Tips

初心者がヌルセクに来ちゃダメ?(地獄でなぜ悪い 029)

 

異常性癖を持つ中学校教諭が教え子の女子生徒と淫行したあげく殺害し、遺体をバラバラに切断・遺棄した複数件にわたる事件について新聞が書かなそうな見出し「ロリコン先生ついに御用」

 

こんにちわー。ESPM社のちょう新米社員、クレメンタインです。
いつか大規模なPVP、宇宙戦争に参加してみたい、そんな気持ちでESPM社に入ったばかりのEVE ONLINE初心者です。

初心者目線から「なんでヌルセクの会社を選んだのか」「初心者がヌルセクの会社に入っても大丈夫なの?」的な話を追体験していただこうという趣旨のblogです。もしご興味あれば001から順にお読みください。

念を押しますがクレメンタインはブスネカマです。実生活で「クレメンタインさんてえらそうな女が好きなんですか?」って聞かれたので「そうだよ!」ってこたえました。私は栗山千明の性奴隷になる夢、あきらめない。

 

ひさしぶりに初心者向けに参考になることを書こうと思います。上の下品パートは手癖なんで気にしないでください。タイピングするときの準備体操みたいなもんです。

あいかわらず私が入ってる羊社に新しい仲間がどんどん増えてるんですが、誕生からすぐにヌルセクへ飛び込んでくる人けっこういます。みんなヌルセクや大規模戦闘に興味があるんですね。

最近プレイし始めた私がこのゲームを遊んだ実感をまとめると、EVEはゲーム内のお金を大量に稼いで大量に使えば使うほど、遊びつくせないほどの選択肢が選び放題になるのでそういうことができる(選択肢が広い)環境で遊べたほうが楽しく遊べるし、仲間が多いところに集まると可能になることも増えていくんだなーって感じです。

それにこたえられる環境は羊社およびカラドリウスアライアンスは用意してます。だからヌルセクに期待を寄せる初心者や復帰組が集まってくるんじゃないでしょうか。

逆にまだまだ外から見てヌルセクでどんな活動ができるのか、本当に大丈夫なのか、わかんない人や不安な人もいると思うので、ここはわたしが太鼓判押ちゃいましょう。新人でもオメガアカウントならドンと来い。ヌルセクは上級者向けゾーンだと思い込んでる人のドグマを取り払いましょう。

ここでは弊社を例にヌルセクライフを始めるにあたっての懸念を払拭するための解説、またヌルセクライフの段階的難易度、楽しさ、儲けの度合いを主観で☆の数で示していきます。(※オメガアカウントのケース)。

ヌルセクライフその1:入社

難易度 楽しさ☆☆☆ 儲け

ヌルセクは排他的領土を持ったアライアンスのメンバーでなければ領土に入っただけで敵とみなされます。なのでまずアライアンスに参加している会社に入社するのが第一歩。これをクリアしなければ始まらない!

羊社が参加しているカラドリウスアライアンスは日本人コープが集まっているアライアンスですので、アライアンス内の意思疎通は日本語で可能ですし、コアリションへはアライアンスの偉い人たちが英語で行ってくれますので、海外アライアンスの日本人コープよりかは風通しがいいと思います。

ちなみに「レンター」とか「ペット」とか、アライアンス領土内に住まわせてもらっているけど正式メンバーではない会社もあるそうです。羊社が参加しているカラドリウスアライアンスは各社ともコアメンバーなのでその点ご安心を!

さらに付け加えると、カラドリウスアライアンスはヌルセク北部を支配しているGOTGというコアリション(アライアンスの集合体)のコアメンバーです。

で、入社に関しては羊社はエントリーシートを書いてもらって面接を受けてもらいます。外部ツール入れることが可能で、インゲームの活動が普通なら大丈夫。後述しますが「この船に乗れればなんとでもなる」って軽めの船と装備が使えれば「領土に来たけどやることがない」というような事態にはならないのでそのためのスキルを推奨されますが、本人のお好みの問題もありますのでご相談って感じ。詳細はお問い合わせください。

外部ツールはEVEではどこのコープでも使っているディスコードとTS3。マイクがなくてしゃべれなくてもフリートコマンダーの指示が聞ければOK。

あとはOV設定とかヌルセクで安全安心に暮らせるためのあれやこれや。最初はちょっと大変ですが、むずかしくないのでがんばりましょう。

最初はそれらの登録や設定のためにいろいろやらなくちゃならない事がありますが、そのためのマニュアルをカラドリウスアライアンス・羊社では完備しておりますので、ご安心ください!

よくある勘違いに対する注意。入社手続きのシステムは、あなたから「入社希望」を出す→会社から「招待」→あなたが「招待を受ける」という三段階で最終的にあなたが承認しないと入社完了しません!

 

ヌルセクライフその2:領土にたどり着く

難易度 楽しさ☆☆☆ 儲け

入社したら活動拠点にカモン! 最初の船の用意や初期生活のサポートは会社がしますので、ハイセクの資産はハイセクに置きっぱなしにして身体一つで来ることをお勧めします。どうせ来て一週間もしたら今までの資産を軽く超える資産を稼いでしまうんだから……。

そして来るだけならちょう簡単。カラドリウスアライアンスの領土は商都ジタから30ジャンプ未満。目的地セットしてシャトルかなんかでくればすぐですね。入社手続きが済んでいれば味方領土を通過するときは撃たれませんので安心です。もし味方領土以外を通るルートだった場合はがんばりましょう! 別にゲームで死んでも実際に死ぬわけじゃないしね! ヌルセクで遊ぶなら撃たれることは覚悟の上。一回突っ込んで死ぬのもいいんじゃない? ジタと領土はわりと頻繁に行き来するのでこんくらいで尻込みしてはいけません。

領土とは? 私にとっては、羊社が参加しているカラドリウスアライアンスの排他的な領域で、自分たちだけが好きにできる資源や場所の権利を主張して実効支配し自治している縄張りです。それを好きに使えるだけで莫大な利益と権益を生み出し、戦力を持つための経済的地盤となるものです。PVPをするためにはこうした背景の経済基盤のあるなしが楽しいプレイ時間や効率の差を生みます。ゲームで稼いだお金は楽しく使うためにあるのです。

ちなみに領土はこのdotlanというサイトで見ると、ブランチのオレンジ色のところテナルの黄土色のところにまたがってます。楕円で囲んだシステム(太陽系)の名前の下に小さく赤く-000-って書いてあるのがカラドリウスの領土って意味ですね。日本人勢力最大手です。もし他に「独自の領土を持っている」というところに入社を検討しているのでしたらこのサイトで確認してみてください。ウチより大きいところはないはずです。というか、たぶんそういう領土持ちの日本人アライアンスは他にひとつくらいしかないはずです。

ちなみに他にも来る方法はあって、領土の本拠地に遠隔操作でホーム設定して自爆したら本拠地で復活する方法と、ワームホール経由でやってくる方法。ホームリセット自爆復活は年1回しかできないのでお勧めしません。もし運よくワームホールが開いていたら運が良かった! と思ってください。おめでとう!

