Null Secの現状―Tribute War

Twitterのほうでも書いたが、Tribute Warが佳境を迎えている。だが、Null Secになじみのない日本人にとってはそもそもTribute War自体が知られていないだろう。

そこで、Tribute Warの説明をしながら、もう一度Null Secの現状を整理して説明したいと思う。

 

Null Secの勢力MAP

1.MBCの解体とDelve Ⅴ

WWB、Delve Vの結果Imperiumは北部から南部へと地盤を移し、旧N3陣営…Northern Coalition.(NCdot)Pandemic Legion(PL)を中核とした陣営が旧Imperium領土を切り分け北部へと展開した。

alliancemap

現在のCoalition配置図

WWBののち、数か月はこの配置で安定していた、しかしDelve Vが集結し、Imperiumも領土が落ち着いたらMBCの崩壊がゆっくりと始まった。

 

2.NCdotの野望

北部一帯からImperiumを追い出したMBCはImperium領土を切り分けたのち、さっそく内部分裂を始めた。といってもNCdotが様々な厄介ごとを起こしてるだけとも言えるのだが。

そもそもの発端はNCdotが「ISKがほしい!月をよこせ!!!!」といってMBCのメンバーであったMordus Angels(MoA)のMoonを奪い取り始めたことにある。それに対し、MoAはマジ切れして「何が何でも戦い続ける!」とのコメントを出していたが、数週間後にNCdotの勝利宣言でこの戦争は終結した。Pure BlindのR64はNCdotの手に落ちた。

NCdotはMordus Angelsから月を奪った後しばらくの間おとなしくしていた。

だが、彼らが静かにしているはずがなかった。NCdotはPLを中核としたPan Famと手を組みFadeを抜け出し9月末にCircle-of-Two(CO2)の領土―Tributeへの侵攻を開始した。

coalitionmap

このTributeへの侵攻にあたって周囲のCoalitionや巨大Alliance—具体的にはDrone Walkers(WALKA)を中心としたTenal Controll Unit(TCU)やDarkness.(DARK.)を中核とするGuardians of The Galaxy(GoTG)、そしてTEST Alliance Please Ignore(TEST)—は旗幟を鮮明にせざるを得なかった。

結局、TESTはCO2の味方をすることに決め、TCUは消極的協力をCO2に、そしてGoTGは消極的協力をNCdotとPanFamへと提供することになった。

CO2とTESTは強固な同盟を結び、Circle of TEST(CoT)と呼ばれるようになった。

今ではTESTは彼らの本拠地まで引き下がることがあろうとも戦い続けるとの声明を発表している。

それに対してNCdotはゆっくりと、しかし確実にTributeを奪いといっていった。

TributeNCdotbreachatNov

前半戦こそSOVを取れなかったものの、11月に行われた攻勢にて北西の領土を奪取し、CO2の領土は削られている。そしてCO2の本拠地であるM-OEE8へとNCdotとPLの手が伸び始めていた。

Offence line

上の地図で表したように西からはNCdotが東からはPLとPHがCO2の本拠地へ向けて侵攻を開始している。

NCdotはTributeのCO2領を奪取すると宣言しており、ここから年末にかけてM-OEE8を巡って激しい戦いが繰り広げられるだろう。

 

3.約束されたシステム…..M-OEE8

M-OEE8は皮肉なシステムである。古くからここはCO2の本拠地であり、WWBの際にImperiumが防衛に失敗した結果、CO2が反ImperiumのMBC側へと裏切る原因にもなった土地であった。

そこのI-HUBを巡って日本時間の11月20日深夜激戦が繰り広げられていた。

Localは1500人を超え、激戦が繰り広げられたものの、NCdotとPLのSupercapital艦隊の前にCoTは敗北した。

それでも、侵攻側はNCdot、PanFam、GoTGと頭数をそろえたものの、50Bilion ISK近い損害を負っている。

しかし、CoT側もI-Hubを失い、もはやSOVの失陥は免れない状況になってきた。I Hubを失うとSOVの防衛力が著しく下がるからである。

ここから年末にかけて、M-OEE8を巡って血みどろの戦いが繰り広げられる。何よりも、そのシステムには稼働しているKeepstarがあるのだ。

 

4.Siege of M-OEE8 and their Keepstar

M-OEE8は早晩失われる、しかし、彼らのCitadelはそうではない。Citadelが失われない限り彼らはそこに艦隊を集結させ、戦い続けることができる。

KeepstarはCitadel Doomsdayを備えおり、さらに言えばCitadel Doomsdayがなくても十分に脅威的な戦闘力を誇っている。

このKeepstarを巡って外交的、政治的、そして軍事的な戦いが年末にかけて続くだろう。

GoTGのメンバーの一員である、Caladrius Allianceもそれは例外ではない。我々はKeepstarが爆発四散する瞬間に立ち会うべく、Fleetへと参加していくことになる。

 

Foch Petain is a member of SAKUMA DROP, Caladrius Alliance. 

