「Suzumeのnullへの誘い」カテゴリーアーカイブ

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #65

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:私は変なおじさんではありません。

そこに Suzume Laurant はあるのだろうか。


eveは現在16周年アニバーサリー。16周年っていろいろヤバイですよね。
なんかログインボーナスがありまして、キャンペーン期間である2日から20日の間に16回ログインすれば、オメガアカウントには1Mスキルポイントがボーナスで入るという大盤振る舞いのログボ企画をやってます。
カウントされるのは1日1回なので、5/5のDT(毎晩日本時間20時の日次メンテ)までにログインすれば間に合いますね。さあ今すぐeveをはじめよう! 大丈夫、ログイン実績さえ付けとけばオメガになるのは後からで大丈夫だったはずだから!(この記事は5/5の夕方に投稿されました)
いやあ申し訳ない。筆者のリアル都合が逼迫してなければもうちょい早く告知できたんですが。

日本はゴールデンウィーク。ソシャゲやネトゲはどれもこれもイベントモードですが、eveは洋ゲーですのでローカルな連休なんかには関係ありません。
ただ、普段活動できない時間に活動しやすくなったりはしますね。日本時間真っ昼間のCTAなんかにも参加できたり。

でもそれ以外の点ではJPTZ(ジャパン・タイムゾーン=日本人の活動時間)が結局いろいろやりやすかったりするのであまり変わらない感も……
ちなみに私は3月頃から絶賛繁忙期中でろくに活動できてません。GWが終わったらゆっくりするんだ……

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の目次はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回は変な船の紹介第一弾です。

へんなかんせん

eve onlineにはいろんな種類の船が存在します。
それぞれに違うボーナス性能・装備スロット数・お値段などなど特色があるものですが、中にはものすげぇとんがった性能を持つ船もあるものです。
攻略wikiなんかを見ていても初心者さんや未プレイの方はどれが変な船なのか分からなかったりすると思いますので、この場でちょっとずつ説明付きで変な船を紹介してみようと思います。

○プラクシス(Praxis)

こういうポケモン居ませんでしたっけ

eve15周年を記念して全プレイヤーに配布された戦艦。16周年の今回もなんか配られるようです。
戦艦なので装備スロットも多く(と言うか戦艦の水準からしても多く)、強力な装備も乗せられ、防御も堅い。
さらに恐ろしいことに前提条件は宇宙船操作(Spaceship Command)Ⅰ、つまり実質ノースキルで搭乗可能。

Lタレット(戦艦用砲台)・ヘビーミサイル/トーピード/クルーズミサイルにダメージボーナス。ドローンのダメージとHPにボーナス。さらにスキャナーの強度にもボーナスと、だいたいなんでもできる凄い奴。
しかも、ボーナスは普通、操船スキルの習熟度に依存するものなのですが、こいつはスキルに関係無くフルで恩恵を受けることができるのであーる。

そのくせ全員配布だったので数が出回っており、戦艦としてはそこまで法外に高いわけじゃないという壊れぶり。
現在、うちでは初心者のratting艦としてpraxisがイチオシされています。ハイセクの初心者の皆様もこれを使ってみては?
……変な艦船と言いつつ、普通に有用。

ちなみに、同じようにスキル無しで乗れる船には巡洋戦艦であるグノーシス(Gnosis)や駆逐艦スネシス(Sunesis)が存在します。

○ヴィクトリュース級高級ヨット(Victorieux Luxury Yacht)

後部に庭園っぽいスペースが

これもまた 宇宙船操作(Spaceship Command)Ⅰだけで乗れる船。設定上は居住性能抜群で、なんかカチグミがオンセンとかアタミとか行く船らしい。

この船の何が凄いかというと、ほぼノースキルで乗れるというのに船の性能としてバブル(範囲型のワープ妨害)を無効化し、さらに隠密行動用遮蔽装置(ステルス状態でワープできる装備)を積むことができるという点。
つまり、何者にも邪魔されず移動することに特化した船なのです。
なお戦闘能力は皆無。

バブル無効とクロークワープを両立した船は、これ以外には特定のカスタマイズをしたT3巡洋艦くらいしかありません。当然ものすごくスキルが重いです。

危ない場所へ移動するためにとても便利。例えばハイセクで誕生したキャラを敵地の真ん中突っ切ってヌルの領地まで持ってきたりね。
一応、30㎥だけカーゴがあるので軽いものなら運搬可能だったり。

