Suzumeのnullへの誘い

シリーズまとめ読みはこちら

書いた順目次

#1 羊社入社~nullへの移動
#2 はじめてのラッティング
#3 nullカツ用ツールとnullでのお買い物
#4 ラトルスネークRatへの道と実践
#5 null研修、そしてPIとの出会い
#6 PI実践・基礎とスキルの解説
#7 PI実践・予定通りには行かない話とサブアカ導入
#8 初商売・イベントブースターとの戦い
#9 初CTAまでのぐだぐだ
#10 ワームホールをスキャンしてみよう
#11 ブースタードロップ系イベントの話
#12 ハイセクにおける戦争システムと属性強化インプラント解説
#13 PI実践・PI用輸送船エピタル様の解説とその他TIPS
#14 レンター、DT(日次メンテ)、サイバイマン
#15 CV(空母)乗ってみた
#16 The MAZEとは?
#17 Maze攻略・解説
#18 Mazeでの危機一髪
#19 D-Scanとは
#20 TenguでMaze行ってみた(非推奨)
#21 インカージョン内でのMaze(超絶非推奨)
#22 ローミングに出ました
#23 eveの世界設定と四大国家
#24 CTM(月資源採掘)
#25 ジャンプドライブとサイノシュラルフィールド
#26 W焼きそばパンによるDED6ファーミング
#27 SC(大型艦載機母艦)ラッティング
#28 安全なSCラットのために
#29 ブースター配布イベント「The hunt」と波乱のブースター相場
#30 アカウント課金の手段いろいろ
#31 スキル強化系インプラントガイド
#32 テストサーバーに行ってみた&abyssの話
#33 船生産・初級編(ミネラル)
#34 船生産・深淵編(リアクション)
#35 船生産・狂気編(BPCと発明)
#36 abyssal deadspace実装に伴うマーケットの動きについて
#37 ピラニアフリートに参加
#38 本当にあった詐欺の話
#39 とある戦闘のレポート
#40 詐欺・高等編
#41 輸送艦の話・軽トラ編
#42 輸送艦の話・フレイター編
#43 輸送艦の話・重トラ編
#44 輸送艦の話・ジャンプフレイター編
#45 ジャンプフレイターの運用法
#46 ダメージ計算解説・タレット(砲台)編
#47 ダメージ計算解説・ミサイル編
#48 ローセクローミングに行ってみた

分類した目次

◆null記◆
#1 羊社入社~nullへの移動
#2 はじめてのラッティング
#3 nullカツ用ツールとnullでのお買い物
#4 ラトルスネークRatへの道と実践
#5 null研修、そしてPIとの出会い
#9 初CTAまでのぐだぐだ
#14 レンター、DT(日次メンテ)、サイバイマン
#22 ローミングに出ました
#24 CTM(月資源採掘)
#26 W焼きそばパンによるDED6ファーミング
#37 ピラニアフリートに参加
#39 とある戦闘のレポート

◆プレイ日記全般◆
#8 初商売・イベントブースターとの戦い
#10 ワームホールをスキャンしてみよう
#11 ブースタードロップ系イベントの話
#19 D-Scanとは
#29 ブースター配布イベント「The hunt」と波乱のブースター相場
#32 テストサーバーに行ってみた&abyssの話
#36 abyssal deadspace実装に伴うマーケットの動きについて
#38 本当にあった詐欺の話
#40 詐欺・高等編
#48 ローセクローミングに行ってみた

◆艦船紹介&運用法◆
#15 CV(空母)乗ってみた
#25 ジャンプドライブとサイノシュラルフィールド
#27 SC(大型艦載機母艦)ラッティング
#28 安全なSCラットのために
#41 輸送艦の話・軽トラ編
#42 輸送艦の話・フレイター編
#43 輸送艦の話・重トラ編
#44 輸送艦の話・ジャンプフレイター編
#45 ジャンプフレイターの運用法

◆PI話◆
#6 PI実践・基礎とスキルの解説
#7 PI実践・予定通りには行かない話とサブアカ導入
#13 PI実践・PI用輸送船エピタル様の解説とその他TIPS

◆The MAZE話◆
#16 The MAZEとは?
#17 Maze攻略・解説
#18 Mazeでの危機一髪
#20 TenguでMaze行ってみた(非推奨)
#21 インカージョン内でのMaze(超絶非推奨)

◆生産話◆
#33 船生産・初級編(ミネラル)
#34 船生産・深淵編(リアクション)
#35 船生産・狂気編(BPCと発明)

◆eve座学◆
#12 ハイセクにおける戦争システムと属性強化インプラント解説
#23 eveの世界設定と四大国家
#30 アカウント課金の手段いろいろ
#31 スキル強化系インプラントガイド
#46 ダメージ計算解説・タレット(砲台)編
#47 ダメージ計算解説・ミサイル編

 

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。


 

