FanFest2018に行ってきました③

みなさんこんにちわ

SAKUMA DROP社所属、kulomaと申します。今回タイトルにあるように、初めてFanFestに行ってきましたのでレポート書いてみようと思います。

だいぶ間が空いてしまいましたが、やっとこさファンフェスト本編のご紹介をしようと思います。その②はこちら。

いざファンフェスト

今年のファンフェストは2018年4月12日(木)~14日(土)という期間でした。以前は金曜から日曜という日程だったそうですが、日曜に会場借りる予算がないのではというもっぱらのうわさ・・・。

Harpa Reykjavik Concert Hall and Conference Centre

夜はライトアップ

こちらがメイン会場となるHarpa。コンサートなどのほか、たくさんの会議室があります。

結構早めに会場についたので場内はスカスカ、Dexさんとも合流できず不安になってきますがオープニングが始まる前には満員御礼の大入り、Dexさんとも合流できました。「まずはアライアンスフラッグを目立つところに飾るのだ!」という指示のもとイイ感じの場所を狙いますが、目立つところは公式から大手アライアンスの指定席となっていて掲示できません。

二階正面を陣取ってるMercenary Coalitionの強面巨体のおっちゃんたちになんとか交渉して横っちょに張り出させてもらいました。

こちらが入場パス

暗い上にケータイなので画質はお察し

会場直前のメインホール前

 

ファンフェスの内容自体は中継でもあったので割愛。当然全編英語なので内容はあんまりよくわかりませんが、「CCP Games Games」など英語できなくても楽しめるイベントもありヨユーで楽しめました。中継されてないイベントとしてはチャリティーとかもありました。写真は赤い的にボールを当てることで椅子の支えが外れて水に落ちる仕組み。

CCP Guard

Jin’taanも被害者に

期間中にはCCPからの発表の他にも、連れあいやプレイヤーの家族向け(もちろんプレイヤーも参加可)に観光ツアーも用意しています。今回私は「sisters of EVE action tour」に参加してきました。

バギーに乗って初の左ハンドル右車線にビビり、クレー射撃をしてその反動にビビり、斧をぶん投げて的にぶっ刺す遊びにビビるというビビリ通しの半日でした。特に斧投げは日本じゃ考えられない、、、。

 

両刃斧をぶん投げて板にぶっ刺す遊び

 

 

次の日はCCPオフィスツアーに招待してもらいました。これはオフィシャルではなくDex氏の友人である現役社員の好意によるもの。少人数でゆっくり隅々まで見せてもらうことができました。

勤続10年の社員にはバイキングソードが贈呈されます

EVE4大国柄のビール瓶があったり

表でポーズ

教えてもらった会社眼の前にあるアイスクリーム屋さんにて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なおこの日はカラドリが所属するGOTGコアリションの会食もありました。


これまた全編英語となりますが、お酒も入りまあ適当にノリでなんとかなるもんです。

最終日には、これまでのEVEのキーアートに社長(名前も知らなかった)のサインをいれてのチャリティーサイレントオークションが開催。せっかくなので私もなんか欲しいなあってことで1万5千円ほどでIncursionの絵を落札。ついでに社長だけのサインだと誰も知らない人のサインになるので有名どころCCP社員にもサインをねだってみたところ、みんな快く応じてくれました\(^o^)/

お家に飾っている現物

CCP Seagul

CCP Falcon

CCP Guard

なおDex氏は六万オーバーで最新のinto the abyssを落札した模様。

 

最後にはGOTGメンバーで再集合しての集合写真

GOTG大集合

MoAに混ぜてもらいました

カラドリからは二人の参加

すでにファンフェスから一ヶ月が経ってしまい、急いで投稿しなきゃってかなり端折りましたが中継内容以外にもいろいろなことが行われているのが伝われば幸いです。来年はアイスランドで行わず、2020年になるとのこと。。。

それではまたいつか。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #32

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:(突然無理ゲーな強化がされても)泣かないこと(突然無理ゲーな強化がされても)投げ出さないこと(突然無理ゲーな強化がされても)逃げ出さないこと(運営を)信じ抜くこと。
無理

さすがにそろそろ挨拶のバリエーションが尽きかけています。Suzume Laurantです。

このスペースのネタにもちょっと困ったので、先日、CTMで月掘りへ行った際のSSをちょろっと並べておきましょう。

月から引き剥がされて浮かび上がった鉱石。


エネルギー充填中……


ZAAAAAAAP!!!


