0.0情報

日本人初Keepstar

忙しいと思っていたらあっという間に一週間経ってしまったが、一応改めて書いておこうと思う。

 

もう大体の人は知っているとは思うが、Caladrius AllianceはついにKeepstarをおっ立てた。

アジア初はFRTにとられてしまったが、日本人初ではある。

投票の結果名前はDexstarになった。

どうもデス・スターっぽい語感が人気らしい。

しかしメンバーの皆には謝らねばならぬことが2つある。

1つはさんざん働かせておいて置くまでに随分時間がかかってしまったこと、

もう1つはこれが自分たちで作った物と別の物になってしまったことだ。

 

このプロジェクトは去年の9月に正式に始まった。

目標を年内、最終締切を年度末と設定した。

寄付金を集め、内外からPIを買い集めた。

Super持ちはRattingで稼いでどんどんお金を入れてくれたし、それ以外の人も多くがPIで協力をしてくれた。

Branchで安く売られているP1を買って加工することもあった。

 

そうして、実はKeepstar第一号は11月の終わりに出来上がった。

 

しかしここからが長かった。

12月は皆忙しいしクリスマスは危ないから見送り。

1月は年明け直後はやばいから少しまとうと思っていたらGoonが攻めてきてそれどころではなくなった。

終戦後、Coalitionレベルで以前から話に上がっていたDO6へのStaging変更の話が持ち上がった。

帰るついでに今このまま全軍を動かしてしまいたい。

我々はその方針に乗り、手元のKeepstarを提供した。

MTOの時にはMOAのものを使っていたし、今度は自分たちの番というだけだった。

だから、我々のお手製のKeepstarはDO6にあるあれなのだ。

 

数日後Sortは言った。代わりのKeepstarを用意した、と。

早いなと思った。

場所はAmarrかどこかのLowだった。早いはずである。

たまたますぐにTenalへの穴が開いたので、極秘でフレイター輸送を敢行した。

 

そしてこの直後、Blades of GrassがGOTGを去ることになる。

これによってCoalition内で少しStagingの変更があり、Branchに新しいKeepstarが必要になった。

この時は迷ったが、結局Branch全体がしっかり守れている方が大事だろうと考え、また渡すことにした。

 

少し経って新しいKeepstarが届いた。

そしてようやく建てることができた。

 

 

 

最近は結局LowがNullに吸収され、Nullに活動場所を持つ日系Corpも増えた。

しかし、大きなCoalitionの中で1つのAllianceとして存在し同じフリートに入る、そういったやり方を取っているのは我々だけだ。

だから、大きな戦いにメインフリートのメンバーとして参加する機会を作りつつ、たまにこうしてAllianceらしいプロジェクトをやっていくこと、それがCaladrius Allianceの唯一の道なのだと思う。

Keepstarも1つだけで終わるつもりはないから、期待していてもらえればいいと思う。

Athanorできました

もう1日経ってしまいましたが、第一弾10何基か、1つだけ少し撃たれものの無事全部立ちました

結構かっこいい

 

何枚か必要ないBPOが出たのでJitaかその周辺で少し安く買いたい人を募集しています

興味があればIngame ch dangoやSAKUM

またはDiscordでbel#4197までお問い合わせください

[Translated] MTO2-2 My Big Toy was There

This is translated version of post submitted by our titan pilot.

The original post can be found here.

 


A.D.2014/1/28, YC116/1/28

I was flying a crow in B-R5RB in Immensea, in the midst of the biggest capital fight ever.

I saw multiple doomsday device firing. I saw swarms of fighter bombers destroying ships.

However, my crow was completely powerless in the fight.

In such a heavy TiDi which I couldn’t even control my ship, I swore.

I swore to become not the one watches DDs, not the one gets DD’d, but the one uses DDs.

 

 

AD.2017/10/11

The operation began with the defenders bringing their capital fleet into MTO.

The massive capital fleet led by Sort Dragon himself jumped into the system through the gate.

I was there, in my Nyx, Apostle, and Erebus.

Indeed, after four years, I finally became the one to project the super weapon to enemy forces.

DRF had anchored bubbles around the gate in order to distract us, but it didn’t matter.

GOTG deployed its fleet on the Keepstar.

 

As soon as the citadel was anchored and started repairing, DRF lit multiple cyno and small groups of Dreadnoughts jumped in.

Meanwhile, DRF Abaddon fleet and Machariel fleet warped into the grid.

The intention was obvious.