Suzumeのnullへの誘い

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #63

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意: 押すな 走るな 死ぬな

Suzume と Laurant が両方そなわり最強に見える。

ロークアル用のドローン(つまり本体)が絶賛値崩れ中です。
鉱石用のやつを見てみますと、まだ年初は900Mちょいで安定してたんですよねえ。それが一時600Mちょいでした。なんてこった。
4/10に例のナーフが入って掘りにくくなるので、ドローンを手放して採掘艦多アカ掘りに切り替える人とかが増えてるんでしょうか。
うーん……材料の供給(ドローン系NPCの残骸サルベージ品)が急に増えるわけじゃないから、正直この値下がりは一時的なものだと思うんですけどね……
発射台が墜ちやすくなったってことはドローンの消失も増えるでしょうし……
ちなみにアプデ直後にチェックしたところ700Mくらいまで跳ねていましたが、多分これは投機マネーによるものだと思うのでこれからの値動きは不明。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の目次はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はWH Gangの話です。

穴があったら……掘りたいっ!

わーむほーるがんぐ……なんだそりゃ、という話から始めましょう。

ここまで私の記事を読んでいる方はまあだいたい理解しているでしょうけれど念のため解説いたしますと、ワームホールっつーのは宇宙にボコボコとランダムに生まれては時間制限で消えて行くワープゾーンです。
現在のカラドリウス領は宇宙の端っこで、「とりあえず何か殺そうぜ!」というヒャッハー団が来るにはなかなか大変な場所なんですが、それでも日々、領土内にボコボコとワームホールが空いてまして、ここを経由して危ないやつらが遊びに来ることも少なくないです。
まあ、いい行き先のワームホールが空けば逆にこっちから遊びに行ったりもしますし、ハイセク直結のワームホールが空いたりするとみんな「輸出じゃー!」「輸入じゃー!」と大騒ぎになりますが。

ワームホールから敵が湧いてくることの恐ろしさは、地理的な条件が無視されてしまうこと。
Intel(敵性侵入報告)をちゃんと見ていても、同じシステム内のワームホールからいきなり敵が湧いてきたりしたらどうしようもないわけです。
なので、でかい船を出してラッティングする前には近くにワームホールが無いかちゃんと調べるのができるカプセラというもの。
まあちゃんと調べてても、いきなり自分がいるシステムに穴が空く可能性はゼロじゃないのですが……

ええ、まあ、それをやっちゃおうというのがワームホールガングです。

拠点とするのはカラドリウスが所有しているワームホールスペース。
ワームホールスペース というのは、他のシステムとゲートの接続が無く、ワームホールからしか出入りできない独立したシステムです。
いろいろ特殊な場所ではあるんですが、その説明は今回は省略。

ワームホールでしか出入りできない代わり、この場所には常にワームホールが空いています。
ハイ・ロー・ヌルセクのどれに繋がる穴がいくつあるかはシステム次第らしい。

とにかく、ヌルセクに繋がる穴が常にひとつはあるんです。それを使います。

まずはワームホールの中で当番している人が移動用の穴を見つけます。
「今日はローセクのこのシステムからうちのワームホールスペースに行けるよ!」みたいな告知が出まして、みんなでそこから移動して集合です。

集合完了したらみんなで襲撃用の船に乗り換えてヌル穴前へ集合。

ワームホールは実は表と裏が決まっていまして、できたてのワームホールは表から一旦通って開封するまで、裏からは見えません。
このワームホールがどこに繋がっているかは、私らも入ってみるまで分からないんですが、向こう側の人は穴の存在自体見えてないんです。

と言うわけでサブレ突撃。

セイバー(sabre)。愛称はサブレ。範囲型のワープ妨害フィールドを打ち出せる、Interdictorという種類の船です。
dictorは空飛ぶ棺桶、ワープ妨害したらだいたいそのまま死ぬか上手く逃げるかって話なので、攻撃性能も堅さもどうでもいいです。そのため、速さに極振りしたみんたま製のdictorであるサブレがベストセラーです。

穴を開けると同時にサブレは周辺システムで獲物を捜索!
穴前に待機してる襲撃メンバーは、行き先のシステムを確認したら、周辺で採掘やラッティングがされていそうなシステムを探して捕獲組に指示を出します。

無事捕獲したらヒャッハータイムです。死ね! ロークアル!
なお、FAX(回復キャピタル)が降ってきて削りきれず、撤退せざるを得なくなった模様。

襲撃失敗したり、味方の領土に繋がって「これじゃ遊べないや」ってなったらダイスを振り直します。

ワームホールスペースには常に穴が保証されていると言いましたよね?
つまり、ヌル行きの穴を潰せば新たにヌル行きの穴が発生するんです。
もちろんできたてほやほやの未開封なので、行き先の人には穴が見えず奇襲もバッチリというあれ。