 

 

 

Null Secの歴史―BoBの夢

さて、前回はCaladriusがGoTGに加盟するところまで語った。

問題はそのあとである。

 

―BoBの夢を再現したい―そう語る男が私の前に現れたときびっくりした。正気とは思えなかったからだ。

そもそもDelveは燃えやすく、火が消えにくい、そして守るのに苦労する土地である。だがもし一度要塞化されれば…強固な要塞と化す。

Delveを要塞化する…つまりBoBの夢を繰り返すためにはDelve、Period Basis、そしてQueriousの3つの地域を制覇する必要がある。

そんなことができる戦力をもつ奴らがいるのだろうか?Entosis Warという苦痛なSOV WARを乗り越え、そのような巨大で守るに難い領土をImperiumの介入を抑えながらやることができる勢力があるのかと。

思い当たる勢力は一つしかなかった、そうNCdotとPandemic Legionである。

だがその狂気のような夢を語る男ははっきりとは言わなかった。

NCdotが参加するとも、Pandemic Legionが参戦するとも、何も言わなかった。その狂気の男は―呼びにくいので仮名で下着大好きとする―下着大好きはこっちに来てBoBを再建しようと語るばかりだ。

BoB

左の青い部分がありし日のBoB—Delve, Querious, Period Basis, Fountainを制圧している

 

下着大好きは熱心に我々を口説いた、そして彼は実質的に本当のことを言った、「NCdotがCitadel Updateに向けて動く。それに合わせてくるんだ。Delve, Period Basis, Queriousの今NCが保持しているところ以外の好きな1コンステを与える。」そう彼は語った。

Caladriusの内部の意見は割れた。Caladrius Allianceの基本方針の一つはCoalitionが崩壊するまでは付き合うというものだ。だが、結局はDetorid戦役は終了していたし、Darkness.よりもNCdotに対してのほうが恩義が大きいとのことでDelveへと転身することを決めた。

NC_dot_final

 

NCdotは最強の名前をほしいままにしたAllianceである。同時にCaladriusにとっては最悪の時期に最高の待遇でCoalitionに迎え入れてくれたAllianceでもあった。

CaladriusはDexsarによって生み出され、ロシア人によって教育され、NCdotによって育てられた。個人的に私はそう思ってる。

何はともあれ、遠い旅路を乗り越え、CaladriusはDelveに展開した。

DelveCICera

在りし日のDelve…懐かしい名前が見える。

ここからNCdotはDelve全域を制圧するべく活動を始めた…といえば聞こえがいいのだが、実態は下部組織のNorthern Armyに丸投げであった。

Northern ArmyはNCdotの下部組織として組織され、旧N3陣営の中でも崩壊したAllianceからCorpを引き抜いて作られたAllianceであった。

その彼らがDelve制圧の実働部隊となっていたのだ。DelveにはNCdot, Northern Army, Skeleton Crewを中心としたCursed Imperial Coalition(以下CIC)とLUMPY、TIKLE、FUM8を中心としたDelve Coreが対峙していた。

我々はCIC側としてDelveに参戦した。Delve制圧に当たって、我々には大きな壁があった、LUMPYとTIKLEのDelve Core二大巨頭Allianceである。

彼らはDelveの北西部を領有しており、そこに陣取っていた、NARMのFleetは何度となく粉砕され、NCdotがそのたびに助けに入る羽目になった。

それに業を煮やしたNCdotはいったん問題を棚上げすることにした。つまり、CICとDelve CoreのNIPである。これの意味するとことはCICとDelve CoreはSOV warを行えないということである。

そして次にとったDelve Coreの戦略は単純であった。Delveに野心を持ったAllianceを信用できなくてもどんどん呼び込む、そしてCICメンバーのSOVを燃やし続けるよう命令する、これだけである。

Delve Coreはよく知らないよそ者をどんどん招き入れることでCICを崩壊に導こうとした。

そして、その時はCaladriusがDelveに2月に展開してすぐ訪れる。Skeleton Crew.の崩壊とDelve中央部失陥である。

DisbandSkeleton

 

CICの一角を担っていたSkeleton Crew.はよそ者によるEntosis Harassmentに耐えきれず崩壊した。また、NCdotのRenterであるNorthern Associates(以下NA.)もNCdotが援護を出さなかったため中央部を失陥した。

なぜこれが起きたのか…そう、NCdotはDelveにかまっている場合ではなくなったのだ。彼らは北で大きなおもちゃを手に入れた。World War Beeである。

World War Beeについて詳しくは今度書くことにするが、北の大戦争にNCdotはかまけていた。CaladriusはCoalition meetingで幾度となくLUMPYとTIKLEに対する全面攻撃およびEntosis Harassmet Warの開始を進言した。

だが、NCdotは一切聞き入れなかった。Delveの現状維持、それがお前らの仕事だとはっきり言われた。

では、せめて北の戦争に加入させてくれと頼んだ、これもNoである。なぜならば、DelveでのSOV warは終わりを告げておらず、NPC Nullに展開したよくわからないAllianceがSOV structureを攻撃したりしていた。

その守りにCaladriusは必要だという。そのため、Delveに展開し続けてほしいとも。

このNCdotの態度に業を煮やしたCaladriusであったが、散発的な戦いがDelveで続いている以上従うほかなかった。

NCdotのBoBの夢は崩れていっていた、いや元から彼らは持っていなかったのかもしれない。

だが、それを信じてついてきていた人々はもはや限界であった。Northern Armyからの人材流出はとまらず、崩壊へと向かっていった。

ここでCaladriusも認めざるを得なかった。BoBはもはや夢であり、我々は我々でNCdotを当てにせず、自ら戦略を立てて、下部組織であるNorthern Armyの指導部を説得してと共同で戦い抜くしかないのだと。

 

 

 

次回予告

やめて!Entosisの特殊能力で、SOV StructureをHackingされたら、Fozzie SOVでEntosis Warと繋がってるNARMのやる気まで燃え尽きちゃう!

お願い、死なないでNARM!あんたが今ここで倒れたら、NCdotやCaladriusとの約束はどうなっちゃうの?Entosis Moduleはまだ残ってる。ここを耐えれば、Delve Coreに勝てるんだから!

 

次回「CIC死す」。Entosisスタンバイ!

 

 

Foch Petain is a member of SAKUMA DROP, Caladrius Alliance.

fullscreen