ビシビシッ


KABOOOOM!


辺りに散らばる月鉱石。そして月面にも撃ち込まれるレーぜー。


着弾


びよびよびよ……


次の鉱石が生まれ始めています……しばらくしたらまた掘れるようになるでしょう。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

さて今回はテストサーバーに潜った話と、新規実装コンテンツの話です。

sisi累々

テストサーバー、正式名称singularity、通称sisi
ここはオメガプレイヤーに開放されている場所で、いろいろ試行錯誤したり実験したりするために使える領域です。
ざっくりとその特徴について説明していきましょう。

①定期的にメインサーバーの状態が反映される

まあ分かりやすく言えばゲーム全体のセーブデータがコピーされるんです。
持っているアイテム、スキル、現在地、その他諸々。
ちなみに各キャラクターのスキルだけは、現在のメインサーバーでの状態を手動で反映させるコマンドがあるそうです。

どうせ次の反映でテストサーバー側の現状は破棄されるので、クソ高いアイテムを無駄遣いしようが気にしなくてOKの空間です。好き勝手に検証しましょう。

②一般的なアイテムとほとんど全部の船が超絶安価で無限に売られている。

sisiを実験領域たらしめる最大の理由がこれ。
ミサイル一本すらプレイヤーが作ると言われるこのeveにおいて、sisiではどんな船もたったの100ISKでNPCから購入可能なのです!
『ちょっとこれ船が沈むかも知れないけど実験してみたい』という時にsisiへ行けばOK!
高額なインプラントのお試し使用なんかも可能!
メインサーバーで試そうとするとお財布的な意味でやってらんないあれこれを検証可能です。
憧れの船を乗り回してモチベを高めてみるのも良し。

……残念ながらSCやタイタンは売ってないようですが、ブループリント(生産用設計図)や鉱石は100ISKで売ってますので生産スキルさえあれば作れます。

③アップデートの先行実装

他のゲームではそうそう無いんじゃないかというsisiの(と言うかeve onlineの?)大きな特徴がこれです!
予定されているアップデートの先行実装!
大きなシステム変更から、新しく加わるPvEコンテンツまで試すことができます。

まあeve onlineって『大損』の危機がそこかしこに転がってるゲームで、それが取り返し付かない事態になったりしますので、こういう場所で「次に何が起こるのか」システムを確認できるようにする必要があるのかも知れません。

あとCCPがバランス調整のためプレイヤーにテストプレイさせているという噂も……いや、噂というか事実なんですが。

④PvPは同意が無い限り御法度

オマケ。sisiのルール。
他人の検証の邪魔をするんじゃねえ! という話。やっちまうとsisiから一定期間のBANを食らったりするそうです。
何でもありのテストサーバーなのに本家より安全って言う……

冥土インアビス

と言うわけで、5月末に実装されるabyssal deadspaceを体験しにsisiへ行ってきました。
こいつはソロプレイ専用で、PvEのエンドコンテンツと位置づけられている……らしい?


フィラメントというアイテムを使うことで特別なダンジョンみたいな所へ飛べます。

ステージクリア式で、各部屋で敵を全滅させればゲートが開いて次へ進めます。


各部屋に置いてあるカプセルを壊すと、ここでしか手に入らない戦利品が。

今のとこ部屋の種類はこんな感じ。

・ドローン部屋。

大量のドローンが襲ってくる。ドローンと侮るなかれ、その攻撃を食らうとかなり痛い。
ローグドローン系の戦艦や巡洋艦が出てくる場合もある。

・ドリフター・スリーパー艦隊部屋

ドリフターとかスリーパーという勢力の艦隊。混成で出て来ることもあるし、仲間だけで飛んでくることもある。
戦艦一隻or巡洋艦複数のDPS(攻撃担当)。そして複数の電子戦艦というのが基本編成っぽい?
ドリフター戦艦の威力と射程がやばい。