ワームホールは通過可能な質量が決まっており、でっかい戦艦なんかを通しまくると割とすぐ潰れます。ワームホールを引き直すときは穴潰し部隊が仕事をするのです。

穴が消えるとすぐに湧く新しい穴。
これをスキャナーで特定して……次の穴へGO。

まあこんなことを繰り返して、うまいことカモの近くに穴が空くまで粘るのです。
獲物を探してぶらつくローミングだと「1時間掛けて敵地まで来たのにボウズかよ!」みたいなこともありますが、ワームホールガングだと繋がる先という運の要素こそあれ、比較的お手軽で危ないときの撤退も容易なのが良い。
どこに繋がるか分からないというのもドキドキ感があります。

私はこの日、23時くらいでリタイアしたのですが(私は22時過ぎたら夜更かしというアレな人なので23時でも辛いです)、その後24時くらいにみなさんCV(空母)を一隻沈めた模様。いいなあ。

まあこれ「皆さんもやってみましょう」と軽く言うことはできないんですけどね。
ワームホールスペースを確保したうえで、襲撃に充分な人数集めなきゃできないことなので。
つーわけでワームホールガングがやりたい方は、カラドリウスに是非ともいらっしゃいませー。

次回:キャピタルトレーニング in sisi
テストサーバーでキャピタルを使う練習とかしてみました。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #62

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:声優・役者の名前の方が登場人物名より大きく書かれた予告編を筆者に見せないでください。バグります。

Suzume Laurant オマエ マルカジリ

そう言えば以前もちらっと話題に出したと思いますが、新しいスキルを解放する時にISKで片付けられるようになりました。
以前はスキル本を買ってからトレーニングスタートだったんですけどね。スキル本はヌルセクには売ってないので『あ、やべえこのキャラまだこのスキル本入れてないじゃん!』という時に本が手に入らなくて立ち往生なんてことがままありました。

初期地点に復活地点を設定
⇒自爆
⇒スキル本買って読書
⇒クローンジャンプでヌルに帰ってくる
⇒復活地点をヌルに再設定
という手もあるにはあるんですが、肝心なときにクローンジャンプのクールタイムだったりしてね。

ただスキルトレーニング欄から直接スキルを解放すると、スキル本を使う場合に比べて三割増しの値段が掛かりますのでご利用は計画的に。なるべく安い基礎的スキルに留めておくべきでしょう。
タイタンの操船スキル本とか5.5Bですから、スキル欄から解放すると、えーと7.15B? うげげ。
まあ忘れがちなのは雑多な基礎的スキルしょうからあまり問題はなし。
あと、スキル本の入手経緯が特殊なやつ(abyssal deadspaceで手に入る三角団関係のスキルとかね)はスキル本のNPC販売がないのでスキル欄からの解放もできません。ご注意。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の目次はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回は宇宙のISK総領の話です。

銀河経済伝説

前回のブログでは、人気の金策手段がことごとく弱体化されますよという話をしました。

「運営はプレイヤーをいじめるのが趣味なの? ドSなの? 死ぬの?」

……敢えて反論は致しませんがこれもちゃんと意味のある修正です。

NPCを倒すラッティングは、ヌルセクにおいて非常にベーシックな金策です。
こうしている間にも、1秒に数十万人のNPCが宇宙の藻屑と消えていることでしょう(戦艦クラスの乗組員は数千人らしい)。可哀想なNPCに愛の手を。え~し~。
なんという命の軽い世界。

ラッティングはプレイヤー間でISKをやりとりする商取引と違い、システム的には完全に無からISKを生み出す手段です。
ラッティングは宇宙全土で絶え間なく行われていますから、宇宙全体のISKは絶え間なく増えているということです。するとどうなるのでしょう?

宇宙にISKが溢れると、ISKの価値は相対的に下がります。
自分がISKを稼いでいる間に、他の人もガンガンISKを生産しているのですから。
NPC売りのアイテムがものすごく少ないeve onlineにおいて、アイテムの価格は流動的です。みんながISK持ちになればアイテムは気軽に買われるようになり、ISKとのバランスが取れるまで値上がりします。そう、インフレーションです。

リアル経済において健全なインフレーションが発生すれば景気の好循環が生まれるのですが、NEW EDENの場合、このままでは多くの不具合が発生します。
ISKの価値が下がってもNPCから得られるISKは同じ……つまり、同じアイテムを買うために今まで以上に労働しなければならなくなるのです。宇宙の誰にとっても等しく苦しく、しかもニュービーへの優しみは皆無です。裸一貫からラッティングで稼ごうという人にこれは厳しすぎます。
私なんかはもう主に生産で稼げる態勢(多アカ・スキル・元手)ができてるので、材料がインフレしたところで最終生産物もインフレするだけであんまり関係無いんですけどね。