ああ、でもちょっと待ってください。確かに乗るのはタダですが隠密行動用遮蔽装置の前提スキルは必要ですよ、お客さん。まあ、この船に乗っていざという時に動けるよう全キャラにスキルを準備しておく価値はあると思います。
もうひとつ問題なのは高いことかな……今のとこ230Mくらいという。お金が貯まってきたら一隻くらい買っておいてもいいと思いますけどネ。

○レパード(Leopard)

ぶっちゃけ見た目はみんたまシャトル

シャトルである。シャトルのくせに100Mとかしやがる限定配布船である。速いのと核爆発が大好きなヒャッハー部族国家みんたまが総力を挙げて開発したっぽい変な船である。
多分みんたまでは歯磨き粉にすら核融合炉が搭載され、高速で辺りを走り回るのでしょう。

話を戻すとこれもまた配布船です。ワープ速度4倍というえげつないボーナスを持つ船で、そもそもシャトルなので動きも軽快。

だが所詮はシャトル。バブルがあれば引っかかり、スマボに当たれば燃え尽きる、ピクミンのように儚き存在。シャトルなので装備も使えません。私はさすがにハイセク以外でこれに乗る気にはなれませんが、まあハイセクでの移動用にはいいのではないでしょうか。カーゴは通常通り10㎥。

○プライム(Primae)

This is ORE社、な外見

何か特定の物しか入らない専用カーゴ領域を持つ輸送船というのはいくつかありますが、このプライムは私の愛するPI(惑星開発)に使う司令基地というのを運べる専用輸送船です。

PIを始めるには、開発したい惑星のあるソーラーシステムの宇宙空間まで司令基地というのを積んでいって設置する必要があります。その司令基地を積めるのが、このプライムなのです。

司令基地はひとつ1000㎥というクソデカアイテム。こいつを沢山運べるなら確かに便利。さて、プライムの指令基地用カーゴホールドのサイズは?

2000㎥。

書き間違いじゃないです。2000㎥。つまり2個分。おいこら。

なお、一般的な普通の輸送艦にカーゴ拡張をガン積みすると普通にカーゴが10000㎥超えます。えぇ……
あとPIって5~6個の惑星を同時開発することが多いので、司令基地は一度に6個積めなきゃ面倒です。
何気に惑星生産物を1000㎥ほど積めるのですが、PI品は10000㎥単位で扱うようなものですしぶっちゃけ無意味。
他にこれと言って特筆すべき能力も無し。つまりどうしようもなく産廃なんです、この船。

唯一の美点は、変な船にしては安いってことでしょうか。10Mちょっとしかしません。
え、普通の輸送艦? 1Mちょいですね!

次回:インスタについてのお話
映えません。そのインスタじゃないです。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント750,000点(スキルインジェクター1.5個分・トレーニング約15日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #64

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:現在筆者は自分が幼女であるという妄想に取り憑かれています。近づいてはいけません。

It’s me Suzume Laurant.

気がつけば64回目です。
……半端じゃないかって? いやいや、九〇年代後半に小学生だった我らにとって64は聖数なのですよ。いろんなゲームに64という数字がつき、ゲーム中でもしばしば64という数字がフィーチャーされていた。
マリオパーティーの回転系ゲームはスティックブレイカーでした。

そう言えば、ある意味非常に重要なアップデートがありました。
これまで招待用リンクから作成した新アカウントは250,000スキルポイントほど自由に割り振れるポイントをもらえる感じだったのですが、なんとこれが750,000ポイントになりました。マジカヨ。
もちろん、このブログの末尾から飛べる招待リンクでも750,000ポイント入手可能です。この機会にeve onlineを始めてみてはいかがでしょう?

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の目次はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はsisiを使った演習の話です。

テストサーバー、通称sisi。eveにおいては全課金ユーザーに開放されています。
以前の記事でもちょろっと紹介しましたが、こいつはマジぱねえです。ほとんどのアイテムが100ISKで販売されており、なかなか手が出ない貴重な船や装備を使っていろいろ試せる素敵な場所なのです。
eveは装備・船のロストが頻繁に起こるシステム。
そう簡単には「ちょっと試してみよう」ができないわけで、そんな時に使われるのがテストサーバーです。