 

ヌルセクライフその3:講習会

難易度 楽しさ☆☆☆ 儲け

ヌルセクコープは持っているとおいしい領土を巡って争う領土戦を楽しむところです。このEVEってゲームは何でもアリなので、いろいろスパイとかプロパガンダみたいな手段を問わない手口で攻めてこられたりします。せめて守備だけはしっかりしたいな、ということでやや手続きが多いのですが、手続きが終わった新人さんにはフリート行動とかいろいろ教える講習会をやってます。

羊社は、よくある「まず入社したいのなら新人教育コープに入ってもらい、兵隊として養成して、そこで見込みがあるようなら本社に引き上げる」みたいなリクルートはしてないので、入りたいって人はいきなり入れます。一緒に飛べる仲間に入ってほしいのであって、基本的にあんまりベタベタした「新人教育・育成」みたいなことはせず、アレしろコレしろみたいなのがない放任(羊だけに放牧)方針です。どっちかというと大人向けですね。

でも聞かれた質問には答えるし、こんなことがしたいとかあんなことしてみたいって相談には乗るし、手伝ってほしいことあったら言ってくれれば喜んで助けるし、イベントは企画していくんでぜひやりたいことを楽しんでねー。でも積極的にガンガンくらいついてきてくれるなら、それには応えていきますよ!

そんなマイペースな社風の中でも唯一「最低限これは知ってほしい」「領土内で安全に活動するために」「敵が来たらどうするか?」「これを憶えて慣れていけば大規模戦にも参加できるよ」っていう最初の補助として講習会という機会をアライアンスで用意しています。必ず参加してね!

 

ヌルセクライフその4:探検

難易度 楽しさ☆☆☆ 儲け☆☆☆

探検はロマンですね。

ハイセクでもできる探検と基本的に同じなので、最低限度の探検のためのスキルが揃っていれば問題なく遊べます。領土内に探検サイトがいっぱいわいてますので、お好きにやってください。領土内の探検サイトはよそ者がやることを禁じていますので競争率はひどく低く、ハイセクやローセク探検より大当たりが出て儲かります。モリモリお宝があるのでもう飽きるまでウハウハして! 見たことのない危険な上級者向けのサイトもゴロゴロしてるので注意してください。気をつけないと戦闘サイトよりもヤバいNPCが出てくることも……。あと近所の誰の領土でもないNPCヌルセクに遠征するのもアリ! 一瞬で100M拾うことも全然珍しい事ではありません。

ついでにワームホール見つけて報告共有してくれるとお手柄を褒められ感謝されます。羊社では探検用の船も用意してます

 

ヌルセクライフその5:サルベージ

難易度 楽しさ 儲け☆☆

サルベージって残骸漁るアレでしょ? そんなの活動になるの?

はいはい。探検は趣味だし、同じようにサルベージも趣味だと思うんですよ。だからこれ好きじゃないって人がいるのもわかる。でも私はけっこう好き。↓はラッティングしてたら現れたNPCドレッドノートをやっつけてサルベしたときの写真です。なんかいいものいっぱい出ました。

ぶっちゃけ後述する他の活動をやろうにもスキルが足りなくてどうしてもできない人がお金貯めるためにやるっていう選択肢も用意している、ってだけですけど!

ただ侮るなかれ。サルベージで巨万の富を築いた人もいるし拾い物だけでCV建造した人もウチのアライアンスにはいます(伝説と化している)。

やりかたはいろいろですけどこの次に解説するラッティングをやっている人の後についってったり、ラッティング終わった後のブックマークを共有したりして、仲間が倒したNPCの残骸をサルベージします。私のしょぼいサルベスキルで1サイト5分足らずで3M~4Mくらい拾えたかな? 1時間で40Mとか全然いける!

サルベした資源は手っ取り早くリグを作っている仲間に買い取ってもらうも良し、ジタに売りに行っても良し。

誰でもすぐにできるので難易度は低く、しかしながら地味で、それでもL2ハイセクミッション(たしか1件やって1m稼げたらいい感じだったような…)の10倍以上稼げます。サルベ船は会社で用意してます。

 

ヌルセクライフその6:ラッティング

難易度☆☆ 楽しさ☆☆☆ 儲け☆☆☆☆

ラッティングとは戦闘サイトを巡回してNPCを倒してバウンティを稼ぐこと。これがヌルセクで一番メインになる稼業です。

ギラっていう船に乗ることができれば、乗り始めから最低でも1時間あたり20M稼げます。自分で買って組んだら250m位するこの最初の船も会社で用意していますので安心してください。来て最初にいろいろ説明が終わったらこの船を渡しますので、さっそく遊んでみましょう。

装備のために他にもいくつかスキルが必要ですが、軽いので最優先で取れば始めたばかりの初心者でも数日で、どんなに長くとも10日あればギラでラッティングを始めることができるようになるでしょう。

これ+サルベージやっていれば序盤の稼ぎはバッチリですね。スキルが伸びていけば一か月後二か月後にはラッティングシップ乗り換えながら1時間あたり40M、60M、100Mと稼ぎが伸びていくことでしょう。

実例は私の初期のblogオルオルさんのblogでもご参照ください。

さらに言うとCVに乗れるようになると(稼いだお金でスキルインジェクターを買ってさらにスキルトレーニングを加速させていくとそこそこのんびりやっていてもだいたい半年以内には乗れてしまう。早い人はそれこそ入社二か月足らずで……!)1時間あたり150M稼ぎ、SC(CV乗れればほぼスキルは足りる)でラッティング始めると1時間300Mという。

こんな感じで最も手っ取り早く効率的な現金収入であるため、ハイセクミッションよりも十分儲かる探検やサルベージがかすんで見えるほど優れた稼業、という点では論を待ちません。