現在のeve onlineは無からISKを生み出す手段が比較的優勢です。
ラッティングもそうなんですが、保険もやばいです。キャピタルともなると『掛け金200M突っ込んで、轟沈したら600M返ってくる』みたいなえぐいことになります。使ってる本人にしてみればトントンなんですけど、ISK総量という面で言えばやべーことになります。
と言うか掛け金無しでも船体価格に応じて自動的にいくらか返ってくるシステムなので沈めば沈むほど宇宙全体のISKが増える……
(経済を俯瞰して見るなら、掘られた鉱石がISKに変換されているわけですね)

対してISKの消費手段は非常に限定されています。
保険期間中に船が沈まず掛け金が無駄になった場合とか、NPCステーションで注文を出すときの手数料(価格の2~2.5%)とか、アイテム販売時の収入税(1%)とか、スキル本とか……
【後日追記】そう言えば領土の維持費なんかもありました。
どう考えても回収が足りないんです。そこでISKの増殖を絞りに来たんでしょう。

ロークアル弱体化はあれですね、今まで強すぎたのでもうちょっと絞ろうみたいなのもあるみたいですが、前述の通り、鉱石も巡り巡ってISKになってしまうわけでそこを止める意図もありそうです。

「え、待ってそれ単にシステム的にISKを消費する手段を追加していけばいいんじゃないの?」

…………

まあ多少の緩和はできてもまだバランスは取れていないと思いますので、またどこかで調整が入るのではないかとボブは訝しんでおります。

次回:WH Gang!
今度こそWHの話をします。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #62

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:誤嚥の危険は特にありません。

しんじようが しんじまいが わたしは Suzume Laurant 。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の目次はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はWH Gangフリートの話をする……予定だったのですが、大規模な調整を含むアプデの予告がありましたのでそっちの話をします。

春のバランス調整祭り

Spring Balance Update Incoming! | EVE Online

eveは言うまでもありませんがオンゲです。
新要素がぶっこまれるだけでなく、既存のあれこれに調整が入ることもままあります。
それまで見向きもされていなかった船が超強化されて一躍戦場の主役に……
なんてことも結構あります。

ただ、この度運営から告知されたアプデはいろいろと不景気なあれです。
私のブログ記事の過去の記述も古くなるものが出たりしそう。
以下に運営ブログの調整予定翻訳を出し、その調整がどんな意味を持つのか未プレイの方にもある程度分かるよう解説していこうと思います。

なお翻訳をしてくださったのは羊社所属のIsaさんです。感謝。

バランス調整・サブキャピタル編

Medium Beam Lasers(中型ビームタレット)
Optimal Range increased 10%
最適射程距離10%増加

Harbinger(ハービンジャー)
Powergrid increased to 1550 (was 1425)
パワーグリッド1425から1550に増加

Abaddon(アバドン)
Bonus to Large Energy Turret damage increased to 7.5% per level (was 5%)
エネルギータレットのダメージボーナスが5%/LVから7.5%/Lvに増加

Cyclone(サイクロン)
CPU increased by 25
CPUが25増加

Caracal Navy issue(カラカル海軍仕様)
Drone bay and bandwidth increased to 25m3
ドローンベイと帯域25m3ずつ増加

Corax(コーラックス)
PG increased to 53 (was 48)
パワーグリッド48から53に増加

強化が入るのはPvP向けの船ですね。
正直、微調整という気が。
アバドンのダメージボーナスが最大で5×5=25%⇒7.5×5=37.5%になったのは凄いんですが「ダメージボーナス増えた程度で使ってもらえるのだろうか」とは某氏の弁

Vexor Navy Issue(ベクサー海軍仕様)
Bonus to Drone Max Velocity removed
ドローンスピードボーナス削除
Signature radius increased to 145 (was 135)
シグネチャが135から145に増加

みんな大好き金策のお供、VNIが弱体化されます。
VNIは戦闘サイトに飛んだらドローンを展開し、サイトの中心部に長距離オービット(旋回)を掛け、MWDを噴かして高速グルグルし続け攻撃を躱す態勢に移行。あとは放置していればドローンが敵を倒してくれるという感じでやります。
しかしドローンスピードにボーナスが付かなくなったことで殲滅速度は低下。さらにシグネチャ半径(ダメージや回避率に関わる、『艦船のレーダー上の大きさ』)が大きくなったことで受けるダメージが増えてしまいました。

Gila(ギラ)
Drone HP role bonus reduced to 250% (was 500%)
ドローンHPボーナスが500%から250%に削減

こちらも人気の金策艦。ミディアムドローン2機しか出せない代わり、ダメージとHPに狂ったボーナスが付くギラです。
HPが+500%(つまり6倍)になるはずだったんですが、3.5倍に弱体化されました。正直あまり変わらん気がするけど……まあVNIほどお手軽に手に入らないしネ。

Ferox(フェロックス)
Max Velocity reduced to 145 was (150)
最高速が150から145に減少
Mass increased to 14250000 (was 13250000)
艦船質量が13250000kgから14250000kgに増加
Agility reduced to .66 (was .63)
慣性修正乗数が.63から.66に増加
Signature Radius increased to 325 (was 295)
シグネチャが295から325に増加