このsisiを個人で使うのももちろん良いのですが、集団で使うとすごいことができます。

あまり使う機会が無いキャピタル艦の集団運用トレーニングなんかも可能なのです。

キャピタル艦はしばしば大規模戦闘を左右する重要な札ですが、なにしろ高いので「ちょっとキャピタルで遊んでこようぜ。沈むかも知れないけど!」みたいなことはなかなかできませぬ。
しかーし、sisiであれば空母だろうが攻城艦だろうが100ISKで買えるんですからタノシイ重点。
みんなで声を掛け合って集まればキャピタル戦闘の演習をお手軽にやれちゃうのです。

まずはこれ。ドレッドノート(攻城艦)。略称DN。

割と折に触れて使うやつです。
その能力は『とにかくでかいダメージを出す』(ただし小舟には効きにくい)。建造物とキャピタルをぶん殴ることに特化したキャピタルです。攻城艦の名に恥じません。
さらに『シージモジュール』という専用装備を使いますと敵に与えるダメージが爆上がりする代わりに一定時間逃走不可能になる、デッドオアdieな能力を保有しております。
敵のキャピタル(特にSC)を捕まえサイノを焚いてDNをバカスカ降らせ、死なば諸共でぶち殺すというのは非常に浪漫です。
ダメージを与えるだけ与えて後は死ぬ、というのがメインの運用法。なんというハラキリ・リチュアル。

ちなみに画像はレベレーション。別名・メガひよこ。
アマー帝国のドレッドノートなのですが、基本敵にキャピタル艦隊はアーマー防御の艦が推奨されていることに加えレベレーション自体が頑丈で、しかも適正武器がビームなので打ちっぱなしにしやすいと、まあいろいろDNとして優秀なのでおそらく宇宙一使われているDNでしょう。

参考までに、これはみんたま製のDNナグルファー。通称・縦長様。

なんでこんな構造に……

と言うわけで、回復付きのスーパーキャリア(SC。大型艦載機母艦)にDNを降らせて撃ち殺すという訓練をしました。

バブルの中に捕まえたので敵はもう逃げられません。ぶっころせー。

なんかタイタンも見えてますが気にしないでください。

もちろんSCだって別格の火力を持ちます。DNどもも撃ち落とされていきます。DNの火力と、結局逃げられない棺桶ぶりを実感しますね。まあドロップ→シージ→撃つ→死ぬまでの一連の流れを試せたのは良かった。
膨大なHPを持つはずのSCも、これだけDNが居れば普通にやれてしまいますね。

うちのAllyも昔に比べるとかなりDNが出るようになったとは偉い人の弁。
私もメガひよこを複数台出せたりします。

ボーキサイトは不要

で、次は空母の練習です。
空母は英語でキャリアーヴェッセル。略称もそのままCVです。
空母の親玉で値段も10倍以上なのがSCです。

空母はこれまでの記事でもラッティングに使ったりしてましたがもちろんPvPに使ったっていいんです。
DNと違ってサブキャピタル相手でも臨機応変に殴れます。艦載機だけを遠くに飛ばして本体は高みの見物なんてこともできたり。

空母の使う艦載機はものすげー大雑把に分けると『対艦攻撃用』『対艦載機攻撃用(制宙機)』に分けられます。
前者の方は普通の攻撃機だけでなく電子攻撃機の他に、SCのみが使える強力なロングレンジ攻撃機とか、DNみたいにキャピタルと建造物を殴ることに特化した攻撃機もあります。
それを機能させないため、対艦載機に特化したのが制宙機です。
大規模戦だとSCが大量に出てくるので、SCの重爆撃機を機能不全に陥らせる制宙CVが重要になったり。

今回は制宙機同士の制宙戦演習をやりました。
こんな風に2チームに分かれまして……

制宙機グラーム発進!

左が自分の戦闘機の操作パネル。右はロックオン中の敵戦闘機です。

青は味方、紫は同一艦隊。
味方同士で二つの艦隊に分かれて紅白戦してるのでこういう表示になる……

そしてお互い殴り合います。
相手の制宙機を全て叩き落としてしまえば後は敵方の攻撃機を落とし放題。対艦攻撃機の弾では制宙機に有効なダメージを与えられないので(と言うか制宙機の対艦載機・対ドローンダメージに補正が掛かっている)一方的な戦いになります。

全体的に「だからどうした」と言われればそれまでなんですが、重要な局面で万全に動けるよう訓練しておくのは重要でしょう。
ちなみに私はDNにストロンチウム化合物(燃料)載せ忘れてシージ入れられないというポカをやりました。タコス!!