・トリグラヴィアン艦隊部屋

この謎めいたdeadspaceに関わると思われる新勢力、三角形が大好きなさんかく団の皆様。
とにかく難易度が吐くほど高い!
異常な速度(およそ秒速3km!!)のフリゲートが突っ込んできてこちらを捕獲し、異常な攻撃力の巡洋艦達がよってたかってnewt(キャパシタ、つまりMPへの攻撃)で電池を枯らしつつなぶり殺しにする。
このモンスターハウスを引いてしまった場合どうやって乗り切るか? というのがabyssal deadspace最大の命題。

・トリグラヴィアン戦艦部屋
(SS撮ってる暇が無かった……)
こっちはさんかく団の戦艦部隊の部屋。何故かこいつらもHPが最初から減っているのだが、その能力がヤバイ。
60kmの距離から一瞬でこっちの電池を空にしつつ、10秒もあればこっちを消し炭に変えるあり得ない火力で襲いかかってくる。
最近は相互にリモートアーマーリペアラまで回すようになりやがってなかなか倒せない。

 

おっと、『今のとこ』だの『最近は』と書いたのを見て首をかしげた方もいらっしゃいますかね?

sisiのコンテンツはまだ実装前ですので、ちょくちょくサイレント修正が入っています。先行して遊んでるプレイヤーの反応やデータを見て難易度調整してるわけですね。
って言うか難易度が実装に向けて日を追うに連れて徐々に上がってるんですが。まるでカエルを煮殺すかのように。正規実装時にどうなっているものやら全く分かりません。
簡単にクリアされたら悔しいじゃないですか

財布を大きく開いて誠意を見せる運動


さて、何のためにabyssへ潜るのかという話をしますと、ここの報酬は装備ガチャ用の合成アイテムです。
これまでeve onlineに装備のランダム強化みたいな要素は無かったんですが、ついに装備ガチャが導入されるのです。
ガチャ対象、つまり合成アイテムが使用可能な装備品は既に高騰中。欲望が鍋巻いております。

 

まあ個人的にガチャはFGOだけでいい良い。わしゃーabyssに潜って稼ぎたいんじゃー。

現在カラドリウスでは有志(と言うか主に私)がsisi籠もりしてabyssal deadspaceの検証と攻略を進めています。
あなたもカラドリウスに(特に羊社に)入って、一緒にabyssを攻略しませんか?

 

次回:suzume造船、創業
ちょっと本格的に生産をやり始めてみました。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #31

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:NPCゲートキャンプを見つめない。

アンジョネコンダクサ(挨拶ではない)。Suzume Laurantです。

このところ時間があればテストサーバーに籠もって、実装が間近に迫ったコンテンツ「abyssal DEADspace」を検証しています。(eve onlineでは、実装前のコンテンツまで反映されたテストサーバーがプレイヤーに開放されているんです!)

PvEのエンドコンテンツと言うだけあって、細かい操船や素早い判断が必要なアクションゲームのようなノリのミニダンジョン。なかなか楽しいですがぽこじゃか船が沈むので胃が痛くなりそうでもあります。この空間において絶対安全確実な攻略法などあり得ない……!
テストサーバーとabyssの話はまた次回。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はインプラントの話です。既にプレイしてる人向けの話になっちゃいますが、まあこういうの未プレイ者でも読んでて楽しい……ですよね? 少なくとも私はこういうのが好きだ。

概論

eve onlineは属性値によってスキルトレーニングを行うシステム……だというのはまあここ読んでるような人は未プレイでもご存じの方が多いでしょう。
そんなトレーニングを加速するのが属性値インプラント。
+1~+5が存在し、これを付けることでスキルトレーニングを効率化します。
ここら辺は初心者の方でもまあやってることでしょう。

しかーし、インプラントはそれだけじゃあありません。
属性強化のインプラを入れる第1~第5スロットの他に、カプセラの頭にはまだ5つも穴が開いてるのです(大丈夫か?)
今回は第6~第10スロットに入れるインプラント「スキルハードワイヤリング」を独断と偏見で紹介していきます。

どれもこれもインプラントの例に漏れず、外すとぶっ壊れるのでご利用は計画的に。
ちなみに、どのスロットに差せるかはインプラントナンバーの百の位の数字で分かります。

重要度極高・PG/CPU/キャパシタ関係

EO-600シリーズ:キャパシタ充電強化
EG-600シリーズ:パワーグリッド UP
EE-600シリーズ:CPU UP
EM-800シリーズ:キャパシタ容量 UP(つまり秒間充電量もUP)