PvPで人気の巡洋戦艦フェロックスにナーフが。とにかく遅くする方向で処理されシグネチャも増加。
まあ強すぎコスパ良すぎなのでこれくらいは致し方なし……

Logistics(ヒーラー)全般
We are planning to introduce a new diminishing returns system for the effectiveness of all remote repair and capacitor transmitter modules.
全てのリモートキャパシタトランスミッターモジュールとリモートリペアモジュールに新たな減衰システムを追加予定

これまたPvPのお話。HPもMPも回復効率が落ちます。

バランス調整・キャピタル編

FAUX(キャピタルな回復艦。FAXとも)
We are planning to introduce a new diminishing returns system for the effectiveness of all remote repair and capacitor transmitter modules.
全てのリモートキャパシタトランスミッターモジュールとリモートリペアモジュールに新たな減衰システムを追加予定

FAXも回復能力が落ちます。

DN(攻城艦) TT(タイタン)
Reduce damage multiplier for all High Angle Weapons by 50% and give a corresponding 100% increase to HAW damage from Siege Mode.
高角砲のダメージが50%減少 シージモジュール入れると100%増加するように変更

ここはPvPのお話。
クソデカい相手をぶん殴るのがお仕事であるDN/TTは小さい相手を殴るのが苦手なんですが、それがさらに苦手になります。
ただDNは死なば諸共モードに変形すると今まで通りのダメージ出る模様。

CV/SC(空母)
Increase explosion radius for all fighter attacks by 15%. Reduce explosion velocity for all fighter attacks by 30%.
全てのファイター攻撃の爆発半径が15%増加し爆発速度が30%減少
Along with the changes to fighters, we want to add more risk to using the very powerful Networked Sensor Array by disallowing ship warp while the NSA is active.
ネットワークセンサーアレイ起動中はワープ不可

いよいよ本題という感があります。PvPに金策に大活躍の空母ですが、戦闘機の攻撃が小さい敵に通じにくくなります。CV単体で少数の敵に突っ込むような遊び(クソドロップ)はやりにくくなりますかね? もちろん戦闘サイトの処理速度も下がってしまいます。
さらにCVSCのロックオン速度を爆上げするネットワークセンサーアレイを起動中はワープで逃げる事ができなくなってしまいます。PvP,PvE問わず殲滅力を高めていたのですが、付けっぱなしにしてると「ヤバイ!」と思った時に逃げられないわけで……しかもこれ一旦起動すると1分は付きっぱなしになるんですよねえ。
金策中の空母がお亡くなりになる事故が増えそうです。

Rorqual(ロークアル)
Reduce the bonus to shield booster amount provided by the Industrial Core to 60% T1 Industrial Cores and 75% T2 (was 120% and 140% respectively)
インダストリアルコア起動中のシールドブースターボーナスが120%から60%(T1),140%から75%(T2)にそれぞれ減少

採掘支援母艦ロークアルはナーフが多すぎるので項目ごとに解説していきます。
ロークアルはインダストリアルコアという「5分間逃走不能になるけど採掘力爆上げ」なデッド・オア・Ore(オア、つまり鉱石)な装備を着けられます。
起動中はシールドの自己回復力も爆上げしていたはずなのですが、それが弱まって脆くなってしまいます。

Reduce the base duration of the PANIC module to 4 minutes, up to 6 minutes with max skills (was 5 minutes base)
パニックの起動時間が5分ベースから4-6分に変更(スキルレベルによる)

これもロークアルの特長、一定時間無敵になれるPANICモジュール。こいつで無敵になってる間に救出フリート編成すれというやつなんですが、これまでスキルによって5.5分~7.5分だったPANICの効果時間が短縮されてしまいました。なんじゃとう。

‘Excavator’ Mining Drone base mining yield decreased to 800m3 (was 1000m3)
掘削型採掘ドローンの採掘ベース量が1000m3から800m3に減少
‘Excavator’ Ice Harvesting Drone base cycle time slowed to 310s (was 250s)
掘削型アイスドローンのベースサイクルタイムが250秒から310秒に増加
Excavator drone volume increased to 1100m3 (was 750m3) and Rorqual dronebay volume increased to 8800m3 (was 6000m3)
掘削型ドローンの体積が750m3から1100m3に増加しそれに伴いロークアルのドローンベイが6000m3から8800m3に増加

あまりにも高すぎて「こっちがロークアルの本体。あれはただの発射台」とさえ言われるロークアル専用採掘ドローン。
その採掘力がだいたい20%OFFです。なんということ。
さらにドローンそのもののサイズが大きくなり保全が難しくなりました。どういうことかといいますと、敵に襲われた時は発射台が沈んでもいいようドローンをモバデポ(前回記事で紹介しましたね)に突っ込み、壊されないようにするという手が使われていました。あれ無敵時間ありますし。
ところがモバデポは高級品でも4000㎥しか入りません。ロークアルはドローン5匹編成で掘るものですので、750×5=3750㎥<4000㎥ですっぽり収まったはずが……おいおい。