次回:変な船紹介①
普通にプレイしているとなかなか乗る機会が無い? ……かも知れない船を紹介します。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント750,000点(スキルインジェクター1.5個分・トレーニング約15日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #63

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意: 押すな 走るな 死ぬな

Suzume と Laurant が両方そなわり最強に見える。

ロークアル用のドローン(つまり本体)が絶賛値崩れ中です。
鉱石用のやつを見てみますと、まだ年初は900Mちょいで安定してたんですよねえ。それが一時600Mちょいでした。なんてこった。
4/10に例のナーフが入って掘りにくくなるので、ドローンを手放して採掘艦多アカ掘りに切り替える人とかが増えてるんでしょうか。
うーん……材料の供給(ドローン系NPCの残骸サルベージ品)が急に増えるわけじゃないから、正直この値下がりは一時的なものだと思うんですけどね……
発射台が墜ちやすくなったってことはドローンの消失も増えるでしょうし……
ちなみにアプデ直後にチェックしたところ700Mくらいまで跳ねていましたが、多分これは投機マネーによるものだと思うのでこれからの値動きは不明。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の目次はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はWH Gangの話です。

穴があったら……掘りたいっ!

わーむほーるがんぐ……なんだそりゃ、という話から始めましょう。

ここまで私の記事を読んでいる方はまあだいたい理解しているでしょうけれど念のため解説いたしますと、ワームホールっつーのは宇宙にボコボコとランダムに生まれては時間制限で消えて行くワープゾーンです。
現在のカラドリウス領は宇宙の端っこで、「とりあえず何か殺そうぜ!」というヒャッハー団が来るにはなかなか大変な場所なんですが、それでも日々、領土内にボコボコとワームホールが空いてまして、ここを経由して危ないやつらが遊びに来ることも少なくないです。
まあ、いい行き先のワームホールが空けば逆にこっちから遊びに行ったりもしますし、ハイセク直結のワームホールが空いたりするとみんな「輸出じゃー!」「輸入じゃー!」と大騒ぎになりますが。

ワームホールから敵が湧いてくることの恐ろしさは、地理的な条件が無視されてしまうこと。
Intel(敵性侵入報告)をちゃんと見ていても、同じシステム内のワームホールからいきなり敵が湧いてきたりしたらどうしようもないわけです。
なので、でかい船を出してラッティングする前には近くにワームホールが無いかちゃんと調べるのができるカプセラというもの。
まあちゃんと調べてても、いきなり自分がいるシステムに穴が空く可能性はゼロじゃないのですが……

ええ、まあ、それをやっちゃおうというのがワームホールガングです。

拠点とするのはカラドリウスが所有しているワームホールスペース。
ワームホールスペース というのは、他のシステムとゲートの接続が無く、ワームホールからしか出入りできない独立したシステムです。
いろいろ特殊な場所ではあるんですが、その説明は今回は省略。

ワームホールでしか出入りできない代わり、この場所には常にワームホールが空いています。
ハイ・ロー・ヌルセクのどれに繋がる穴がいくつあるかはシステム次第らしい。

とにかく、ヌルセクに繋がる穴が常にひとつはあるんです。それを使います。

まずはワームホールの中で当番している人が移動用の穴を見つけます。
「今日はローセクのこのシステムからうちのワームホールスペースに行けるよ!」みたいな告知が出まして、みんなでそこから移動して集合です。

集合完了したらみんなで襲撃用の船に乗り換えてヌル穴前へ集合。

ワームホールは実は表と裏が決まっていまして、できたてのワームホールは表から一旦通って開封するまで、裏からは見えません。
このワームホールがどこに繋がっているかは、私らも入ってみるまで分からないんですが、向こう側の人は穴の存在自体見えてないんです。

と言うわけでサブレ突撃。

セイバー(sabre)。愛称はサブレ。範囲型のワープ妨害フィールドを打ち出せる、Interdictorという種類の船です。
dictorは空飛ぶ棺桶、ワープ妨害したらだいたいそのまま死ぬか上手く逃げるかって話なので、攻撃性能も堅さもどうでもいいです。そのため、速さに極振りしたみんたま製のdictorであるサブレがベストセラーです。

穴を開けると同時にサブレは周辺システムで獲物を捜索!
穴前に待機してる襲撃メンバーは、行き先のシステムを確認したら、周辺で採掘やラッティングがされていそうなシステムを探して捕獲組に指示を出します。