ちなみにカラドリウスアライアンスの領土は広く、どちらかといえば領土は余り気味なのでラッティングでサイトの取り合いとか順番に回しっこみたいなめんどくさいことはありません。領土内の好きな場所で都合のいい好きな時間に好きなだけ稼いでください。これに関してはどうしても外部の人には信じられないみたいで、やったこともないのに想像や知ってるようなフリまでしてゴチャゴチャ言われますが。ゴチャゴチャ言う人のとこはどんだけひどい環境なんだろう。かわいそうですね……。

入社前に相談してもらって数日スキルを準備しておけばすぐに始められるという点で難易度は普通以下(☆☆)、みるみる金が増えていく喜びと集中力のせめぎ合いという意味で(☆☆☆)ほぼ元手いらずでこのてっとりばやい現金収入の効率となると、これがこのゲームでのベースの金銭感覚にならざるを得ません(☆☆☆☆

 

ヌルセクライフその7:エスカレーション

難易度☆☆☆☆ 楽しさ☆☆☆☆ 儲け☆☆☆☆☆

ラッティングやってると急にメッセージが出ます。メッセージが出た人だけが攻略できるボーナスダンジョン、それがDEDです。

代表的なのがDED10と言われる「メイズ」です。複数の階層からなる戦闘サイトで、こいつを攻略すると140mで買い取りされるアイテムが固定で必ず出て、そのほかに700Mで売買されるようなお宝が出てきます。

ラッティングでコンスタントに稼ぎながらエスカレーションサイトが出たら攻略する。これを繰り返し繰り返しやることで毎日スキルインジェクターを買いながら貯金を殖やすという、iskに取りつかれた熱心な人が後を絶ちません。

メイズが具体的にどんなもんなのかはこちらの日記とかこちらの日記とかご参照ください。

さらに補足するとエスカレーションサイトはブックマークが売買されていて(領土を守り合う味方同士の専門のトレードチャンネルがある)ここに100m~150mで売る人もいます。もし自力で攻略ができないならブックマークだけ取ってきて売るのもいいでしょう(難易度)。逆に自力で攻略できるのなら売られているものを買って数をこなして一攫千金を狙うのもいいですね。実際メイズランナーと呼ばれる人たちがそうやってラッティング一切やらずに荒稼ぎしています。移動時間併せて30分で期待値300mくらい稼げるならラッティングよりもおいしい。

それなりのスキルと装備を準備するために多少ハードルが上がりますが、プレイ開始から半年もあればやれると思いますので難易度はちょい高め(☆☆☆☆)探検サイト的な面白さ(☆☆☆☆)と瞬間風速最大の儲け(☆☆☆☆☆)です。

 

ヌルセクライフその8:採掘

難易度☆☆☆ 楽しさ☆☆ 儲け☆☆☆☆

ヌル鉱石、ヌルアイス、ヌルガス、月資源を採掘して現金化する。ヌルセクでしか採れない高価なものを掘るという事以外はハイセクと変わりませんが、一度ヌルセクで掘るともう二度とハイセクで掘る気が起こらなくなるといわれております。

ヌルセクの採掘についてはおおよそこちらでインタビューしていることがご参考になるのではないでしょうか。

難易度について注釈すると、1つはハイセクに比べると最低限NPCから身を守れる固めの船に乗る必要があること。もう1つは、もしヌルセクにまで来て掘るなら、比較するとラッティングのほうが安定して儲かるので掘りでそれ以上稼ぐなら複アカあったほうがいい、という点ですね。ハイセクで掘っていても掘り師は複アカになっていく宿命のようですので……。

「複アカはちょっと……。儲け度外視で単艦でやりたいです」という趣味ならそれはそれでお好きにどうぞ! ちょっと難易度上がって楽しさと儲けが下がります。それならいっそのこと、そのほかの活動との兼ね合いからもラッティングしたほうが総合的にはいいんじゃないかなーとは思いますが。

月資源はものすごく儲かるらしいんですが(☆☆☆☆☆)、それなりの設備投資や事業計画がいるみたいなので難易度はさらに上がりそうです。でもやってみたいというのならコープやアライアンスではノウハウを共有してますのでぜひチャレンジしてください。羊社でも何人かで共同出資した事業がスタートしてます。なんかわいわいやってて楽しそうですよ。

 

ヌルセクライフその9:PI

難易度☆☆☆ 楽しさ☆☆☆ 儲け☆☆

これもまとめがこちらとかこちら。PIはどこでもできるんですが、領土にある惑星の税関は基本的に領土の持ち主が管理してるのでコストが安く済みます。あとヌルの惑星はハイセクの惑星よりも資源がいっぱいとれるみたい。

これは主に同一アカウントの裏のキャラでPI用のスキルを育てたやつでアルバイトするようなもので、メイン事業ではないですね。でもほとんど何もしないでもチャリンチャリンとお金を生むのでやっておくと収入の底上げになります。

またPIはアライアンスで推奨されているので羊社ではスキルの補助があります。

少な目に具体的な数字を出すと、3アカウントでやった場合、9種類のP2製品を毎時40ユニット生むラインとP4製品を毎時4ユニット生むラインを構築できます。これが稼働すると、毎日1時間くらいちょこちょこっと作業するだけで毎月5,760mくらいがPIから生み出されます。3アカウント分のプレックスとか余裕ですね。

そろそろ初心者ではなくなってきた人向けなので難易度はそれなり(☆☆☆)盆栽好きならメチャハマるけど苦手な人はちょう苦手(☆☆☆)収入の底上げになるので副業でぜひ(☆☆

 

ヌルセクライフその10:発明・生産・トレード・輸送

難易度☆☆☆ 楽しさ☆☆☆ 儲け☆☆☆

ヌルセクで作るとコストが安くなるものを作って輸出、あるいはヌルセクで手に入りにくいもの原料を輸入して作ってヌルセクのマーケットで売る、あるいは作らず買い付けて売る、など。

アライアンスでは生産施設が整っているので早く安く生産ができてコストを抑えていろいろ作れる環境があります。

まず効率よく資本金を作ることから考えれば、生産はスキルトレーニング的には後回しになったりします。ウチで事業を始めればハイセクよりは早く利益を出せる環境にはありますが、初心者のうちから手を出しにくいのはハイセクと同じです。