とりあえずこれ覚えとけばなんとかなります。

フィッティングはPGやCPUの制限、そしていかにキャパシタを安定させるかの戦いです。
そして、誰も彼もがPGCPUキャパシタ関係のスキルを全部取ってるわけじゃないんですよねえ。
ベーシックなスキルはまあいいとしても、高度武器強化(Advanced Weapon
Upgrade)みたいな上位スキルをⅤにしようとしたらエグイほどスキルポイントが必要ですし。
あと、そもそもどんなにスキルを上げてもあと一歩足りないfitとか。
そこいら辺を良い感じに補ってくれるのが、これらのインプラントです。
難点があるとすれば、スロット6が競合しすぎって事ですかね……

+2%なら10Mもせず、+3%のやつとかなら20Mくらい出せば手に入ります。
「このfit使いたいけどちょっとだけ足りない!」って時はこれらのインプラントを思い出しましょう。

重要度高・AB/MWD関係

AC-600シリーズ:AB/MWD高速化
ゾルのカスタム航行ハイパーリンク(スロット8):AB/MWDの速度+5%
AB-600シリーズ:ABのサイクル時間増加(つまり消費キャパシタ低減)
ゾルのカスタム航行リンク(スロット7):ABのサイクル時間増加+10%(つまり消費キャパシタ低減)
FC-800シリーズ:ABの消費キャパシタ低減
HS-900シリーズ:MWDの消費キャパシタ低減

ラッティングや特殊なサイトの攻略で案外重要になる推進力mod。
高速化したい場合、インプラでいくらか能力を底上げできます。
また、こいつらのキャパシタ消費はなかなかのものなのでキャパシタ消費を軽減できると船全体が優しさに包まれることでしょう。

AB-600とカスタム航行リンクは特殊。サイクル時間が長くなると言うことは、同じキャパシタ消費で長く恩恵を受けられる(=電池消費低減)と言うこと……ではあるのだがABを1サイクルだけ回して重い艦を素早くワープインさせるトリックが使いにくくなるのでよく考えて使いましょう。まあカスタム航行リンクはアホみたいに安いので必要な時だけ入れて要らない時は捨てればOK。
100MNABオービットで放置ラットするVNIなんかにオススメ。

重要度やや高・生産系

GH-800シリーズ:ガス採掘量UP
MX-1000シリーズ:採掘量UP
ミチの掘削オーグメンター(スロット7):採掘量+5%
IH-1000シリーズ:アイス採掘modのサイクル時間短縮(短時間で同じ量が掘れる)
BX-800シリーズ:生産時間短縮
RX-800シリーズ:鉱石を溶かしてミネラル(生産に使用可能な状態)にする際のロスが減少
RR-600 MY-700 SC-800:ブループリントの資源・速度研究速度とコピー速度アップ

やる人には重要。純粋に時給がアップするのでシンプルに強力。

重要度やや高・スキャン/探検関係

AP-600シリーズ:スキャン誤差軽減
AQ-700シリーズ:プローブスキャン速度UP
AR-800シリーズ:プローブスキャン強度UP
AC-900シリーズ:遺物アナライザーウイルス強化
HC-900シリーズ:データアナライザーウイルス強化
EY-1005:両方のウイルスが5強化されてサルベージやアナライザーモジュールのサイクル時間(つまり次の起動までの時間)が5%短縮される。

これもやる人には重要。
私はSCラットの前にワームホール探す係のキャラにいろいろ付けてます。
シグネチャの特定は案外かったるいので、補助は少しでも欲しい所。
探検は低スキルからやりはじめられる金策のひとつなので、初心者の人は要チェック。
ちなみにウイルス強化系のやつはひとつしか効果が出ないみたいです。

重要度やや高・エミッション/リモートリペア関係

ES-700シリーズ:キャパシタエミッション系装備のキャパシタ消費軽減
SE-800シリーズ:シールドエミッション系装備のキャパシタ消費軽減
RA-700シリーズ:リモートアーマーリペア系装備のキャパシタ消費軽減

エミッションとはなんぞや? と思うでしょうが、つまりこれは他艦を回復させる装備です。
ロジ(回復役)はとにかく電力消費が激しく、スキルが足りないと電力が枯渇して艦隊全体に影響が出てしまいます。
そこら辺を補うのに使えるのでしょう。たぶん。