無事捕獲したらヒャッハータイムです。死ね! ロークアル!
なお、FAX(回復キャピタル)が降ってきて削りきれず、撤退せざるを得なくなった模様。

襲撃失敗したり、味方の領土に繋がって「これじゃ遊べないや」ってなったらダイスを振り直します。

ワームホールスペースには常に穴が保証されていると言いましたよね?
つまり、ヌル行きの穴を潰せば新たにヌル行きの穴が発生するんです。
もちろんできたてほやほやの未開封なので、行き先の人には穴が見えず奇襲もバッチリというあれ。

ワームホールは通過可能な質量が決まっており、でっかい戦艦なんかを通しまくると割とすぐ潰れます。ワームホールを引き直すときは穴潰し部隊が仕事をするのです。

穴が消えるとすぐに湧く新しい穴。
これをスキャナーで特定して……次の穴へGO。

まあこんなことを繰り返して、うまいことカモの近くに穴が空くまで粘るのです。
獲物を探してぶらつくローミングだと「1時間掛けて敵地まで来たのにボウズかよ!」みたいなこともありますが、ワームホールガングだと繋がる先という運の要素こそあれ、比較的お手軽で危ないときの撤退も容易なのが良い。
どこに繋がるか分からないというのもドキドキ感があります。

私はこの日、23時くらいでリタイアしたのですが(私は22時過ぎたら夜更かしというアレな人なので23時でも辛いです)、その後24時くらいにみなさんCV(空母)を一隻沈めた模様。いいなあ。

まあこれ「皆さんもやってみましょう」と軽く言うことはできないんですけどね。
ワームホールスペースを確保したうえで、襲撃に充分な人数集めなきゃできないことなので。
つーわけでワームホールガングがやりたい方は、カラドリウスに是非ともいらっしゃいませー。

次回:キャピタルトレーニング in sisi
テストサーバーでキャピタルを使う練習とかしてみました。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #62

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:声優・役者の名前の方が登場人物名より大きく書かれた予告編を筆者に見せないでください。バグります。

Suzume Laurant オマエ マルカジリ

そう言えば以前もちらっと話題に出したと思いますが、新しいスキルを解放する時にISKで片付けられるようになりました。
以前はスキル本を買ってからトレーニングスタートだったんですけどね。スキル本はヌルセクには売ってないので『あ、やべえこのキャラまだこのスキル本入れてないじゃん!』という時に本が手に入らなくて立ち往生なんてことがままありました。

初期地点に復活地点を設定
⇒自爆
⇒スキル本買って読書
⇒クローンジャンプでヌルに帰ってくる
⇒復活地点をヌルに再設定
という手もあるにはあるんですが、肝心なときにクローンジャンプのクールタイムだったりしてね。

ただスキルトレーニング欄から直接スキルを解放すると、スキル本を使う場合に比べて三割増しの値段が掛かりますのでご利用は計画的に。なるべく安い基礎的スキルに留めておくべきでしょう。
タイタンの操船スキル本とか5.5Bですから、スキル欄から解放すると、えーと7.15B? うげげ。
まあ忘れがちなのは雑多な基礎的スキルしょうからあまり問題はなし。
あと、スキル本の入手経緯が特殊なやつ(abyssal deadspaceで手に入る三角団関係のスキルとかね)はスキル本のNPC販売がないのでスキル欄からの解放もできません。ご注意。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の目次はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回は宇宙のISK総領の話です。

銀河経済伝説

前回のブログでは、人気の金策手段がことごとく弱体化されますよという話をしました。

「運営はプレイヤーをいじめるのが趣味なの? ドSなの? 死ぬの?」

……敢えて反論は致しませんがこれもちゃんと意味のある修正です。

NPCを倒すラッティングは、ヌルセクにおいて非常にベーシックな金策です。
こうしている間にも、1秒に数十万人のNPCが宇宙の藻屑と消えていることでしょう(戦艦クラスの乗組員は数千人らしい)。可哀想なNPCに愛の手を。え~し~。
なんという命の軽い世界。

ラッティングはプレイヤー間でISKをやりとりする商取引と違い、システム的には完全に無からISKを生み出す手段です。
ラッティングは宇宙全土で絶え間なく行われていますから、宇宙全体のISKは絶え間なく増えているということです。するとどうなるのでしょう?