生産ジョブにつっこんで寝て、マーケットに並べて寝て、気がついたらお金が増えているのはけっこう楽しいです。副業として生産を営み、なんらかの生活必需品を生産してると周りのメンバーの助けにもなるので良いかもしれませんね。儲けのインパクトでいえば地味目ですが、大商いをするための資本と施設は揃うので、単価の大きいキャピタルシップ生産の重工業で一大財閥を築いている人もいます。

「でもハイセクまでどうやって物を運ぶんだろう…。遠いし、道中は危険なんでしょ?」心配ご無用。カラドリウスアライアンスはハイセクまでの安全なジャンプフレイター航路を持っています。週1の定期便の他、不定期に自前のジャンプフレイターを飛ばす人に便乗をお願いしてもいいし、さらに軽いものなら無料で運んでもくれるコアリション(アライアンスの集合体)の輸送サービスもあります。なんならハイセクと領土をつなぐWHが開いたときに運んでもいい。あとはジタに作ったジャンプクローンで売買すればいい(入社のときにジタにジャンプクローン作ることを推奨されます)。

ハイセクに住んでるとヌルセクは遠いけど、実はヌルセクに住んでるとハイセクは近いんです。領土に開くワームホールからハイセクに繋がるものを探すのは簡単だけど、その逆は難しい、って理屈、わかります?

 

ヌルセクライフその11:PVP・ローミング・迎撃

難易度☆☆ 楽しさ☆☆☆☆☆ 儲け

ヌルセクコープはPVPコープですのでこれがメインです。

ここまでいろいろisk(お金)を稼いだりするコンテンツを紹介してきましたが、これは使うだけ! むしろここでiskを使うために他で稼いでいるのです。

船にしてもスキル(インジェクター)にしてもiskで解決できるので、なにするにしても経済力の面でヌルセクに領土を持っていることは有利です。

PVPで勝つために、やりたいことをやれるようになるために、乗りたい船に使いたいモジュールと考え抜いたフィットがあり、それを支えるのがヌルセクで稼いだisk。

一番楽しいのがこれで、これをやりたいがためにEVEを始めたのであれば、ここに至る道筋へ環境を考えて選び、結果ヌルセクに来るというのがベストではないでしょうか。

ローセクとヌルセクではPVPの立ち回り、お作法やフィットが異なるのでこれを使い分けるためにローセクにもPVP拠点を用意しております。まずはソロキルを目指せるよう研鑽しておりますのでぜひこちらで一緒に遊びましょう。戦い方考え方やフィットのノウハウなど仲間と共有して共に高めあっていきましょう。

また定期的に企画ローミング(フリートで戦闘を求めてツアーする)を開催しており、テーマやコンセプトにそった船をそろえて楽しく飛んでいます。参加するためのフィットの相談からオススメフィット済みシップのサービス販売まで手厚くフォローしてますのでご安心を。

領土に敵が遊びに来ることもあります。そのために迎撃用の船を用意します。もし乗る船がなくっても会社で用意してます。その船に乗れるようにスキルを育て、牙を研いでおきましょう。最初は小さな船しか乗れず、T1タレットしか撃てないかもしれませんが、なーに、ちょっとヌルセクで稼げばすぐにスキルインジェクターで成長できます。

最初は手が震え、緊張にのどが渇き、敵を撃つ興奮、船が落とされて愕然とするでしょう。でも仲間を援け、援けられ、このゲームを始めたいと思ったときに想像していたプレイの時間がここにあります。一緒に飛びましょう!

 

ヌルセクライフその12:CTA

難易度☆☆ 楽しさ☆☆☆☆☆ 儲け

ヌルセクの領土戦に関わる大規模なPVPイベントだと思ってください。あなたがインゲームであれば参加して所属勢力に貢献することが求められます。

ドクトリンと言われるおそろいの船に乗れるようスキルを整え、船を用意します。これにはそこそこ時間がかかるので、すぐにそこまでいけない、でも参加したい、という人のために、ニュービーシップと言われるスキルが整ってない人が乗るサポートシップが用意されてます。まずはこれで慣れていきましょう。

ただただ船を磨いて1時間何も起こらず待機で終わる場合もあれば、2000対2000の処理落ち激しい4時間にわたる大興奮大激戦になることもあります。

SFアニメや映画のような大艦隊戦に参加したいがためにヌルセクに飛び込む人も多いと思います。参加し続けて入ればすぐにもその機会に恵まれることでしょう。

領土に関わる戦闘となれば、ハイセクでは見たことがないタイタンのような超巨大戦闘艦がバンバン撃ちあう光景となり、また自分でもその超巨大戦闘艦を操艦することを目指したくなってくるでしょう。タイタンは領土を持ってないと建造維持できないので、乗りたい人はヌルセクに来るしかないです!

もし船が落ちたときは補償金がアライアンスから出るので経済的負担はほぼナシ!

ちなみにリアル優先なのでインゲームできないのであれば無理しないでください。なるべく長く一緒に遊びたいので無理だけはしないで!

 

 

さて。ここまで難易度をつけてみたら一番高いのはエスカレーションDED10で、まあ別にヌルセクに限らず当たり前だなって結果でしたね。あとは自分の経験を振り返ってみても、やっぱり別に難易度高くないし本当にハイセクと変わらないですね。

ヌルセクライフは難易度の問題ではなく、ヌルセクの生活が自分のやりたいことにあっているかどうか。それからEVEってゲームがちょっと難しいというだけのことで、あとはこのゲームがその人に向いているかどうかってことが一番大きいんじゃないかと思います。PVPが嫌いとかそういうレベルの話なら最初から結論は出てますよね。

過去何度か同じことを書いてますが、私個人のオススメは、チュートリアル(リンク先は私の解説ページ)をスキップせずに最後までやって10連ミッション全部やって、その後はシスターズオブイブのエピックアーク(50連ミッション)をやってこのゲームの世界に浸りつつ、その間に羊チャンネルに入って質問や雑談しつつスキルを育てるアドバイスなど受けて、エピックアーク終わったころに入社するとハイセクのこともだいたいわかったうえでスキルもいい感じに育ってヌルセクに無理なく入って来られると思います。ラッティングのところでも書きましたがどんなに長くても10日あれば準備は十分整います。もしすごいスピードで2日くらいでこれらをこなしてしまって、その結果あんまりスキルが育ってなくても、そんだけ前のめりな人なら全然余裕でヌルセクに順応できるんじゃないでしょうか。入社を考えてるのなら羊チャンネルでスキルの育て方を相談してみてください。

