすことができますし、威力と引き替えに射程を伸ばす弾薬もあります。

当然、でっかい砲ほど射程が長くなるのが普通です。ただ同じ大きさの砲の中でも、長射程のものと短射程高威力のものがあったりします。少人数やソロのpvpでは、相手がどの距離で戦いたがっているか見極めるのが重要になります。

三角団が使うタレットなんかはかなり極端な性能で、異常にトラッキングがよく最適射程距離も長い代わり、精度低下距離がゼロです。
つまり最適射程距離から敵が一歩でも出たらその時点で当たらなくなります。なんだこれ。

と言うわけで、タレットの命中・ダメージ計算でした。
知らなくてもなんとなくやれてしまったりしますが……知っていて損は無いでしょう。

次回:スズメでも分かるダメージ計算講座・ミサイル編
次回はミサイルのお話をします。

 

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #45

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:右クリック禁止!(対策してません

気がつけばeveをプレイして一周年。Suzume Laurantです。

現在私はNyxを再建中です。

いや、沈めたわけじゃないですよ。
生産のキャッシュフローのためにラッティングニクスを売ってしまったのですが、戦争も終わって生産の手が空いてしまったので、まあNyxでも作ってラッティング再開しようかなーっと考えてるところです。
自分で作れるっていうのはいいなあ。JFがあればjitaで採掘した(買ったとも言う)石を自分で運べますしね。
しかしスポデュメイン鉱石が馬鹿でかいのはどうにかならんのか……

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はジャンプフレイター運用編です。

俺らjitaさ行ぐだ

JF一杯分の商品ができました。そして次の生産のための材料もjitaから運んでこなきゃなりません。さあ、JFでjitaまで行きましょう!
……どうやって?

①事前準備:中継地点にサイノ役を置く

当たり前ですがJFもジャンプドライブを使う艦ですので、サイノを炊かなければ動けません。
(※サイノ:ジャンプ先として使うビーコン)
輸送キャラとは別アカのキャラにサイノを覚えさせ、ジャンプの中継地点にクローンを置いておくという下準備が必要になります。

私たちカラドリウスが住んでいるのは宇宙の北部。
この辺りに住んでいる人々はみんな、jitaまでJFを運ぶための中継地点として、ガリスタス海賊の根城であるVenalにストラクチャを置いています。(羊社はそこに会社の共有物資として、サイノの燃料やサイノ用の船を用意してあります)
ここを突っ切っていくとjitaまで一直線なんですね。あとNPC領土なので領土戦の影響をあんまり受けませんし、安定した中継地点になります。
なんにせよ、サイノ役はそこまで突っ走ってクローンを設置しておかないといけません。中継地点の数だけ別のキャラを使って。
また、サイノ役以外に役割の無いキャラだったら、中継地点に定住させてしまってもいいかも知れません。

これでJFを飛ばすための下準備、サイノ網が構築できました。

②直前準備:中継地点にサイノ役を移動させる
さあJFを飛ばしましょう。
そのために①で用意したキャラをクローンジャンプさせ、ジャンプの中継地点に待機させます。
サイノ専門で常駐してるキャラなら、この手間(とクローン設置費)が要らないのでちょっと楽です。

そもそも中継地点に置けるほどキャラが居ない場合、『サイノ役をIntyに乗せて中継地点まで飛ぶ』⇒『サイノを炊いてJF飛ばす』⇒『サイノ役をIntyに乗せて中継地点まで飛ぶ』……の繰り返しで行くこともできるんですが、当然ものすげえ面倒くさいです。