Normally, fleets show their capability when used together but they did not do so.

The reason is that they tried to force us to kill group by group, and ultimately make enough time to kill the Keepstar.

 

After a while, FC gave an order to use it.

I picked a Naglfar and hit Autora Ominae.

The Naglfer exploded.

 

As hostile dreads were 150-250km from me, blaster was useless.

I refitted to railguns and shot dreads which were on the verge of death by DDs.

I killed quite a few dreads.

I projected DD on a Naglfer again after a short time

This Naglfer also got removed from the field in a moment.

 

However, the capital fleet as a whole didn’t work very efficiently.

The main reasons were target duplication for DDs and TiDi was so bad that we couldn’t control fighters.

Three squadron of Cyclops dispatched from my Nyx did not reach hostile dreads before DT.

Even worse, they were wiped out by hostile machariel fleet.

 

After DT, GOTG logged in from Titans.

DRF too logged in their fleets and reopened fire.

 

About ET12:20

DRF brought second wave of dreads.

At this point, GOTG started target call for DD.

I hit DD again.

The target call continued throughout the battle.

It was around this time that Keepstar bled to low hull and the situation became somewhat more serious.

 

About 12:40.

Another squad of capitals appeared 300km above the citadel.

Since this is out of range of titans and supercarries couldn’t use their fighters, they were left hitting the Keepstar.

Without capitals in range, I decided to put pressure on hostile machariels.

 

13:10

GOTG dreads warped onto and destroyed the hostile capital squad.

 

13:30

It was clear that the Keepstar was going down at this point.

But the fleet have to take the gate and go home.

We put all the effort to kill as many hostiles as possible.

 

14:02

Keepstar exploded.

Both side withdrawn shortly.

The first battle finished with GOTG claiming ISK win and DRF comleting the strategic objective.

 

 

Oct17.

Another fight happened around GOTG Fortizar anchoring in the system.

GOTG had been hitting towers and citadels around the region after the first fight.

ET19:50

Just about the same time as the Fortizar started to repair, TEST jackdaw fleet ran into a bubble on the grid.

GOTG machariels warped in to take advantage of it while its capital fleet is still jumping into the system.

We killed TEST’s main FC,pgl, but it became clear that this was a trap.

DRF/TEST bomber fleets launched their bombs wave after wave.

Being exposed to overwhelming damage, GOTG Machariel fleet took a huge loss.

 

However, PL Supercapital fleet entered field and warped to the citadel.

GOTG capitals also warped close to DRF battleships and unleashed their firepower.

 

DRF fleet were foreced to withdraw and GOTG achieved its strategic objective, to anchor a Fortizar and set up a beachhead in Perrigen Falls.

 

MTO2-2 My Big Toy was There.

A.D.2014/1/28, YC116/1/28
私は1隻のCrowを飛ばしていた。場所はImmenseaリージョンのB-R5RB
現在に至るまでNew Eden最大のCapital戦として記録されているTitanomachy、日 本では家賃滞納戦争として知られている戦い。

目の前では無数のDoomsday Deviceが放たれ、彼我のFighter Bombersが入り乱れていた。
だが私のCrowは、目の前で繰り広げられている戦いに対して、全く、そう、完全に無力だった。

私は操艦さえままならぬTiDiの中、一人誓った。いつか、必ず、Doomsday Deviceを眺める側でも、浴びる側でもなく、撃つ側になると。

 

AD.2017/10/11
GOTGがアンカーしたKeepstarの1st Repair Timerをめぐる戦いは、GOTG側がCapital FleetをMTO2-2へ突入させるところから始まった。

GOTG側は総統のSort Dragon自ら陣頭に立ち、動員した膨大な量のCapitalをHD-JVQより、スターゲートを経由してMTO2-2へ突入させていく。
その艦列のに私のNyx、Apostle、そしてErebusはいた。
そう、あれから4年。私はついに撃つ側になったのだ。

DRF側は、GOTGの突入を妨害するべく、スターゲート周辺に多数の設置型バブルを展開していたが、GOTG側はこれを難なく排除。
建設中のKeepstarへ各艦隊を配置した。

KeepstarのReipair Timerが始まると同時に、Keepstar周辺に多数のCynoが展開され、
DRFのDreadnoughtが数隻単位の小集団となって突入してきた。
同時に、DRFのAbaddon FleetとMachariel FleetもKeepstar周辺へワープ、ここに戦いの火蓋は切って落とされた。