「ヌルセクは初心者向きじゃない」なんて無責任な伝聞に尻込みしかけてる人は取りあえず羊チャンネルにドンと来ればいいと思います。

 

この記事を書いたクレメンタインは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。

公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

 

※これからこのゲームを始めたいと思った人へ! この招待コードからEVE ONLINEを始めると約5日分のスキルポイント、250000SPを取得してお得にゲームスタートできます。よろしければどうぞ。

地獄でなぜ悪い(ちょう新米社員の足跡)025

下板橋のOLキラーが「顔射でOLを殺す」とかサムいこと言うので「顔射は元々仏教用語で、釈尊が長旅の病で倒れた時に一つ目の聖なる象が現れて股間の鼻から甘露の雨が降り注いだことに由来する」と教えたら真顔で「博識っすね」って感心してた。冗談も言えねえ。ちなみに「顔面シャワー」の略なので本来は「顔シャ」が表記としては正しい。90年代のエロ本編集文化の中でキャプションなどで1ワードを惜しんで「シャ」を「射」としたのが始まり。

 

こんにちわー。ESPM社のちょう新米社員、クレメンタインです。
いつか大規模なPVP、宇宙戦争に参加してみたい、そんな気持ちでESPM社に入ったばかりのEVE ONLINE初心者です。

初心者目線から「なんでヌルセクの会社を選んだのか」「初心者がヌルセクの会社に入っても大丈夫なの?」的な話を追体験していただこうという趣旨のblogです。もしご興味あれば001から順にお読みください。

念を押しますがクレメンタインはブスネカマです。みんなブレードランナーの新作見た? 羊社の社名の由来にもなっているこの作品、正直、もう映画好きとしては義務感みたいなもので見てきましたが、クレメンタイン、よく寝なかったな。褒めてつかわす。よくやった! 残虐行為手当!(がしゃがしゃがしゃーん)端的に言っちゃうと夢で見た溶鉱炉の階段が現実に出てきたシーンで「えーっ、そこそんなにエラそうに長々と撮っちゃいます?」って感じでびっくりするくらいダラダラしてました。「4時間を2時間半にカット」したとか聞いたけど、90分で十分ですよ……。ちなみにブレードランナーの正統続編はプロメテウスから始まる新エイリアンシリーズだと思います。こないだのコヴェナント、オープニングの瞬きする瞳のカットとか完全にブレードランナーだった。

 

さて、ヌル生活が欠かせないのがJC。今日はJCについてアタシがヌルセクに来て初めて知ったいろいろについて語りたいと思います。

「え? JCっすか。ヤバいっすね。ジブン、JCはちょっと守備範囲じゃないんで……」

はいはい。もう不用意な略称とか困りますね。JCとはジャンプクローンの事ですよ!

もしみなさんがヌル生活を始めたいのなら、来るにあたっていくつかジャンプクローンを用意しておくといろいろ便利だと思います。

ジャンプクローンの使用目的は主に瞬間移動とインプラントの保護です。

瞬間移動は、アイテムと一緒に移動はできませんが一瞬で宇宙の端から端へでも移動できて、複数の拠点にまたがって遊ぶ場合とても便利です。

インプラントの保護とは。ジャンプクローンを起動したときに、元々操作していた肉体はそのステーションの中にジャンプクローンとして保管されます。そのとき元々装着していたインプラントはその体に刺さったままになって、次回その体へジャンプして戻ってきたらまたインプラントが使えます。PVPすることが前もってわかっている場合、卵を破壊されてもいいようにインプラントの刺さった体からインプラントの刺さってない体へジャンプすれば、インプラントを保護できます。またインプラントの使い分けにも利用できます。

初めてヌルで生活する場合、具体的にどうすればいいのか? というと、まず卵が割れたときに復活するホームはヌルセクの本拠地に移しておきます。これはスキルクローンと言ってジャンプクローンとは別枠のクローンです。死んだ時に自動で起動し、あらかじめ設定しておいたホームでキャラクターが復活するのがスキルクローンです。

で、まずジャンプクローンの一つ目はハイセク、ジタあたりに買い物用に設置。

そして急なCTAに備えて、ステージング(艦隊の集結場所)のシタデルにもう二つ目。

さらにホームにもう三つ目のジャンプクローンをインストールします。え? ホームに? そう、これについては後で解説します。

という感じで、ジャンプクローン最低でも三つは欲しいとこです。Infomorph Psychology(インフォモーフ心理学) レベル3。できれば4まで上げたい。

 

ジャンプクローンは基本Infomorph Synchronizing (インフォモーフ同期) なしでは24時間再ジャンプできませんが、卵になって自爆するとホームのスキルクローンで復活するので、片道行って、帰ってくるときは自爆して元の場所にすぐ戻れます。

さて! 三つ目のジャンプクローンをスキルクローンがあるホームになぜ設定したのか? というと、これは「インプラント保護を目的としたその場ジャンプ」のためです。なんのこっちゃ。

普段からスキルトレーニングのために+3インプラントなんか刺して生活していたとして、CTAのために離れたステージングのシタデルにジャンプクローンで飛んだ場合、インプラント無しの身体に移動して何の憂いもなく安心して死ねます。ところがもし今いるホームのシタデルに近いところで迎撃が起こったり、ローミング行くことになった場合、刺してあるインプラント保護のために、わざわざ遠くにジャンプしてから戻ってきてはイベントに間に合わなくなります。

そんなときに「その場ジャンプ」。その場でインプラントが刺してある身体から刺してない身体にジャンプして、インプラントを刺してある身体を保管します。えっ、そんなことできんの? できるんです。教えてもらわなかったら知らなかったですね。ただし! これはシタデルでしかできない技です。ステーションではできません。お気をつけください。

そして用が終わったら元のインプラント刺してある身体に再びジャンプして戻ることをお忘れなく。あと卵が割れてスキルクローンで復活したときも元のインプラント刺してあるクローンにジャンプで戻ることをお忘れなく。復活したときのスキルクローンは元のインプラントの身体ではありません。ご注意! そうそう、シタデルでのその場ジャンプは24時間に1回の制限外、何度でも連続して行えます。

で、もう一つ! ジャンプした先で起動する自分の身体はあらかじめインストールしてあった身体なので、その場所にはもうジャンプクローンはありません。改めて新しいジャンプクローンを設置しましょう。一度設置したからって自動的に何度もそこに飛べるように設定されたわけではないのです。なのでジャンプクローンを起動したら忘れないうちにその場で新しい身体をインストール。わかる? 意味わかんない? そうだよね。つかクローンてなんか怖くね?