宇宙にISKが溢れると、ISKの価値は相対的に下がります。
自分がISKを稼いでいる間に、他の人もガンガンISKを生産しているのですから。
NPC売りのアイテムがものすごく少ないeve onlineにおいて、アイテムの価格は流動的です。みんながISK持ちになればアイテムは気軽に買われるようになり、ISKとのバランスが取れるまで値上がりします。そう、インフレーションです。

リアル経済において健全なインフレーションが発生すれば景気の好循環が生まれるのですが、NEW EDENの場合、このままでは多くの不具合が発生します。
ISKの価値が下がってもNPCから得られるISKは同じ……つまり、同じアイテムを買うために今まで以上に労働しなければならなくなるのです。宇宙の誰にとっても等しく苦しく、しかもニュービーへの優しみは皆無です。裸一貫からラッティングで稼ごうという人にこれは厳しすぎます。
私なんかはもう主に生産で稼げる態勢(多アカ・スキル・元手)ができてるので、材料がインフレしたところで最終生産物もインフレするだけであんまり関係無いんですけどね。

現在のeve onlineは無からISKを生み出す手段が比較的優勢です。
ラッティングもそうなんですが、保険もやばいです。キャピタルともなると『掛け金200M突っ込んで、轟沈したら600M返ってくる』みたいなえぐいことになります。使ってる本人にしてみればトントンなんですけど、ISK総量という面で言えばやべーことになります。
と言うか掛け金無しでも船体価格に応じて自動的にいくらか返ってくるシステムなので沈めば沈むほど宇宙全体のISKが増える……
(経済を俯瞰して見るなら、掘られた鉱石がISKに変換されているわけですね)

対してISKの消費手段は非常に限定されています。
保険期間中に船が沈まず掛け金が無駄になった場合とか、NPCステーションで注文を出すときの手数料(価格の2~2.5%)とか、アイテム販売時の収入税(1%)とか、スキル本とか……
【後日追記】そう言えば領土の維持費なんかもありました。
どう考えても回収が足りないんです。そこでISKの増殖を絞りに来たんでしょう。

ロークアル弱体化はあれですね、今まで強すぎたのでもうちょっと絞ろうみたいなのもあるみたいですが、前述の通り、鉱石も巡り巡ってISKになってしまうわけでそこを止める意図もありそうです。

「え、待ってそれ単にシステム的にISKを消費する手段を追加していけばいいんじゃないの?」

…………

まあ多少の緩和はできてもまだバランスは取れていないと思いますので、またどこかで調整が入るのではないかとボブは訝しんでおります。

次回:WH Gang!
今度こそWHの話をします。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #62

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:誤嚥の危険は特にありません。

しんじようが しんじまいが わたしは Suzume Laurant 。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の目次はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はWH Gangフリートの話をする……予定だったのですが、大規模な調整を含むアプデの予告がありましたのでそっちの話をします。

春のバランス調整祭り

Spring Balance Update Incoming! | EVE Online

eveは言うまでもありませんがオンゲです。
新要素がぶっこまれるだけでなく、既存のあれこれに調整が入ることもままあります。
それまで見向きもされていなかった船が超強化されて一躍戦場の主役に……
なんてことも結構あります。

ただ、この度運営から告知されたアプデはいろいろと不景気なあれです。
私のブログ記事の過去の記述も古くなるものが出たりしそう。
以下に運営ブログの調整予定翻訳を出し、その調整がどんな意味を持つのか未プレイの方にもある程度分かるよう解説していこうと思います。

なお翻訳をしてくださったのは羊社所属のIsaさんです。感謝。

バランス調整・サブキャピタル編

Medium Beam Lasers(中型ビームタレット)
Optimal Range increased 10%
最適射程距離10%増加

Harbinger(ハービンジャー)
Powergrid increased to 1550 (was 1425)
パワーグリッド1425から1550に増加

Abaddon(アバドン)
Bonus to Large Energy Turret damage increased to 7.5% per level (was 5%)
エネルギータレットのダメージボーナスが5%/LVから7.5%/Lvに増加

Cyclone(サイクロン)
CPU increased by 25
CPUが25増加

Caracal Navy issue(カラカル海軍仕様)
Drone bay and bandwidth increased to 25m3
ドローンベイと帯域25m3ずつ増加

Corax(コーラックス)
PG increased to 53 (was 48)
パワーグリッド48から53に増加

強化が入るのはPvP向けの船ですね。
正直、微調整という気が。
アバドンのダメージボーナスが最大で5×5=25%⇒7.5×5=37.5%になったのは凄いんですが「ダメージボーナス増えた程度で使ってもらえるのだろうか」とは某氏の弁