DRF側の意図は明らかであった。
本来、艦隊は集中運用することによって、最大の破壊力を発揮する。
それをあえて分散したのは、各個撃破させることによりDreadnoughtが全滅するまでの時間を稼ぎ、
その間にGOTGのKeepstarを破壊するためであった。

しばし相手の意図を図っていたFCより、ようやくDoomsday Deviceの発射許可が下りる。
私は手近なNaglfarを目標に選び、Aurora Ominaeを起動する。

この1隻目のNaglfarはAurora Ominaeにより轟沈した。

敵のDreadは私のErebusからは約150-250kmの範囲に展開していたため、ブラスターでは残念ながら有効打を与えられなかった。
そのため私は砲をブラスターからレールガンへと切り替え、DDDにより瀕死となった敵Dreadへ火力を投射することにした。
これにより少なくない数のDreadに止めを刺すことができた。

程なく、Doomsday Deviceの第二射目が射撃可能となったため、これも手近なNaglfarへ発射し、
このNaglfarもまた、一撃で轟沈した。

しかしながら、全体としてはGOTG側のCapital Fleetは運用効率が低下し、
DRFのDreadの第一波をDownTimeまでに殲滅することはできなかった。
主な原因はDoomsday Deviceのターゲットの重複、
そしてTiDiにより、SuperCarriorのファイターが操作不能となったことであった。
私のNyxより発進した第一次攻撃隊のうち、Cyclops 3個中隊はTiDiのため敵Dreadまで到達することに失敗し、
逆に敵Machariel Fleetに捕捉され、一瞬で全滅した。

DownTime明け、GOTG側はTitanから順にログインを開始、
DRF側も順次ログインし、戦闘は再開された。

ET 12:20過ぎ
DRF側のDreadの第二派が突入。
ここで、GOTG側はDoomsday Deviceの統制射撃を開始した。
すなわち1隻の敵Capitalに対し、1発のDDDを発射、瀕死となった敵をSuperCarriorとTitanのタレットで止めを刺すというわけだ。
私のErebusもここで指定されたターゲットに向けDDDを発射、以後、この統制射撃が戦いが終了するまで実施された。

このあたりで、KeepstarのHPが徐々に削られ始め、緊迫した空気が漂い始める。

12:40頃
敵Capitalの一群が、Keepstar直上、GOTGのCapitalFleetから330km付近に現れる。
この距離はTitanが攻撃不能な距離であり、SuperCarriorのファイターもTiDiにより不調なため
GOTG側はこの一群に対してこの時有効打を与えることができず、一方的にKeepstarを攻撃されることとなった。、

このころ、Erebusの射程内に敵Capitalが1隻もいなくなったため、敵Macharielへレールガンを発射。
うち何隻かに有効打を与えることができた。(撃沈まで至らなかったものの、瀕死に追い込んだものも何隻かあった。)
Subcap戦でやや押されていたこともあり、有効打が出るならばとこの後敵Capitalが射程内にいない場合積極的に敵BSへ火力を投射した。

13:10頃、直上330㎞の敵Capital群へGOTGのDreadがワープにより突撃、これにより直上に陣取っていた敵Capital群は殲滅された。

13:30、もはや建設中であったKeepstarの運命は明らかであった。
だが、それでもFleetはゲートを超えて帰らねばならない。
そのためにKeepstarを懸命に攻撃する敵を、この後の30分、1隻でも多く屠ることにGOTGの全力が注がれた。

14:02 Keepstar 爆散

この後、DRF、GOTG共に艦隊を撤収させ、第一次MTO2-2戦はGOTGの戦略的敗北、戦術的勝利という形で終了した。

2017/10/17
第二次MTO2-2戦はGOTGのFortizar 1st Repair Timerを巡って行われた。

10/11からの数日間、GOTGは周辺宙域で作戦を展開、いくつかのPOSを破壊し、
MTO2-2に設置されていた、TESTのFortizarもRFに入れられた。
そして10/10、作戦は発令され、Fortizarのアンカーが開始された。

ET 19:50
FortizarのRepair Timer開始とほぼ同時に、TESTのJackdaw FleetがForti周辺に展開されていたバブルに突入。
Capital Fleetはゲート通過中であったが、これを好機と見たGOTGのSubcap FleetのFCは、Machariel Fleetを突撃させる。