Increase the bonus to mining foreman burst strength provided by the Industrial Core to 30% for T1 Cores and 36% for T2 (was 25% and 30% respectively)
インダストリアルコア起動中のマイニングフォアマンバーストの強度が25%から30%(T1),30%から36%(T2)に増加

一応、強化もあります。
ロークアルはサブキャピタルの採掘艦にバフを飛ばし採掘力を上げることもできるのですが、そのバフ強度がアップするというあれです。
ロークアル1隻を中心に採掘艦を多アカで並べる掘りスタイルがローリスクミドルリターンになりそうな感じ?

保険関係
We have adjusted the insurance contract cost and payout multipliers for many ship classes, with larger T1 ships generally receiving lower multipliers than smaller ships. This change will be most significant on supercarriers and standard capital ships, which will see their insurance contract costs and payouts reduced by approximately 50% and 33% respectively.
コストと払い戻しがsuperが50%減 capitalが33%減
他のT1shipも調整される ただし大きい船ほど減少幅が大きくなる

ここまでのキャピタルナーフとセットになっているのがこれ!
CVやロークアルはプラチナ保険を掛ければ、撃沈されても船体価格がほぼ返って来るという特徴がありました。つまりクソ安い装備品だけ持っていけば撃沈上等で扱えたわけですね。しかーし、それがなくなるのです。

Q.「要するに何が始まるんです?」
A.「スタグフレーションだ」

まあ今度の調整で何が起こるかと申しますと、現在主流の金策手段がことごとく弱体化されるということですね。
(CVは金策潰しと言うより、現状だと単体ゲートキャンプに強すぎることからワープ不可にしたという面が強いようですが)
どれもこれもまとめてナーフされるので、調整されようが相対的に有効な金策手段は変わらないわけですが……
他にも実は、既に戦闘サイトの湧き間隔が長くなるという修正が来ていたりするんですよねえ。とにかく宇宙全体の金策効率が落ちるのは確実でしょう。しかもロークアルの掘り能力が下がるので船の値段は上がりそうというアレ……

次回:雀でも分かる宇宙経済学 ISK総量編
運営はなんでこんな調整をしたのか? という話を読み解いていきます。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #61

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:森のキノコにご用心。

つまり Suzume Laurant に Suzume Laurant をかけて100倍だ。わかるか?この算数が。エエッ?

唐突ですがカラドリウスには、アライアンスとしてのキャラクター管理サービスがあります。

分かりやすいようにひとりだけキャラ名晒してます。

こうやって全部のキャラのスキルトレーニング状況や所持金を一覧で見たり

ラッティングや採掘の収入がどれだけあったか記録されていたり。

『なんで知ってるの!? ストーカー!? コワイ!!』と思うかも知れませんが、実はこれAPIというものの力です。
キャラの一挙手一投足をデータ化して取得できるもので、これこそEveがEveたるゆえん。様々な外部管理ツールをプレイヤーが自作可能なのです。
普通、コープに所属するときは(主にスパイ防止のために)API取得用のキーを渡すものなのですが、折角なのでコレを使っていろいろ便利なサービスを作ろうという感じのやつです。
多少大きいアライアンスならどこでもやってるんじゃないかなー。

ちなみにこれも、あのEVEMarketerを作ったカラドリウス所属の猫、aplulu氏の作品。
大人数のアライアンスにはもちろんシステム開発ができる技術者も混じっていて、そういう人にゲーム内で報酬を渡せる態勢もある。それもまたアライアンスとしての力だったりするのです。
だから皆さんもカラドリウスにいらっしゃいましー。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の目次はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はコンテナの話です。

四角大王

健康で文化的な最低限の少年少女のみなさーん!
集めた画像、ちゃんとフォルダ分けしてますかー?
親に見られたくない画像をちゃんと『新しいフォルダ』に入れてますかー!?

eveでは、大量のアイテムを溜め込んだり輸送したりすることも当然あります。
そんな時に使うフォルダ分け相当のアイテムが『コンテナ』です。
他にも用途はあるんですが、とりあえずフォルダ分けに使えるアイテムだと覚えておけばいいです。船に積むなり、ステーションやストラクチャん中で使うなり。

コンテナにはいくつか種類があります。それをざっくり解説していきます。

標準コンテナ(Standard Container)

すごい普通のコンテナです。

サイズは S:100(120) / M:325(390) / L:650(780) の選べる三種類。戦闘艦に積めるサイズで、大量のアイテムの仕分けや輸送艦内での管理にはちょっと物足りないですね。
BPCみたいな軽いものなら充分すぎですが……