Vexor Navy Issue(ベクサー海軍仕様)
Bonus to Drone Max Velocity removed
ドローンスピードボーナス削除
Signature radius increased to 145 (was 135)
シグネチャが135から145に増加

みんな大好き金策のお供、VNIが弱体化されます。
VNIは戦闘サイトに飛んだらドローンを展開し、サイトの中心部に長距離オービット(旋回)を掛け、MWDを噴かして高速グルグルし続け攻撃を躱す態勢に移行。あとは放置していればドローンが敵を倒してくれるという感じでやります。
しかしドローンスピードにボーナスが付かなくなったことで殲滅速度は低下。さらにシグネチャ半径(ダメージや回避率に関わる、『艦船のレーダー上の大きさ』)が大きくなったことで受けるダメージが増えてしまいました。

Gila(ギラ)
Drone HP role bonus reduced to 250% (was 500%)
ドローンHPボーナスが500%から250%に削減

こちらも人気の金策艦。ミディアムドローン2機しか出せない代わり、ダメージとHPに狂ったボーナスが付くギラです。
HPが+500%(つまり6倍)になるはずだったんですが、3.5倍に弱体化されました。正直あまり変わらん気がするけど……まあVNIほどお手軽に手に入らないしネ。

Ferox(フェロックス)
Max Velocity reduced to 145 was (150)
最高速が150から145に減少
Mass increased to 14250000 (was 13250000)
艦船質量が13250000kgから14250000kgに増加
Agility reduced to .66 (was .63)
慣性修正乗数が.63から.66に増加
Signature Radius increased to 325 (was 295)
シグネチャが295から325に増加

PvPで人気の巡洋戦艦フェロックスにナーフが。とにかく遅くする方向で処理されシグネチャも増加。
まあ強すぎコスパ良すぎなのでこれくらいは致し方なし……

Logistics(ヒーラー)全般
We are planning to introduce a new diminishing returns system for the effectiveness of all remote repair and capacitor transmitter modules.
全てのリモートキャパシタトランスミッターモジュールとリモートリペアモジュールに新たな減衰システムを追加予定

これまたPvPのお話。HPもMPも回復効率が落ちます。

バランス調整・キャピタル編

FAUX(キャピタルな回復艦。FAXとも)
We are planning to introduce a new diminishing returns system for the effectiveness of all remote repair and capacitor transmitter modules.
全てのリモートキャパシタトランスミッターモジュールとリモートリペアモジュールに新たな減衰システムを追加予定

FAXも回復能力が落ちます。

DN(攻城艦) TT(タイタン)
Reduce damage multiplier for all High Angle Weapons by 50% and give a corresponding 100% increase to HAW damage from Siege Mode.
高角砲のダメージが50%減少 シージモジュール入れると100%増加するように変更

ここはPvPのお話。
クソデカい相手をぶん殴るのがお仕事であるDN/TTは小さい相手を殴るのが苦手なんですが、それがさらに苦手になります。
ただDNは死なば諸共モードに変形すると今まで通りのダメージ出る模様。

CV/SC(空母)
Increase explosion radius for all fighter attacks by 15%. Reduce explosion velocity for all fighter attacks by 30%.
全てのファイター攻撃の爆発半径が15%増加し爆発速度が30%減少
Along with the changes to fighters, we want to add more risk to using the very powerful Networked Sensor Array by disallowing ship warp while the NSA is active.
ネットワークセンサーアレイ起動中はワープ不可

いよいよ本題という感があります。PvPに金策に大活躍の空母ですが、戦闘機の攻撃が小さい敵に通じにくくなります。CV単体で少数の敵に突っ込むような遊び(クソドロップ)はやりにくくなりますかね? もちろん戦闘サイトの処理速度も下がってしまいます。
さらにCVSCのロックオン速度を爆上げするネットワークセンサーアレイを起動中はワープで逃げる事ができなくなってしまいます。PvP,PvE問わず殲滅力を高めていたのですが、付けっぱなしにしてると「ヤバイ!」と思った時に逃げられないわけで……しかもこれ一旦起動すると1分は付きっぱなしになるんですよねえ。
金策中の空母がお亡くなりになる事故が増えそうです。

Rorqual(ロークアル)
Reduce the bonus to shield booster amount provided by the Industrial Core to 60% T1 Industrial Cores and 75% T2 (was 120% and 140% respectively)
インダストリアルコア起動中のシールドブースターボーナスが120%から60%(T1),140%から75%(T2)にそれぞれ減少