結果、TESTのメインFCであるprogodlegendを撃沈したものの、これはDRF/TESTの罠であった。
突撃し、突出したGOTGのMachariel Fleetへ向けて、DRF/TESTのBomberによる爆撃が開始される。
この爆撃で投下されたBombの量は凄まじく、これによりGOTGのMachariel Fleetは壊滅した。

しかしながら、この直後、Pandemic LegionのCapital Fleetが現れ、リペア中のGOTG Fortizar直上へ展開。
GOTGのCapital Fleetも敵Machariel Fleetの至近距離へワープで突入し、DRFのSubcap Fleetを殲滅していく。

DRF側のMachariel・Abaddon両FleetはCapital Fleetの火力の前に退却を余儀なくされた。
結果、GOTG Fortizarのタイマーは守られ、MTO2-2に橋頭保を築くという戦略目標は達成された。

 

[Breaking] GOTG going to…WAR!

昨日から情報出回ってるから今更感物凄いですが、我々Caladriusの所属するGOTG CoalitionはDrone Legion Federationに対して攻撃を開始しました。

宣戦布告の代わりにDARKNESSがMTOにKeepstarを置くサプライズで幕を開けました。

これにより今起こっているBlue Donut Warは

GOTG vs DRF(北部

TRI/FRT vs DRF/Legacy(東部?

PL vs Legacy(南部

と、かなり戦線が広がりました。

さて、Keepstarタイマーはなかなかいい戦いでしたが、戦闘に関しては多分他の人が書いたほうが面白いと思うので、もうちょい裏側の話をしたいと思います。

 

元々GOTGとDRFの関係は良好なはずでした。

DRFの一部でもあるTRIが攻撃してきたときも、DRF全体としては敵対はしないということで皆納得していたように思います。

状況が変わったのは7月ぐらいからです。

この時期からJayという人間(Jay本当に多いな)がDiploになり、DRFの盟主XIXのリーダー、UAxDeathと直接連絡がとれなくなりました。

一方でJayはGOTGを相互防衛同盟(FCONとかと結んでいたやつ)に誘ったもののGOTGはこれを拒否、合意に向けて裏で色々な動きをし始めました。

 

まず最初に情報操作を試み、GOTGのNo.2であるBokiとSortの間に不和を生もうとしました。

具体的な内容としてはBokiがGoonのスパイだとかなんとか言っていたとか?

当然の如く失敗に終わり、逆に自分がSortの不信感を買うだけに終わりました。

 

次がTESTによるGOTGへの攻撃。

これは最終的にGoonも参戦し、北部連合との戦争になりましたが、始まりはDRFがTESTに領土内のFortizarを渡したことでした。

そしてこの拠点Fortizarがあったシステムが今回の舞台となるMTO2-2でした。

領土を攻撃拠点に使うことを許すというのは直接攻撃するのと意味合いとしてはほぼ等しく、この時点で少なくとも良好な関係と言うことはできなくなりました。

更に、後にこのシステムを薦め、最終的に承認したのがJayであったことが判明したそうです。(そうだというのは特にログを見たことがないのでわからないということです。もしかしたらプロパガンダ的な含みがあるかも?)

 

そして最後にPhoenix Federationの吸収とLegacyと協力してのTriumvirate.の破壊作戦。

TRIとGOTGの関係は悪く、本来はどうでもいいはずでした。しかし問題はTESTと協力したことです。

これは下のMAPで上の方にある黄土色っぽいVale of Silentから一番下の青い部分、Paragon Soulまでが全て味方になったということです。

 

更に彼らはGoonと戦う気も、北部連合と戦う気もありませんでした。

つまりNullのすべてを味方にしようとしたのです。これが所謂Blue donut。

Nullは金と戦争の世界であり、外縁でありながらEVE経済の中心でもあります。

Nullから戦いがなくなるということはNullが死ぬということで、これはEVEそのものの終わりに直結するものです。

幸か不幸か、GOTGの幹部にそれを支持する者はいませんでした。

 

その後特に反対が出ないまま開戦を決定し、9月の終わりにKeepstarのアンカーが決定されました。

 

何でMTOなのかとか、Keepstarアンカーで開戦のモデルケース的な意味とか、リアル忙しい時にやめてくれよとか、色々思うことはまだまだありますが、あんまり長いのもあれなので今日はこのあたりで終わろうと思います。

 

戦闘については書かないと言ったものの、戦いの後の眠れないテンションで書いてるのに何もなしは寂しいので、代わりに画像を置いておきます。

 

それではおやすみなさい。

fullscreen