③飛ぶ
中継地点のキャラに順番にサイノを炊かせ、JFはそれを乗り継いでいく。まあそれだけです。


ただジャンプ後に呑気に浮かびっぱなしだと敵に捕まります。
ジャンプ後の無敵時間⇒30秒のテザー不可⇒テザーを受けて無敵
という事になりますので、最初の無敵時間のうちに入港しなければなりません。
そしてサイノキャラは『即座に入港可能な範囲内』『ただしストラクチャにJFがめり込んではじき飛ばされない間隔』の場所でサイノを炊かなければなりません。
ジャンプアウト位置はサイノの周囲5kmくらいなのでご注意ですね。

jita最寄りのローセクまで飛んできたら、ひとまず第一段階終了です。

④-1 jitaまでゲートを抜けていく
さあここからが問題です!
ハイセクにサイノを炊くことはできません。最寄りのローセクからjitaまではゲートを抜けて行くしかないのです!
もちろんKAMIKAZEの脅威にさらされます。
JFは素で結構硬い艦なんですが、KAMIKAZEは基本的に『沈められるだけの戦力を用意して襲う』というものなので耐えるのは不可能です。

対策としては以前のフレイターの記事で紹介したカタパルトというテクニックを使うのは当然のこと、先行スカウトを行ってやばそうな連中が群れていないか確認しなければなりません。
それでも死ぬ時は多分死ぬ。セキュリティステータスが0.5や0.6のシステムを通る時はもちろん超危険。そしてjitaへ入る瞬間がおそらく一番危険……

アライアンスのある人は「jitaにJF入れる時は絶対に空荷にしていく」とのこと。カーゴスキャナーで積荷を調べて、美味しそうな奴だけ狙う海賊が多いので、空荷だと狙われにくくなるんです。まあそれでも高額killを取りたくて殺しに来る奴は防げませんが……

また、「人が少ないDT(※日次メンテナンス)前後にしかjitaに入れない」という人も居たり。
日本時間で毎晩20時にあるDTの直後は、まだみんなログインしてない上にそもそも欧州・アメリカ勢があまり活動してない時間なのでまだしも安全なんです。
高額の積荷と高額の船体を守るには工夫が必要なのです。

④-2 jitaには行かない
一番危険なjita入りを避け、ハイセク宙域の入り口で荷物の積み卸しを行うという手もあります。

もちろんjitaと積み卸し場の間を往復する輸送手段は必要です。
JFより安価でいっぱい運べるフレイターをカタパルト付きで飛ばすとか、軽トラ重トラで運ぶとか……その辺はお好み次第。

あと他に、実はeve onlineには「Red Frog Freight」というハイセク運び屋集団が居りまして、非常にリーズナブルなお値段でハイセク宙域の輸送を請け負ってくれるのです。
つまり、jitaへ入れる荷物とjitaから出す荷物を彼らに頼んでしまえば、少々の料金と引き替えにではありますが安全に荷物の積み卸しができるのです。
今のところ私はこの手を使っています。

④-3 そもそもハイセクに入れない
ローセクまでJFをジャンプさせてきたら、後は輸送艦でjitaとの間を往復するというやり方もあります。
これならJFは全くゲートをくぐりませんので、JFそのものが落とされるリスクは基本的にありません!
ただ、代わりに輸送艦でローセクに入らなければならないわけですので、その手間やらリスクやらは甘受せねばなりません。
フレイターでは大変なので、どっちかと言うと重トラ向けでしょうか?
JFの最大容量はだいたい重トラ6本分なので往復の手間も掛かりますが……

⑤ 帰還
jitaで買い付けた物資を積んだら、後はジャンプアウトして帰るだけ。
ハイセクにサイノは炊けませんが、ジャンプ範囲内のローセクにサイノを炊けばそこへ飛ぶことはできますので、下り便は安全です。
来た時のようにサイノを乗り継いで帰って行きましょう。

買い付けた物資を積んでカラドリの生産施設にタダイマ。

と言うわけでJF運用実践編でした。
むっちゃくちゃ面倒ではありますが、生産品や物資を自分のJFで運ぶというのはとても快適。他人の都合に合わせなくて済むというのが何よりも大きいです。
多アカでJFを運用するなんてのは初心者の皆様にはまだ遠い先のことでしょうけれど、eveを続けてさえ居ればいつかは使うことになりますよ。

次回:スズメでも分かるダメージ計算講座・タレット編
複雑怪奇なeveのダメージ&命中率計算をものすげえ簡略化してお伝えします。

 