カッコが付いてるのは何なのかと言いますと、実はコレ、カッコ内は容量です。コンテナそのものの体積より多くのアイテムが入るんです。四次元?
あるいは匠の手によって『なんということでしょう』して、空間を立体的に使って収納しているのでしょうか。
だとしたら普段のカーゴホールドは適当に詰め込んでるだけなのか。カプセラ整理下手説。

と言うわけで、こういう標準的なコンテナでも積み込めばわずかに積載量をアップさせる効果があります。なんてこった。
ただ、結構な割合増加があると言えど、輸送艦の容量に比べればカスみたいなもんです。ぐぬぬ。

セキュアコンテナ(Secure Container)

サイズは S:100(120) / M:325(390) / L:650(780) / H:1500(1950) / G:3000(3900) 。増えたで。
3000もあれば、まあだいたいなんとかなるでしょう 。キャピタル用のモジュールとか戦闘機とか大量の弾薬とかPI品とか鉱石とかを放り込まない限り。
……ん? 割とキツくね?

こいつはセキュアの名の通り、パスワードを設定してアクセスを管理できます。
開けるとき・入れたアイテムにセキュアロックを掛けるとき・ロックされたアイテムを取るとき、という風に、どこでパスワードを要求するかは選べます。

こいつがどういう時に役に立つかというと、コーポレーションハンガー内での区分けです。
ストラクチャ(プレイヤー所有の建造物)ではコーポレーションハンガーというものが使えるのですが、これは同じ会社に所属する人なら誰でもアクセス可能な共有ハンガーです。
(まあ誰でもと言っても、いくつかに部屋を分けてアクセス権限を設定するということもできますが)

パスワード設定したセキュアコンテナをここに入れる事でパスワードを知っている人しか中身が取れないようにできます!
アイテムの(比較的)安全な受け渡し手段として使え……る……?
現実的にはあまりにも面倒すぎて、さらに容量の縛りもあることからほぼ使われていません。
生産材料に使えたら便利だったんだけど、それには容量が足りなすぎるという……

また、このセキュアコンテナ。
実は宇宙空間に係留もできちゃいます。なんてこと。
しかも結構堅いので、撃沈されかけた時にひとまず係留して中身の保全を図り、敵にコンテナを壊される前に助けを呼んで回収しに来るなんてこともできなくはないようです。実際昔はそんな風にされてたとか。
ちなみにセキュリティステータス0.7以下のシステムにしか係留できないという地味な縛りがあります。

今はモバイルデポという、容量多くて(3000or4000)破壊時にしばらく無敵状態になって回収の猶予が生まれるという素敵なアイテムが存在しているためそれで足りてしまいます。悲しいなあ。

監査ログコンテナ(Audit Log Container)

サイズは S:100(120) / M:325(390) / L:650(780) のみ。
係留可能だったりパスワードが掛けられるのはセキュアコンテナと一緒なんですが、あれと比べるとなんかやたら堅い。
さらに。出し入れの記録を全て記録できるという機能も付いているのです。
……ん? そんだけ?
出し入れの記録は最大3ヶ月保存。ログ抹消を防ぐためか、ログが残っている間(つまり最後の出し入れから3ヶ月)は名前の変更や折りたたみができませんので、普通に使おうとしてもえっらい面倒です。
済まない、君はもはや過去の遺物だ。

貨物コンテナ(Freight Container)

ここからが本番です。
まずはこの貨物コンテナ。S:1000 / M:5000 / L:10000 / H:50000 / G:120000 / E:250000という6種類のサイズがあります。一気に増えました。フレイターの容量が1,100,000くらい、ジャンプフレイターが350,000くらいなのでそいつらに載せるとしても充分な大きさです。

カッコ表記が消えてるのでお察しのことでしょうが、このコンテナはコンテナそのもののサイズと同じだけしか物が入りません。
ですが、もはやそれは小さな問題ですよね。大量の物資や生産品を放り込んでフォルダ分けできるという待望のアレです。
それ以外に特に芸は無いですがまあしょうがないでしょう。

容量が大きい割りに、折りたたむと意外なほど小さくなります。一律で1/100サイズというコンパクトさ。
この辺も、フレイターの中に常備しておいて必要に応じて展開するみたいな運用を想定している気がしますね。

ステーションコンテナ(Station Container)

いよいよやべーやつです。
サイズは 無印:2,000,000(1,000,000) / 金庫:5,000,000(10.000.000) / 倉庫:10,000,000(100,000,000) という……何このいい加減を通り越して投げやりな設定。

サイズを見れば分かりますが、展開状態ではフレイターにすら積めません。こいつらは完全に、容量無制限のステーション・ストラクチャ内でフォルダ分けをするためのコンテナです。