採掘支援母艦ロークアルはナーフが多すぎるので項目ごとに解説していきます。
ロークアルはインダストリアルコアという「5分間逃走不能になるけど採掘力爆上げ」なデッド・オア・Ore(オア、つまり鉱石)な装備を着けられます。
起動中はシールドの自己回復力も爆上げしていたはずなのですが、それが弱まって脆くなってしまいます。

Reduce the base duration of the PANIC module to 4 minutes, up to 6 minutes with max skills (was 5 minutes base)
パニックの起動時間が5分ベースから4-6分に変更(スキルレベルによる)

これもロークアルの特長、一定時間無敵になれるPANICモジュール。こいつで無敵になってる間に救出フリート編成すれというやつなんですが、これまでスキルによって5.5分~7.5分だったPANICの効果時間が短縮されてしまいました。なんじゃとう。

‘Excavator’ Mining Drone base mining yield decreased to 800m3 (was 1000m3)
掘削型採掘ドローンの採掘ベース量が1000m3から800m3に減少
‘Excavator’ Ice Harvesting Drone base cycle time slowed to 310s (was 250s)
掘削型アイスドローンのベースサイクルタイムが250秒から310秒に増加
Excavator drone volume increased to 1100m3 (was 750m3) and Rorqual dronebay volume increased to 8800m3 (was 6000m3)
掘削型ドローンの体積が750m3から1100m3に増加しそれに伴いロークアルのドローンベイが6000m3から8800m3に増加

あまりにも高すぎて「こっちがロークアルの本体。あれはただの発射台」とさえ言われるロークアル専用採掘ドローン。
その採掘力がだいたい20%OFFです。なんということ。
さらにドローンそのもののサイズが大きくなり保全が難しくなりました。どういうことかといいますと、敵に襲われた時は発射台が沈んでもいいようドローンをモバデポ(前回記事で紹介しましたね)に突っ込み、壊されないようにするという手が使われていました。あれ無敵時間ありますし。
ところがモバデポは高級品でも4000㎥しか入りません。ロークアルはドローン5匹編成で掘るものですので、750×5=3750㎥<4000㎥ですっぽり収まったはずが……おいおい。

Increase the bonus to mining foreman burst strength provided by the Industrial Core to 30% for T1 Cores and 36% for T2 (was 25% and 30% respectively)
インダストリアルコア起動中のマイニングフォアマンバーストの強度が25%から30%(T1),30%から36%(T2)に増加

一応、強化もあります。
ロークアルはサブキャピタルの採掘艦にバフを飛ばし採掘力を上げることもできるのですが、そのバフ強度がアップするというあれです。
ロークアル1隻を中心に採掘艦を多アカで並べる掘りスタイルがローリスクミドルリターンになりそうな感じ?

保険関係
We have adjusted the insurance contract cost and payout multipliers for many ship classes, with larger T1 ships generally receiving lower multipliers than smaller ships. This change will be most significant on supercarriers and standard capital ships, which will see their insurance contract costs and payouts reduced by approximately 50% and 33% respectively.
コストと払い戻しがsuperが50%減 capitalが33%減
他のT1shipも調整される ただし大きい船ほど減少幅が大きくなる

ここまでのキャピタルナーフとセットになっているのがこれ!
CVやロークアルはプラチナ保険を掛ければ、撃沈されても船体価格がほぼ返って来るという特徴がありました。つまりクソ安い装備品だけ持っていけば撃沈上等で扱えたわけですね。しかーし、それがなくなるのです。

Q.「要するに何が始まるんです?」
A.「スタグフレーションだ」

まあ今度の調整で何が起こるかと申しますと、現在主流の金策手段がことごとく弱体化されるということですね。
(CVは金策潰しと言うより、現状だと単体ゲートキャンプに強すぎることからワープ不可にしたという面が強いようですが)
どれもこれもまとめてナーフされるので、調整されようが相対的に有効な金策手段は変わらないわけですが……
他にも実は、既に戦闘サイトの湧き間隔が長くなるという修正が来ていたりするんですよねえ。とにかく宇宙全体の金策効率が落ちるのは確実でしょう。しかもロークアルの掘り能力が下がるので船の値段は上がりそうというアレ……

次回:雀でも分かる宇宙経済学 ISK総量編
運営はなんでこんな調整をしたのか? という話を読み解いていきます。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。