その他・別に全部不要なわけではない

●エンジニアリング系の残り
PG/CPU/Capの影に隠れがちな皆様。スマボの高速化(=電池消費も激化)とかもある。
EU-700シリーズはバッテリー装備時のCPU消費を低減できる。CPU上昇のEE-600と穴が被らないので、どうしてもと言う時は。

●航行技術系の残り
ワープ速度を上げるWS-600系はSCラットのお供に◎。以前書いた通り、本当ならスロット6にはアセンダンシーのオメガを入れるべきなのですが、さすがに高すぎなのでケチってWS-600を入れるのも十分あり。
GY-700系は船の挙動が軽くなり加速がアップ、つまりワープインまでの時間も少し早くなる。
これはサイトからサイトへのワープが多いSCラットや、ゲートをくぐりまくることになるmaze攻略が多少快適になるかも知れない。

船の最高速度を上げるNNシリーズ(と、その上位である『シャキルの速度エンハンサー』)は競合多数の600番台なのが痛い。そうまでして最高速度が欲しい事はあまりない。
ワープ開始時のキャパシタ消費を低減するWDはただでさえ微妙なのに600番台という……

●生産系の残り
MY-1000シリーズは採掘量アップmodのCPU消費を低減。ピンポイント過ぎる。

●スキャン系の残り
微妙に仲間はずれくさいサルベージ成功率強化のSV-900は……
わざわざインプラントで成功率強化しなくても成功するまでやればいいだけだしなあ……

●ターゲット系
スキャン解像度アップのSA-700シリーズは、バカスカ敵を倒しては次をタゲっていくSCラットに役に立つかも知れない。
LT-800のターゲット距離は、そうまでしてロックオン可能な距離を伸ばす意味があるのかどうか。

●ガンナリー・ミサイル系
艦隊戦ではわざわざドクトリンにこんなもんまで採用しないと思われますし、PvEで使うかと言えばそれも微妙……(なにしろPvEはドローンばっかりなので)
ソロPvPではお好み次第で使えるだろうか。
CPU消費やタレットのキャパシタ消費を低減するやつもあるので、こっちはドクトリンfitを組む時に何か足りなかったら使えるはず。

●防御系
正直、ほんの3%とか回復量やHPアップしてもどうにもなんない可能性が高いので他に付けるもの無いときのお守りでいい気が。とは言え優先度が低いだけで、当然、役に立たないわけではない。
ただ、キャピタルだとその数%がシャレにならない数字なのでバッファタンク(自己回復はせずHPを高くして、やられる前にやるなり味方の回復を受けるなりする防御方法)のお供に悪くない、はず。

●電子戦系
電子戦modのキャパシタ消費が低減される。
……とは言えほとんどの電子戦はもともとキャパシタ消費が安いので有用性は……
しかもnewtやnos(電池攻撃系電子戦)のインプラは無い。

そんな中、MR-800シリーズはwebiの射程を伸ばすという唯一無二の効果を持つ。

●神経強化系
ブースターの効果時間を長くする・副作用を弱める・副作用を出にくくする
どれもこれも誤差レベルという気が……

●ドローン強化系
くれよ!!
無ぇのかよ!!!
ドローン強すぎるからね、しょうがないね。

【後日追記】とか言っていたら実装されるようです。
ドローンのHPを犠牲に攻撃を強化するか、攻撃を犠牲にHPを強化するかの2種類。
素直に純粋強化させてくれない辺りやっぱりドローンは強い……

有用だが初心者向きではないもの

ここら辺は最初のうちは考えなくてもいいでしょう。

●シリーズもの属性インプラント

以前書いたワープスピード強化インプラントのアセンダンシーシリーズもそうなんですが、属性を強化しつつシリーズ揃えるとデカイ効果が得られるT2インプラントというのがあります。
どれもこれも死ぬほど高い。
基本、レアエネミーからのレアドロップなので滅多にお目にかかれませんが……

以前のブログで書いたアセンダンシーはSCラットに不可欠。
アーマーHPを大幅に割合増加させるスレーブ一式なんかは、スーパーキャピタル(タイタンやSC)で艦隊戦に出るスーパー乗り御用達。

●マインドリンク

周囲の味方にバフをかけるリンク効果を強化するインプラント。
艦隊戦の補助役や、ロークアルによる多アカ掘りでの採掘艦強化に使います。

 

なんか抜けてるのがあったらごめんなさい!