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

翻訳記事:ARYTH – ONCE UPON A TIME IN ICELAND A SEED WAS PLANTED

元記事

ARYTH – ONCE UPON A TIME IN ICELAND A SEED WAS PLANTED

Submission 2018-09-20
Header Art by Redline XIII

編集注:この記事はGoonswarm Federation財務長官Arythによる記事です。

 

最初に、この記事はImperiumとGotG/Dead Coalitionの敵対関係をEVE時間9月29日から停止することを告知するものである。詳しい停戦条件は文末に書いてある。詳しいことは君の時間を奪い、細かいことを書き立てるだけだ。40個のFaction Fortizerもしくは同等物同で6ヶ月間、停戦をする。個人的にもこの交渉に関わっていた。君も知っての通り、これは非常に割りの良い取引だ!

 

君たちの大部分が知っての通り、CSMサミットは現実世界での外交の時間だ。New Edenで最も力を持っているリーダー達が1週間共に過ごす。大量のアルコールが社交性と外交を活発化させる。そしてレイキャビクでも最高のレストランでお互いに気を使いながら薄暗い中最高のムードでお互いに食事をする。サミットは君たちと私の関係と変わりはない。私やMerkelchenそして他のImperiumのリーダーたち、敬愛するべきGOTG側のSort Dragonと Killah Bee、 そして NC. の指導者たちと会った。

 

サミットの間、戦争はお互いの側に激しく傾いた。一つの転換点となったのは、CO2のFleetが1日に2度もC-term FC達に殲滅されたことだが…話が脇道に逸れるのはよそう。私はBig KahunaでKillah Beeと酒を飲んでいるときに交渉を始めた。ほぼ現在合意したのと同じ提案を行った。最終的なISKの額が変動したが、私はその交渉をまとめた。

 

メタ的なことをいってしまえば、短期的な目標達成よりも、情報収集と勝利を目的としたものだった。この提案を行った理由の一つとして、私は我々がどれだけ手酷く彼らを打ち破ったかを見せつけたかった。答えはそう、むちゃくちゃに打ち破った、だ。彼らの動員人数は減り、死にかけていた。彼らは現状維持すらできない状況に追い込まれ、敗北へと向かっていった。君たちは彼らが負けていると知らなかったと言うかもしれない、だが、恐らく彼らは自身の状況を知っていた。しかしながら、我々が正しいときに適切な人々と話す機会を用意できなかったのだろう。

 

CCP本社でCSMに参加しながら電話で数時間の会議をこの協定をまとめるために行ったのはベストコンディションでもかなりきつかった。ありとあらゆる条件を考慮にいれた上で、原案を上層部へ取り次がなければいけなかった。なぜならば、このようなことは前例が無い上に、他の重要な議題がCSMで持ち上がったからだ。その週の中頃には、私達の関心はCSMへ集まった。半ばを過ぎる頃にはCCPがCSMとの関係をどう捉えているのかという認識を大幅に改めることになった。

 

この件があったため、交渉は最後の日の夕食まで進展しなかった。また、私はCSMメンバーの中でInnominateとMerkelchenを除いては誰よりも早く帰る便に飛行機を変更した。これの意味するところは現実世界のアイスランドで、お互いに納得した条件を詰めきれる時間は無いということだった。ただ、交渉の土台は築かれていた。

週末へと時間を戻そう。元々は私たちはNC.を相手に交渉を行っていた。何故ならば彼らは相手陣営の全てと良い関係を持っていたからだ。しかし、問題が発生した。我々が信頼することのできる人物がNC.の内部には存在しなかったのだ。GOTGについても多くの選択肢があるとは思っていなかった。ではKillah Beeはどうか?彼は確かに戦域FCだ。だがNC.と同レベルの交渉力を持っているとは考えにくい。ここが明らかに問題だったのだ。このような大きな交渉を行う際にはお互いに信頼できることが条件となる。だが、お互いにそういう人物がいない場合はどうすればいいのか?そうしてSort Dragonが候補に上がり、最終的には彼と交渉した。彼とは2回CSMで同期となり、色々あった後にこのような交渉を行える相手と確信していた。理解して欲しいのはCSMはEVEの国連のようなものであって、厄介なワームホール勢力を共に追い払うとき以外はそんなに忙しくないのだ。