まじこれホントに混乱する。「あれ? ここに死体になったアタシの亡骸クローンを拾って持ってるんだけど、ん? あれ? そうするとこのホームには復活用のスキルクローン、それから元々インプラント刺していたクローンが保管されていて、えーと、そうするとここにアタシの身体が三つ、いや、今この身体も数えると四? あれ? じゃあこのアタシはダレ?」みたいな感じになって、まじSFって難しいんですけど。おまけにジャンプクローン設置しているところでステーション内自爆ジャンプしたせいなのか、どういうわけかシップハンガーに自分の卵がたくさん入ってるステーションがあるんだけど、なんか怖くて手がつけられない。あれ、なにが入ってるの? 捨てていいものなの……? 本物のアタシって何……?

なんか期せずしてP・K・ディックっぽい話になりましたね。

 

来年春に向けて仕事がメチャ忙しくなりそうなんでちょっと更新頻度落ちますが、ちょいちょいゲームインはしてます。羊社にも新人が続々入ってきてますのでぜひ興味ある人は羊チャンネルでお会いしましょう。

 

この記事を書いたクレメンタインは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

※これからこのゲームを始めたいと思った人へ! この招待コードからEVE ONLINEを始めると約5日分のスキルポイント、250000SPを取得してお得にゲームスタートできます。よろしければどうぞ。

 

Monthly Economic Reportの活用のすゝめ

次は南部戦争の記事だといったな?あれは嘘だ。

 

さて、某所でEVEの経済の話がちょこっと出たので、第1回目はMonthly Economic Reportの読み方を少しだけ紹介しようと思う。

さてさて、先月…2017年1月のMonthly Economic Reportはこ↑こ↓にある。

順番にグラフを見ていこう…とはいっても、代表的なものしか私は今回見ていかない。

0_produced.vs.destroyed

最初に見るのはやはり、生産と破壊のグラフである。オレンジ色のラインは掘られた鉱石を示しており、青色の線は破壊されたオブジェクトの価値である。そして緑色は生産された最終製品の額である。

先月のグラフを見ると、傾向としてWWBとDelve5を一つの終結点として圧倒的な生産過剰の状況が発生していることがよくわかる。

この生産状況だけでみれば、生産品の値段は長期的には値下がりしていくことが予想される。破壊される額よりも製造される額のほうが圧倒的に大きくなりつつあるからだ。

しかし、経済はそこだけではない。流通貨幣の問題もある。私は貨幣数量説を否定してはいるが、全否定するほど愚かではないからだ。そこで次は流通貨幣のグラフを見る。

 

9a_sinksfaucets

先月のISKの変動データを見ると、Brokers FeeとTransaction Tax、そしてBlue Printの販売、Skill Bookの販売でCCPはISKをゲーム内世界から回収しようと試みている。だがその試みは失敗しているということもできる。先月の新たに発生したISKが大体99Tに対して、システムに回収されたお金は72Tにしかすぎないからだ。だが、先月は大規模なBANか引退騒ぎでもあったのか、Active ISK Deltaの調整によって大幅にISKがシステムに回収されている。Active ISK Deltaとは、アカウントが一定期間動いていない場合、ISKがシステムの経済活動から切り離されるというシステムだ。このような統計からは削除される。なお、アカウントが復帰した場合は、とうぜん、このActive ISK Deltaが+に転じることになる。

New Eden経済は緩やかなインフレ圧力に晒されていたが、今月はどうやら流通貨幣、マネーストックが減ったようだ。

9b_isk.float.3

上の表は時間軸でISKの流動を現したものである。ISKの大部分はプレイヤーが保持し、かつインフレ傾向がはっきり表れている。

貨幣流通が増える=ISKの価値が下がる、物価が上昇する状況にも関わらず、生産過剰が続いている。これが何を意味するかというと、おそらくは双方のバランスですべてが決まる。だが、ISKの増加傾向よりも、生産過剰が進んでいるように見える(細かい分析は省くどうしても聞きたければコンタクトを)ので当分は物価調整が続くのではないか。

このようなことをMonthly Economic Reportからおおざっぱに読み取る。私はマーケッター、Jita戦士をしたり投機をしたりはしないのでこれぐらいしか読み取らないが、おそらく投機家は細かい品目ごとの傾向やバランス調整の噂などから需給を先読みし投機を行うのだろう。

さて、New Eden全域の経済バランスをこのような形でよみとることができる。これもまたEVEの楽しさだと思う。個人的には結構歪んでいる気もするが…

 

New Eden全域のとは別にそれぞれのRegionごとの情報も公開されている。私はNull Secに住む人であるので、そちらの情報もフルに活用する。今回は私が、Imperiumを分析したときの考えを紹介することで、こういう遊び方もあるのだとみなに紹介したい。

まずもって見るべきはMiningの状況である。

3_mining.value.by.region

これによれば、Imperiumの本拠地では時価で1,340bISK分の鉱石が掘られたことがわかる。New Eden Topとは言えないが、第2位の採掘量である。

この状況と合わせて、Productionを見る。

4_production.value.by.region

この表によれば、Delveでは20,525bISK分の価値のものが生産されている。恐るべき生産力である。これは採掘された鉱石とのかい離が激しいため、次に見るべきは貿易統計になる。

8_net_exports

7_imports_exports

この2つの貿易統計を見ると分かるが、Delveが圧倒的な輸入超過となっている。

ここで外交情報加味して考える。これらには船の移動も含まれるため、Catchから大幅にSupercapital艦隊を撤退させたとの情報が上がっていた。

その移動分を考えればDelveにおいてImperiumは物資を輸入して加工貿易を行っていると簡単に予想できる。また、それだけではなく、それを輸出せず(Region外に出さない)に内部で自家消費していることも。

そうすると自然と行き着く答えは、おそらくSupercapitalを作っているのではないかという予想を立て、Spyを入れるなり、Sotiyoの位置と数を確認しに行くなりの必要が生じる。

そのようなことを考えながらEVEをやっている。

 

皆さんも興味があればぜひMonthly Economic Reportを読んでみましょう!