次回:sisiに行ってみた
今月末に実装されるAbyssal DED Spaceを体験しにテストサーバーへ行ってきました!
簡単なレポートとテストサーバーの説明をします。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

クソコラ劇場

はい、5年ぶり2度目の投稿。Ayame HakuhoinことSAKUMAのクソコラ担当です。

Null初心者向け解説とか、情勢解説とか、歴史語りとかは別の人にお任せして、クソコラ職人アーカイブとしてフォルダの中に残されていたゴミ画像の一部をここに「負の遺産」として残しておこうと思う。


まずは、映画パロの2枚。

ヒトラー映画と某人物のクソコラである。元ネタの映画はどちらも名作なのでおすすめ。右の「最期の12日間」は「おっぱいぷるんぷるん」で有名な総統閣下シリーズの元ネタなので、タイトルは知らなくても見たことある人は少なくないだろう。DelveにImperiumが攻めてきて、絶賛炎上中だった頃のものだ。

もうひとつ、某人物のクソコラ。


WW1時の米陸軍募兵ポスター「I WANT YOU FOR U.S.ARMY」と某人物のコラ。日本では一部のマニア以外への知名度はそれほど高くないが、あちらでは超有名な「アンクル・サム」のポスターである。
帽子の「☆」をどうしようか悩んだ末の「千鳥紋」がちょっとかわいい。

これと上のヒトラー映画パロは、EVEのアバター(キノコじゃないほう)のモデル造形が非常によく出来ているから出来た芸当だ。普段はじっくり見ることも少ない全身像もこういうことには役に立つ。

次はGSFネタを2枚。


時期的には、左はFountain Warの頃、右はそのもう少し後だろうか。左は5年前にここに投稿したもの。スト4のキャラセレ風で、ちょうどCaladriusのアライアンスロゴ(旧)が反映されたころ(最初は独自ロゴじゃなかったので入っていなかったが、反映後に「アンロックされました」として追加)。右は作ったはいいが微妙だったのでskype(当時)に貼っただけの、アニメ進撃の巨人OPパロである。
左の画像のアライアンスロゴ、Caladriusもそうだが、ロゴ刷新前の旧ロゴ時代のものなので、今はもう見ることのできないロゴも多い(アライアンス自体が消滅してしまったところもあるが)。


これは、銀河英雄伝説の薔薇の騎士(ローゼンリッター)連隊の連隊章パロ。中央の千鳥紋だけではなく、周りの英文も「CALADRIUS ALLIANCE-DEFENSE FORCE FLEET “ROSEN RITTER”」に変更されている(中央よりも、こちらのほうが手間がかかっている)。


知ってる人は知っている。知らない人はggrks。ゲームポータルサイト「にじよめ」のイメージキャラクター魔人のようなもの「にじよめちゃん」のtweet風、「AURAのつぶやき」である。Jita IV – 4、某ステーションにいるらしい。


なんか、某FGOのほうで「マーリン」が出たとか出ないとかいう話がTLに流れてたので、勢いだけで作った「Merlin召喚」。某FGOをプレイしてないと意味がわからない。


ガリスタスのラビットヘッド + 某英会話教室のうさぎ。作る前は「お、なんかイケそうやんけ」とか閃いたアイデアの多くがひどい結果になることを如実に示した。


twitterに投稿したクソコラの中でも一番反響の大きかった画像がこれ。「#全部同じじゃないですかクソコラグランプリ」というハッシュタグの流行りに便乗しただけのネタだが、カプセラの多くがやはり同様のことを思っていたのだろうか?
しかし、今までのクソコラの中で一番手抜きの画像が、もっとも反響が大きかったというのがなんともはやである。


他にも、「ポーランドボール」ならぬ「カラドリウスボール」だとか、NEXON時代の日本語サイトトップページの改変とか、焼きそば”Machariel”パンとか、妖怪タイタン置いてけとか、いろいろあるにはあるが、これ以上サーバ容量の無駄遣いをするのも気が引けるのでここで筆を置こう。シーユーアゲイン。ハバナイスバディ。