 

最初の提案が拒否されてから我々はFaction Fortizerでの支払可能だというように提案を変えた。それらがどれ程高価なものか知っていたしDekleinにFac Fortiが一杯あるのを私たちは知っていた……それはかつて我々が建てたものだったからだ。私たちはDekleinを焦土にすることも、占領することもできただろう。当初はお互いに行き違いがあった。Sortは私の出した条件をアイスランドで全て理解していると思っていた。きっちり2日目にお互いに確認をしておくべきであった。15日から16日にかけてやり取りがなされ、お互いの幹部が同意し、協定にサインをした。

 

この協定の終着点は協定を秘密に保つことだった。我々は勝ち誇る必要が無かったし、それはNew Edenで最強の艦隊を皆が見てる前で展開し、恐怖に陥れたからだ。我々からすれば、私達は既にEVEの王冠を手に入れていた。誰も私たちの覇権を脅かすことはできないだろう、だが、本拠地で成すべきことがたくさんあった。私達の古き故郷から多くの財宝を奪い取り、ダイソン球のように恒星の周りに並べれば素晴らしい征服のモニュメントとなるだろう。付け加えて言えば、本拠地の開発計画や他地域でも成すべきことが山積みになっているし、一旦休憩が必要だと考えていた。そう、最高のセックスをした後の賢者タイムのように。

 

相手側の視線に立てば、彼らは自分達の領土と艦隊を保全することができた。野火のように我々の艦隊が暴れ回るのを阻止し、Coalitionを保った。全員にとって、幸せなシナリオだった。

 

Sort Dragonは補償金をアメリカ時間の9月18日に振り込んできた。そして、19日に協定が発効された。2019年3月19日に失効することになるが、彼らはもはや脅かされてはいなかった。

だが、この協定は秘密に保たれるはずなのに、ここで公開されてる。一体全体どうしちまったんだ?!そう、この協定は秘密にされるべきだった、となった。あるCorpがGOTGからNC.へと移籍したがっていた。だが、その移籍はNC.によって拒否された。そして彼らは協定を表沙汰にすることに決めた。
彼らは協定の具体的な内容については知らなかった、だが協定が存在することは知っていた。そしてこれは最終的にRiotRickが自分の面子を守るために全文を明かすところまでつながった。
協定の発行日にリークが成されたため、私たちは混乱した。しかしながら、Keepstarを破壊し続け、多数のRegionを焦土にし、Allianceを崩壊させつつ、自分達を最高の状態へともっていく…こんなことはこれ以上やっていられない。
New Eden全体が私達の勝利を知っている。略奪品をスマウグ(RotRのドラゴン)のように持ち帰り、我々の力と豊かさを見せつければ…誰もが我々にすり寄ってくるだろう。

Deal Terms – What follows are direct copy and pastes from the deal document signed by both parties.

(協定内容)
————————————————-

 

Imperiumは次の条件を満たされている場合、EVE時間2018年9月29日より主力Fleet、SIG、squads及びcloaky camperをPamfam領から1ヶ月間、GOTG領 から6ヶ月間撤退させる。

GOTGは合計でFaction Fortizarを40もしくは同等物のものを支払うこと。

 

調停から72時間以内に10のFaction FortizarをHigh-sec経由でAmarrへHigh-sec Stationに輸送するか、もしくは500B(これは10のFaction Fortizarを納品した後に払い戻しされる)を支払う。

 

調停から10日以内に5つすべての’Moreau’ Fortizarと残り30のFaction FortizarをHigh-sec経由でAmarrへHigh-sec Stationに輸送しなければならない。

 

1の’Moreau’ Fortizarを2のFaction Fortizar相当と見なすことができる。例えば、5の’Moreau’ Fortizarと30のそれ以外のFaction Fortizarで支払い条件を満たす。