 

Foch Petain is a member of SAKUMA DROP, Caladrius Alliance. 

 

 

 

 

現在のNullSec情勢 ―勢力紹介編

さて、いろいろなところでニュースになっていたり、EVE遊泳さんがまとめてくれているように、北部では大戦争が勃発している。

その状況をCaladriusとしても解説していこうと思うが、最初に勢力紹介を済ませてしまいたいと思う。

下は現在のCoalitionの勢力図である。この中から有名どころをピックアップして紹介していく。もっとも、乗ってないところもあるが、それはこれからここに出てくるはずと言うことで…

Coalitioninfluence20160403

 

 

Corporation(以下Corp)

システム上でプレイヤーが作れる最小単位の集まり。Corp単位で様々な活動を行うことができる。

Alliance(以下Ally)

システム上で最大の集まり。Corpが集まって作ることが出来る。Allianceを組むことで、NullSecでSystemの領有やStationの建造など様々な事が行えるようになる。

Coalition

Coalitionはプレイヤー同士で結ばれる同盟であり、複数のAllianceがまとまって形成されるものである。

有名なところでは、CFC(現Imperium)や旧N3(様々な要因が重なり崩壊)、Drone Region Federationなどが上げられる。

 

勢力紹介

 

Coalition ― Imperium

Impeirumは比較的新しいCoalitionであり、EVE宇宙の北西部に拠点を構えている。新しいというのも、その全身であるCluster Fuck Coalition(以下CFC)から2015年に再編されてできあがったCoalitionだからだ。

前進であるCFCの中核Allianceは有名なAllianceであったBand of Brothers(以下BoB)をとの戦いの中で表舞台に躍り出てきた。(この戦いはEVE遊泳さんの記事を読んでいただければわかると思う)

Goonswarm単独の頃から「何でもあり」をモットーにしており、このCoalitionもそれを引き継いでいる。遊び感覚でHi SecでのKAMIKAZEをはじめ、Hulkaggedon、Burn Jita、Burn Amarrなどのイベントを行ってきた。自身でEVE宇宙の「悪役」としてロールプレイしている節もあり、安全な北西部のNull Secを保有していることから来る豊富な資金を武器に、様々な事をしでかす。

楽しそうだからという理由で商都でのKamikazeイベントを繰り返す姿はある種のすがすがしさすらある。

Imperiumへと再編した際に、Role Playをすると言って、Max Singularityもとい「The True Emperor of Amarr: Maximilian Singularity VI, First of His Name」に忠誠を誓うとか言い出して、Burn Amarrをやったことがある。

そのついでにEntosis Linkが実装直後だったので、実装されたから実験したいという理由でProvi Blocを燃やしたりしてた。

imperiumImage2

(The True Emperor of Amarr: Maximilian Singularity VIに忠誠を誓うMittani閣下)

 

 

中核Allianceは

Fidelas Constans

Get Off My Lawn

Goonswarm Federation

Initiative Mercenaries

RAZOR Alliance

SpaceMonkey’s Alliance

Tactical Narcotics Team

The Bastion

The Initiative.

である。

Coalition ― N3(崩壊済み)

N3はNorthern Coalition.(以下NCdot)、Nulli Secunda(以下S2N、これも崩壊済み)、Nexus Fleet(これもまた崩壊済み)を中心として結成された反CFCという性格が強いCoalitionであった。

Halloween War、そして有名なB-Rの戦いを経て、最終的に、Pandemic Legion.がCFCに雇われた事を契機に、当時の領土の中央であったEsoteriaとCatchを失い、メインメンバーであったS2Nの崩壊、NCdotのスタンディングリセットが宣言され崩壊した。
下は在りし日のN3vsCFCの領土図であるが、このときはすべてが単純であった。古き良き時代というやつだろう。

Coal20150127

 

Coalition ― Drone Region Federation(以下DRF)

Drone Region FederationはLegion of xxxDeathxxx(以下Death)が中核となって、現在はDrone Regionと呼ばれる北東部に拠点を構えるCoalitionである。

DRFはInsmother、Cache、Etherium Reach、The Spire、Malpais、OuterPassage、Cobalt Edge、Perrigen Falls、Geminateの一部をといった広大な領土を領有するCoalitionである。

元々、Deathは旧N3の時代に、N3の同盟相手であった。N3が崩壊する際にN3の勢力下であったDrone Regionを譲られた事から、DRFは編成されていった。Deathはロシア系のAllyであり、他のロシア系で力のあるAllyを誘い、DRFはInsmotherにてRed Menace Coalition(以下RMC)と死闘を繰り広げていた。2015年の11月にRMCのInsmotherにおける一大拠点であるC-J6MTを陥落させる事に成功し、InsmotherとDetoridからRMCを追い出す事に成功した。

http://evenews24.com/2015/11/23/war-in-insmother-the-fall-of-c-j6mt/

中核Allianceは

Hard Alliance

Infinity Space.

Legion of xXDEATHXx

Brothers of Tangra

SOLAR FLEET

IT’S ONLY PIXELS

である。

 

Coalition ― Stain Wagon MK2

Stain Wagon MK2(以下SW)は古くからあるロシア系Coalitionであり、現在は同じロシア系であるDRFと距離を置き、RMCと親しい。

彼らはCatch、Impass、Feythabolis、Esoteria、Paragon Soulと言った南部を押さえ、さらにImmenseaとTenerifisの一部を領有し、現在ではQuerious方面へと進出している。

Stain Wagonはその名前の通り、領土を失うと、Stainに引き下がる。ロシア系のCoalitionらしく、決してあきらめることなく、Stainにて牙を研ぎ反撃の機会をうかがう。実際にN3の末期、N3による攻勢で南部の領土を失いつつも、Stainにてじっと待ち、最終的にはCFCの雇ったPandemic Legion.が当時南部に展開していたS2Nを中核とする諸勢力を攻撃した際に、Catchを含む南部の奪還を果たしている。

現在勃発している北部の戦いでは、Imperium側に荷担を始めている。(2016年4月2日現在)

ただ、北で戦いが勃発している間にQueriousにてPancemic Hordeと戦いを始めている事もあり、単に連合軍を北に釘付けにする以上のことは考えてないのかもしれない。

 

中核Allianceは

Soviet-Union

Against ALL Authorities

C0VEN

I N F A M O U S

などが存在する。

 