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #30

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:私は、偶然、これを書いています。CCPとは、無関係。

ゴールデンウィークはつるべ落としなり。Suzume Laurantです。

前回はブースターの話をしましたが、今またもやブースターイベントが来ています。

ものすごい高速で逃げ回るボスを倒せばOKという面白いコンセプトのイベントサイト。
以前にも軽く触れましたが、高速で動いているとほとんどの攻撃を軽減できるので、それを上回る攻撃力でぶちのめすか電子戦で速度を落とさなければなりません。
たとえばひとつのやり方としては、35kmでこっちをオービットしてくるのでwebi射程延長のサブシステムを装備したロキでお高いwebiを使えば捕獲可能です。

……まあそれでも攻撃力が足りなくて相手の自然回復を抜けなかったんですけどね。
結局ドローンと戦闘機が大正義。こいつらを高速化するドローンナビゲーションコンピュータを積めば追いついてくれるので、後はなぶり殺すだけな模様……

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

さて今回は今更ながら課金の話です。
まあ、課金すると具体的にどうなるのか、体系立てた説明はwikiなんかを見た方が絶対に良いのですが、それだけだと色々分かんないことがあると思いますので『実際どんな感じなの?』という話を書いていこうと思います。

αとΩについて

ここら辺は他所でもっと詳しい説明があるのでさっと流します。

α:無課金アカウント
Ω:課金アカウント

まあこれは分かりやすいですね。じゃあこの間にどんな違いがあるのか?

Ωにすると……
・スキルトレーニング速度が倍になる
・スキルトレーニングの予定が長く組める
・スキルポイントの上限が撤廃される(αの上限に達するまで半年以上掛かるが……)
・スキルトレーニング制限が撤廃される(αだとトレーニングできないスキルや、レベルを上げきれないスキルがある)
・Ω専用の装備や船が使えるようになる(たとえΩでスキルトレーニングを積んだキャラでも、課金が切れてαになってしまうとその時点で使用不可能)

未プレイの方がこうして見ると、『案外大したことなくね?』と思うかも知れません。しかしαによるスキル制限は意外と重く、本格的にeveを楽しもうと思ったら絶妙に邪魔になる所に制限が課されています。
αでできるのは、とりあえず船を乗り回してちょっと戦ってみるまで、という感じですね。

PLEX


https://secure.eveonline.com/PLEX/

これを書いている今、ちょうどセール中でした。

eveの課金システムを特徴付けるアイテム、PLEX。
公式のストアではこんな風に売られていて、例によってまとめ買いするほどお得になります。
ゲーム内で500枚使用するとΩ30日分に。

こいつはゲーム内で、艦船のカーゴホールドではなく専用のスロットにアカウント共有で保存できるアイテムです。間違ってカーゴに積んで沈められるというアホみたいなことはしないように!

ここからドラッグ&ドロップすれば通常のアイテムのようにアイテム欄に出して売ることもできます。
課金で手に入れたPLEXを他人に売ってゲーム内マネーにできるというのが最大の特徴!
ゲームをプレイする時間が無いが手っ取り早くお金が欲しいとか、金策手段が乏しい初期のブーストとしては非常に有効です。
逆にゲーム内で稼ぎまくってる人は、他人からPLEXを買うことによってリアルマネーを使わずにΩ維持が可能なわけです!

なお、自分自身のアカウントをΩにしたいだけならPLEXを買う必要はありません!
PLEX課金はゲームタイム(後述)に比べると割高になってしまいます。
PLEXは『リアルマネーをPLEXにして売り払い、ゲーム内マネーに換金する』『ゲーム内で稼いだお金で購入し、リアルマネーを使わずΩにする』のどっちかに絞りましょう。

ゲームタイム


https://secure.eveonline.com/AddGametime/

順番が前後した感がありますが、単にΩにするならPLEXよりこっちの方が正道です。
公式から購入し、アカウントをダイレクトにΩにしてくれます。

例によってまとめ買いするとお得なやつ。1ヶ月から1年まで。
他人に譲ったりはできませんが、PLEXよりお得なので、単にΩにしたいだけならこっちの方がいいでしょう。

その他の課金アイテム

Ω化と関係の無い課金アイテムも実はいくらか存在します。
スキルインジェクターを作成するため、スキルを抜き出すためのアイテム『スキルエクストラクター』。実はこれも課金アイテムです。
とは言え、PLEX課金して換金してそれで買った方が効率良いくらいなんですが……