 

GOTGはImperiumの撤退中に攻撃すること、unanchor中のImperiumのStructureの妨害及びunanchorされたStructureを盗もうと試みることを禁ずる。

 

GOTGは協定の効力が有効な間はImperiumのStructureを攻撃することを禁ずる。

 

調停から24時間以内にImperiumはFade及びPure Blind以外のRegionに対して攻撃タイマーを発生させることを停止する。すでに存在する攻撃タイマーは9月29日まで攻撃することができる。誠意の兆候として、Imperiumは9月16日に予定されていた2つのIHUBを攻撃することはないだろう。両陣営は可能な限り合意上の秘密を守ること。Imperiumは「自然な戦争の終着点」として主要なKeepstarを陥落させ、これを利用して撤退する。

定義

* Northern territories (Tribute/Vale of the Silent/Geminate)

Pamfam領 (Tribute/Vale of the Silent/Geminate)

** GOTG space (Deklein/Branch/Fade/Pure Blind/Venal) Venal blazers can do whatever still.

GOTG領 (Deklein/Branch/Fade/Pure Blind/Venal) Venal blazerは如何なる場合でも自由に行動できる.

*** Any Imperium structures

いかなるStructureも含まれる

 

Imperium傘下Alliance (CONDI/BASTN (DUTCH)/B C C(RENTD)/INIT.(-IA-,IM)/LAWN/TNT/IMGAY/ME4U/MEX/PBLRD/SV./WI.)
Cloud Ringにある全てのStructure、及びImperium傘下AllianceのStructureに対して攻撃することを6ヶ月間禁止する。ただし、Imperium傘下でないAllianceに対しては適用されない。

Arythに対して500Bの支払いを行う。この現金は10 Faction Fortizarが納品された後で払戻される。

Faction FortizarはDj’s Retirement Fundに対して納品する。

5ヶ月目の開始時に両陣営が延長が必要かどうかを協議し、もし双方が受けいれない場合はその月の終わりまでにこの取引は完遂される。

 

Let your voice be heard! Submit your own article to Imperium News here!

 

Would you like to join the Imperium News staff? Find out how!

 

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #44

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:キリ番踏み逃げ禁止!(カウントしてません

パパパパパウアードンドン。Suzume Laurantです。

あのーCCPさん?
ブースターの消費期限直後に次のイベント始めるのやめてくれません?

これだと消費期限直前に長時間ブースター使わなくても、次のイベントのブースターを使えばいいんで、長時間ブースターが値上がりしてくれない……
値上がりを見越して買い込んだ私のISK……いえ、もういいんですけどね。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はいよいよ輸送の花形、ジャンプフレイターの話をします。

トビマストビマス

ジャンプフレイターとはなんぞや、と申しますと『たくさん入るしジャンプドライブが使える輸送艦』です。
そのまんまですね。言葉にすると単純ですが、実際単純に強力です。

ジャンプが可能であると言う事は、単なる時間短縮のみならず、輸送の上で最も危険なゲートくぐりを(ジャンプができる限り)全くしなくて済むということです。
ストラクチャからストラクチャへとジャンプしていけば、全く接敵する事無く長距離を移動できます。
強力と言うか、そうでもなきゃヌルでの長距離輸送なんてやってられません。
ヌルセク奥地へ大量のアイテムを運ぶのは、事実上JF以外では不可能と言って良いでしょう。

強力ではありますが、それだけJFはスキルが重いです。
ただ乗るだけでもスキルトレーニングは3ヶ月とか必要ですし、ジャンプ距離を伸ばすジャンプドライブキャリブレーション(Jump Drive Calibration)をⅤにしないと実用的ではありません。
さらにあれやこれのスキルを取らなければ……となりますので、本当に乗るだけでも大変な船です。片手間にスキルを取るのはお勧めできず、輸送専門のキャラを作ってトレーニングするのがいいでしょう。