ちなみに監査ログコンテナと同様の機能があり、名前の変更やリパッケージは少々不便です。

折りたたんだときのサイズは10000 / 50000 / 100000 となっております。
最上位の倉庫コンテナになりますと、フレイターならまだしもジャンプフレイターでも3箱しか載りません。ジャンプ燃料だってお高いんですから、あまりにも割に合わない輸送になります。
実は大して鉱石ミネラルを使わず製造可能なので、ステーションコンテナは地産地消するのが正解でしょう。

というわけでコンテナ紹介でした。
まあ、ぶっちゃけステーションコンテナの存在だけ覚えておけばなんとかなります。
ジタなんかでかなり安く買えますので、初心者の方も試しに買ってみてはいかが。

あとコンテナ全般に言えることなんですが、折りたたんでいないコンテナを輸送依頼にぶん投げるのはやめましょう。
孫請け輸送ができなくなるので、二重クーリエというテクニックによるKAMIKAZE対策の輸送品隠しができなかったり、自分の他キャラに輸送品を預けたりができなくなります。
私は以前それをやっちまって輸送業者に罰金200M支払いました。ぎゃー。

次回:WH Gang!
久々にPvPのお話。WH(ワームホール) Gangフリートに参加しました。
ついでにワームホールについての補足的説明もします。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #60

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:森のキノコにご用心。

軈て 人間(あなた)方は Suzume Laurantを殺し 畏れを忘るるだろう・・・

其れでも、お征きなさい 仔等よ

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の目次はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はイントロダクション翻訳の第四回です。
——————–

『雲隠れ』

「データから とくていされた Sleeperの かくれが。 そこへ いって ちょうさ して Seekersが いたら ぜんぶ ころすぞ」
~基礎的な戦闘の経験をさらに積みましょう

『旦那さん、回収されたデータによるとSleeperが隠れ家を作ってるみたいだニャ。偵察に行くニャ!』

『あったニャ! ここだニャ! てゆーかなんかもう誰かが来たみたいで結構壊れてるニャ。とりあえず残った敵を片付けるニャ』

なんだか知りませんがプレイヤーが来た時には施設は既に半壊しています。誰がやったんでしょうね?
例によって敵はクソ弱いです。とりあえず狙って撃つという訓練には使える、ただのマトですね。

『よくやったニャ、旦那さん! みんな死んだニャ! さあ次のミッション行くニャ!』

エージェンシーを開くと例によって報酬は50000ISK。せめて1Mくらいはくださいよ。

『放棄されたコロニー』

「ほうきされた アステロイドさいくつコロニーで みつかった Sleeper。 どうして ここにいるのか わからないけど たいおう しよう」
~武器の射程に関する経験をさらに積みましょう

『旦那さん、サイトにワープするニャ!』
なんかオーラの台詞も適当になってきてない?

『スキャナーは正しかったニャ! Seekerが居るニャ! ……Sisters of EVEの破壊された船もあるニャ。なんか変だニャ。とにかく、ボクたちの仕事はここに居るSeekerを倒すことだニャ!』

目の前に敵が一匹だけ居るのでひとまずこれをヌッ殺しましょう。

倒すと更に敵が出現。見ての通り、ちょっと離れた場所に居ます。
おそらくコルベット艦の初期装備だと届かない場所。向こうも索敵圏外なのか、こちらをロックしてきません。
射程が足りなければ近付いて倒しましょう。
……まあ、ワスプ様の敵ではありませんが。

倒すとまたもや離れた場所に敵が出現。
初期船だと『届かない⇒近付いて倒す』を繰り返すので嫌でも射程というものが分かりそう。
私はワスプ様に飛んでいってもらいます。ドローンはマジで楽。実際、PvE(対NPC)コンテンツはドローンの採用率がものすごい高いですし。

『よくやったニャ、旦那さん! みんな死んだニャ! さあ次のミッション行くニャ!』
台詞は使い回しですね。

そしてやっぱり50000ISK。安い!

『採掘場のトラブル』

「かどうちゅうの さいくつコロニーから うけとった メッセージ。 Seekerの ドローンが さいくつせんを そげき している。 さいくつしゃ たちは かくれている。 Seekerを はいじょ するのだ。」
~武器の射程に関する経験をさらに積みましょう

『旦那さん、サイトにワープするニャ!』
適当そして使い回しである。

『Seekerが採掘船を狙撃するなんて変だニャ。挙動不審だニャ。あいつ、こっちの船の射程から逃げようとしてるニャ。旦那さん、近付くほど与えるダメージが増えるってこと覚えとくニャ』
さくっと倒しましょう。

『おめでとうだニャ、旦那さん! ターゲットは死んだニャ! さあ次のクエストに行くニャ!』

はいはい50000ISK 50000ISK。

というわけで翻訳第四弾でした。
初期船でやることを想定してるコンテンツのようですが、普通に別の船でやれてしまう辺りがEVE。和製のゲームなら強制的に装備変更とかさせられそうなところです。

次回:いろいろ便利なコンテナ類
これさえあれば整理整頓バッチリ! な百均グッズ的何か。コンテナを紹介します。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

fullscreen