あと、裏キャラにトレーニングを平行進行させるためのアイテム、MCT(マルチキャラクタートレーニング)。ひとつで30日分。
Ωアカウントでもそのままでアカウント内の1キャラしかスキルトレーニングはできません。MCTが必要です。
これも課金で入手できるアイテムで、PLEXと引き替えて手に入れる事もできます。
やっぱりPLEX課金して換金してそれで(以下同

他に1日1回だけαキャラが使えてスキルポイントが貰えるデイリーαインジェクターも。
これはαでやってる人が本当にちょっとだけスキルポイント欲しい時とか課金で買ってもいいかも知れない……

他に、艦船の見た目を変える特殊スキンなんかも売られています。
これはPLEXで引き替えがメインなので、欲しけりゃ課金するなりゲーム内で買うなりしてPLEXを手に入れましょう。
あるいはスキンそのものをゲーム内で買うか。

以上はまとめて言えば『アイテム課金したければPLEXを買えばいい。あとはゲーム内で手に入れるのが早い』です。

パック


https://secure.eveonline.com/DLC/

ゲームタイムになんか色々付いて普通に買うよりお得になったパックというのが存在します。
ショップによってはスターターパック扱いになってたりしますが、同じパックは1アカ当たり1度しか使えないというだけで、特に使用時期に制限はありません。

公式で今売られているのは『スターパック』『メテオパック』『ギャラクシーパック』。どれもゲームタイムにPLEXだのスキンだのMCTだの、売り払えば良い感じに金になるものがひっついたステキなやつ。もちろん自分で使ってもOK。ここまで来るとPLEXによるΩ化でもまあ悪くはないです。

セールについて

さて、これまでに色々紹介しましたが、セールがしょっちゅう行われますのでそういう時に課金するのがオススメです!
上に出した画像でもPLEXがセールされてましたね。

外部のショップにおいて販売されているパックが割引になっていたりなんて事もあります。最近の某ゲーム系ショップサイトにおける全パック50%OFFという狂気じみたセールには流石に驚きました。しかも公式が後追いで同じ事をするという

公式のセールもちょくちょくあって、PLEXが15%引きだったりゲームタイムが15%引きだったりゲームタイムにMCTが付いてきたり前述の通りパックが50%引きで売られたり
外部サイトも含めれば、まあ月に1回くらいはなんかあります。
その年間パスポート、買うのはちょっと待った! でっかい課金は良いタイミングというのがどこかにあるはずです!

招待特典


https://secure.eveonline.com/recruit/invite.aspx

eve onlineにはインバイトプログラムがあります、
このブログの末尾でいつも宣伝してるのも実はコレです。

招待リンクからアカウントを作った人は250,000ポイントのスキルポイントを初期で貰え、さらに招待された人がゲームタイムを購入してΩになれば招待した人には500PLEXの招待特典があります。
ですが、もっぱらこれを使う機会は自分のアカウントを増やす時でしょう!

eveは多アカ推奨のゲームであり、同じメルアドでいくらでもアカウントを作れたりします。
そして、招待特典は自分の別アカ相手でも可能です。

自分の別アカを増やしてゲームタイム課金をすれば、招待元アカではゲームタイム30日分かPLEXを受け取れます。まあどう考えてもPLEXのが良いですよね。結局Ω化に使うとしても同じ事ですし。
ただ、招待された人がゲームタイム以外の手段でΩになると招待者はゲームタイムしか選べないみたいですが……

上のリンクからインバイトプログラムのページに行って、画像右下に示したリンク用アドレスをURL欄にぶち込んでアカウント作成ページを開けば招待を受けることができます。

ちなみに特典を受け取るにはこっちのページへ行けばOK。
CLAIMをクリックすればゲームタイムかPLEXを選べます。

 

 

 

まあこんなものでしょうか。
とにかくお安く課金する機会は逃さないように。
公式をマメにチェックして、何かあったらそのタイミングでゲームスタートというのもいいかも知れません。もちろん最初の1アカウントは下のリンクから!!

次回:suzume流インプラガイド
次回もリファレンス的な記事を。初心者脱出のためのスキル強化インプラント話です。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

fullscreen