Coalition ― Red Menace Coalition

Red Menace Coalitionはロシア系のAllianceの集まりであり、Insmotherに住むのが大好きな人たちの集まりである。何度追い出されても不屈の精神でInsmotherへと舞い戻る姿はある種の神々しさすらある。

N3が崩壊した2015年春に、N3に奪われていたInsmotherへの帰還を果たしたが、その後、DRFとの決戦に負けInsmotherにおける一大拠点のC-6を失い、Insmother、Detoridの両Regionを失陥する。(DRFの項目を参照)

現在は、Stain Wagonとの関係が深く、Paragon SoulからPeriod Basisへと侵攻し、そこに拠点を構えている。

ちなみに、昔はCaladriusとの関係が非常に深かったが、主要AllianceであるRed Allianceの内紛時に親Caladrius派が粛清され、Caladriusは反Red勢力へと転向せざるをえなかった。

 

主張Allianceは

Red Alliance

Dream Fleet

である。

 

Coalition ― TEST and Friends

TEST alliance please ignoreを中心としたCoalitionであり、現在はVale of the silentへと展開を始めている。

TESTは元々Imperium寄りの勢力であり、Fountainに展開していた。しかし、Fountain Warにて仲違い、CFCの侵攻を受け、Fountain及びDelveを失陥。

すべてのSOVを失い、人数も失ったため、その後Braveと共にHERO Coalitionを結成し、Catchへと展開していた。

しかし、HERO Coalitionも崩壊。しかし時代は大変革の時代。N3崩壊の余波を受け、NullsecはAllianceのDisbandを含め、再編が急激に進んだ。その中で、頭角を再度現してきた。

TESTは今までならCoalitionとして取り込んできた動員人数20-30人ぐらいのAllianceに対して、マージしてコーポになりTESTへと参加するように要請してきた。

そのため、TESTはAllianceとしての一体性を保ち、強固に生まれ変わった。さらには、Elo KnightやPro godといった有名FCも参加し始め、戦力的にさらに強化され始めている。

 

中核Allianceは

TEST alliance please ignore

である。

 

 

Coalition ― Gurdians of the Galaxy

Gurdians of the Galaxy(以下GoTG)はDarkness.とKadeshi(崩壊してしまった)を中核としたCoalitionであり、現在ではTenerifis、Detorid、Immenseaの一部を拠点としている。

N3崩壊時はKadeshiと合同で、DarkeshiというCoalitionを組み、DelveとQueriousに展開していたが、崩壊の余波を受け、Delve、Queriousで厳しい戦いを強いられていた。だが、その後、ImmenseaとTenerifisでの戦いに勝利したものの、領土の扱いに困っていたSWに招待され、ImmenseaとTenerifisへと移った。

予断だが、Darkness.のTOPである、Sort Dragon先生は偉大なお方で、DarkeshiとしてKadeshiという他の大手のAllianceとCoalitionを組んでいた際に、同盟相手であったKadeshiと合併する話が出たが、見事その合併をお釈迦にした事でも有名である。

 

中核Allianceは

Darkness.

Blades of Grass

などがある。

 

Coalition ― Provi Bloc

Providence BlocはCVAを中核としたRole Playing Coalitionである。親アマー派のカプセラとしてRole Playする彼らは基本的にAmarr地域を乱すようなことは許されない。

古くからProvidence Blocに定住しており、何度も領土を燃やされたりボコボコにされたりするものの、領土がまずすぎるため誰も本気で取りに来ていない。

もはや特別天然記念公園である。

なお、Provi BlocはNull sec coalitionとしては珍しくNRDS(No Red Dont Shoot)を採用しており、敵と認定されない限り撃たれない。なお、CaladriusはRedに指定されている。

さあ!みんなも捨てアカを作ってProvi Blocを殺しに行こう!

 

主要Allianceは

Apocalypse Now.

Curatores Veritatis Alliance

The Volition Cult

Yulai Federation

である

 

 

Coalition ― Delve Core

Delve Coreとは、Delveに存在するとされているCoalitionである。

実態はよくわかっておらず、BoB亡き後のDelveのカオスをそのまま繁栄しているかのようだ。

実際のところ、私がつかんで居る情報に寄れば、Delve Coreは存在しない。相互防衛の確約も無ければ、単に相互で撃ち合わないという意味合いのブルーをつけあってるに過ぎないとの情報を得ている。

 

中核Allianceは(もし存在するとすればだが…)

Paisti Syndicate

League of Unaligned Master Pilots

となる。

 

Alliance編

 

Alliance ― Northern Coalition.

Northern Coalition.(以下NCdot)はBoBの廃墟から不死鳥のごとくよみがえった組織であり、反Goonswarmで動いてきたAllyである。一昔前は、N3として、反Goon連合をまとめていたが、2015年春にN3は崩壊、その後はPandemic Legionと行動を共にしていた。

Capital戦に定評があり、Archonを大量動員したSlowcat戦術や、相手を上回る規模でTitan、Mother Shipを投入することで、少数精鋭ながらも確実に勝利を挙げてきた。

配下にNorthern Army.(以下NARM)というAllyを持ち、そこに旧N3陣営でDisbandしたAllyから人を引き抜いてきたりしていたが、NARMは2016年3月の大量離反を契機に崩壊しつつあると評する他無いだろう。

 

Alliance ― Pandemic Legion.

Pandemic Legion.(以下PL)は最強の名をほしいままにするAllyというに相応しいAllianceである。有名なEN24をはじめ、宣伝手段を持ち、近年はきちんと自らの戦果を外部へと発信していく用になった。Capital Killにこだわっている事でも有名であり、噂ではBlueでもおいしそうならCapitalを撃沈するとか…(あとで保障はしてもらえるらしいが。)

2015年にはPandemic HordeというNewbie向けの組織を作り、Queriousの一部に拠点を構えている。現在は北部にて対Imperium戦線をまとめており、神出鬼没の戦術を駆使し、北にて戦いを優位に進めている。

 

Alliance ― Brave collective

Brave collectiveはNewbie FriendlyなAllianceである。英語圏の初心者向けAllianceとして活動しており、とにかく所属人数が多い。

現在はQueriousに定住しており、みなそっとしておいている。

なお、初心者向けのため練度のほどは…

 

 

さて、力尽きたため、その他のLow勢力などは勉強して次回に回すことにしよう。

 

  Foch Petain is a member of SAKUMA DROP, Caladrius Alliance. 

fullscreen