◆JFを実用レベルで運用するために必要なスキル
・ジャンプドライブキャリブレーション(Jump Drive Calibration)
ご存知、ジャンプ距離を伸ばすスキル。Ⅴ必須だが重い
・ジャンプ燃料管理技術(Jump Fuel Conservation)
燃料消費を軽減。Ⅴにしときたいけど重い
・ジャンプドライブ搭載型輸送艦(Jump Freighter)
Ⅰあれば乗れるが、燃料消費が軽減されHPがアップするので可能な限りⅤにしたい。当然のようにクソ重い
・各国の超大型輸送艦スキル
フレイターと共通。カーゴ容量が割合増加するので、一度に同じ燃料消費でよりたくさん運べる事になる。そりゃあⅤにしたいけどクソ重い

そしてもうひとつの問題。高い!
フレイター(超大型輸送艦)が1B、CV(空母)が1.2Bという世界で、JFは10B前後!!
戦略級に高く強力な船であるSC(大型艦載機母艦)でも船体だけなら16Bくらいなんですから、輸送艦の分際でその半分を超えるJFがどれだけヤバイ金額か分かるというもの。
うっかり沈めようもんなら空荷でも大損するのがJFなのです。

ちなみにJFは輸送艦全般と同じくジャンプ疲労軽減の効果が付いています。
自力でジャンプができるJFはこの恩恵をフルに活かせます。
また、他のジャンプ艦とは一線を画するものすげー長射程のジャンプが可能です。
それでもヌル奥地からハイセクへ出るには4回くらい飛ばないとダメなんですが……

JFとヌル事情

さて、ヌルにとって何故ハイセクとの間でJF輸送が必要なのかと言いますと、ほとんどのアイテムが取引されるのはハイセクの商業地だからです。

そりゃ全部自給自足できれば理想的なんですがハッキリ言って無理です。
膨大な種類の艦船・装備品を全部自前で作るなんて現実的じゃあありません。ほとんどは輸入に頼ることになるでしょう。

それでいて、資源豊富で生産費用も安いヌルは生産に向いています。
ですがヌルでアイテム売ろうとしても味方しか買えませんし、大抵単一品をいっぱい作ることになるので味方うちでは消費しきれません。
つまり輸出のニーズがあります。

あと、余ってる石を売ったり足りない石を輸入したり、地元の敵NPCから取れるレア装備を売って他所の地方のレア装備を買ったり、特産の月資源を売って地元じゃ採れない月資源を買ったり……
完全なる自給自足は不可能と言えるでしょう。なんだかんだで輸入も輸出も必要になるもんでして、そうなるとJFは必須です。

JF危機一髪

そんなJFにとって一番危険なのはどこでしょうか?
…………ハイセクです。いやマジで。

JFはストラクチャからストラクチャへジャンプできると言いましたね。
ストラクチャにすぐ入港可能な場所にサイノ(※ジャンプの着地点とするためのビーコン)を炊いて、そこへジャンプすればいいんです。
ですがハイセクでサイノを炊くことはできません。
目的地近くのローセクに着地して、そこからゲートをくぐっていくしかないんです。
ハイセクを出る時はローセクなりヌルセクなりにサイノを炊けるのでそこに飛べるんですが……

高額な荷物を大量に積んで商業地へ飛んでいくことが多いJFは、言うまでもなくKAMIKAZEの格好の獲物です。
航路上に陣取ってカーゴスキャナーで積み荷を調べ、いいものを持ってたらセキュリティが低めの(つまりCONCORDが来るのが遅い)システムで待ち伏せて沈める。

ヌルの兵站を担うJFは、どうしてもハイセクへ行って商品を売りさばく・持ち帰るという役割を果たさなければなりません。
ですがそこにはもちろんリスクが発生するのです。
冗談みたいに高い船体、そしてそこに詰め込むであろう貴重な積み荷……
大損をしたくないのなら、JFの運用に際しては慎重の上にも慎重を期す必要があるでしょう。

今回は説明ばっかりなので、いつになく文字尽くしでした。

次回:ジャンプフレイター・運用編
ジャンプフレイターを実際に運用するとなると要するに何をする必要があるのかという話をします。

 

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

fullscreen