CaladriusAlliance その他 投稿一覧

2016/5/20 7-Kの大敗

更新日:

DelveにREDがやってきた。その衝撃のニュースはCaladrius Allianceに衝撃を与えた。

Delve Reigonから悪いロシア人であるR.I.S.K.を数度の戦いののち追い出し、いいロシア人であるFreedom Amaong the Stars(以下FAS)を以下のシステムに入植させることに成功した。

何度かCaladriusの艦隊が壊滅した気がするが、戦略的にはFASの占領が成功したので良しとしよう。

22cb8b87b787b57b536bb3f8e8cb41a4

だが、KBAK-IシステムのStationをすごく悪いロシア人であるRED Alliance(以下RED)がReinforceに入れ、そのReinforce明けが日本時間5月20日22時30分となることが判明した。

9713b7570fc500e2eea7a0d5797e986b

この拠点はRISKを保護していたRedにとって急所となるシステムである。なぜならばここはPeriod BasisからJumpfreighterを直接飛ばせるシステムであるからだ。

前はREDの属領であるRISKが管理していたため特に心配してはいなかったのだが、RISKが崩壊し、REDと敵対的なFASがこのシステムを占領したため、REDは対応する必要が出てきたのだと我々は予想している。

 

KBAK-I Station Timerの戦い

Caladrius AllianceはReinforceタイマーが明ける前に、Gila-Basilisk Fleetを編成し、いいロシア人であるFASと合流するため、NPC NullであるYZ9-F6へと向かった。

YZ9-F6でFASと合流し、日本人-ロシア人混成フリートが編成された。

だが、ここで最大の問題が発生する。FASはCEOしか英語が理解できず、我々日本人にはロシア語が理解できる人がいない。Fleet Chatはロシア語と日本語と英語がまじりあうカオスと化し、指揮系統に混乱が生じた。

この事態を乗り切るために、一時的にFASのFCをJoint FleetのFCにすることにした。これで当面の指揮の問題は解決された。

Scoutの報告によればREDのFleetは7-KシステムのUEXO GateにてCerberus Fleetを編成し待ち伏せしてるとのことであった。

FCは待ち伏せされている状況であっても、打開できると判断し、7-Kに突入することを決断した。そしてFCのJumpの指令とともに約20隻のGilaと5隻のBasiliskが7-KへとJumpした。

FCがAnchor UP(FCの船にOrbit 1000、もしくは500すること)を支持し、我々はそれに従った。だが、姿を現した瞬間30隻のCerberusから放たれたECM Droneが一斉にBasiliskへと襲い掛かった。

ECMの前にBasiliskはCAP Chainを切られ、DPSのNeed Shieldの要請にこたえることができず、CerbrusのHeavy Missileによってバラバラに引き裂かれた。

Logiを失ったことを確認したFCは各自脱出を支持し、全員システム内のSafe Spotに潜伏し、Safe Log offした。

CaladriusはすべてのBasilisk、Vulture(なんでこんなものに乗っていったんだ?)、そして数隻のGilaを失った。

だが、戦いはまだ続くのであった。

http://evf-eve.com/services/brcat/?s=4790&b=7039440&e=150&t=bvve

 

KBAK-I I-HUB Timerの戦い

次の防衛目標はKBAK-IのI-HUB Timerであった。

このI-HUB Timerの戦いに勝利すれば先ほどのStationでの敗北も巻き返せる可能性がある、そう我々は考えていた。

同盟相手のFASは「お前らのLogiは信用できないから全員Gilaに乗ってきてくれ」というものの、こちらはECMに押しつぶされた旨を伝えた。だが、ロシア人には日本人流のIIWAKEに聞こえたようだ。

第二戦も同じような戦いから始まった。

UEXOから7-K へとJumpしたものの、すべてのLogiへとECM Droneが殺到し、CAP Chainを切られ、REPもできない状態になった。

FCは状況を察し、撤退を指示した。そして、同じ状況が繰り返された、すべてのBasiliskは敵に捕捉され、撃沈した。

敵がBasiliskへと集中している間に、メインDPSのGilaは撤退することに成功した。

http://evf-eve.com/services/brcat/?s=4790&b=7039590&e=60&t=bvvb

 

 

この苦い2つの敗戦を我々は抱えたものの、戦略的には何とか五分まで持ち込んだ。

裏でEntosis戦を行った結果として、REDは1つのStationを得ることしかできなかった。

 

当面は我々にとってのどに刺さった骨である、KBAKのRED所有のStationを巡った戦いが展開されることだろう。

-CaladriusAlliance, その他, 投稿一覧

Copyright© -000- 報告書 EVE ONLINE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.