電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #39

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:suzumeの言う予定を信用するな。

qkde! qkde! g@’fffffffffff! Suzume Laurantです。

 

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

本日は予定を変更し、昨日の戦闘についてレポートしようと思います。

経緯

7/19
『Test Alliance Please Ignore』(ふざけた名前に思えるかも知れませんが、かつては人数1位、現3位の巨大アライアンスです)が南部にキープスターを設置。
補足しますと、これはTEST単体の動きではなくTESTを含む『Legacy Coalition』の動きですが分かりやすくTESTとします。
キープスターは大型艦載機母艦とタイタンが入港できる超重要な戦略拠点であり、これが設置されると言う事は辺り一帯を勢力圏に収める事を示す。
南征中の『Pandemic Legion』は稼働前に設置タイマー状態のうち破壊すべく、友好勢力『Northern Coalition.』や、我らカラドリウスを含む『Guardians of the Galaxy』(ただしこの直後に改名)を援軍とし、共に攻撃を仕掛ける。
TESTと連立を組む我らが宿敵『Goonswarm Federation』(と言うかgoonを含む『Imperium』)もTESTの助太刀に駆けつけるが、TESTと交戦中であった『Winter Coalition』とPLのsuper艦隊(大型艦載機母艦とタイタンによる決戦艦隊のこと)の尽力もあり、キープスターを稼働前に破壊。

……ここまではよかったのです。

super艦隊は敵が設置したバブル(範囲型のワープ妨害)まみれになっており、ジャンプアウトによる離脱が不可能な状況。このまま逃げられなければキープスターの破壊以上にこちらが被害を受けてしまう。superがいくつも沈む事態になれば戦略レベルでも問題が起きかねない。
つまりどうにかバブルを排除しなければならないのだが、北西部に展開しており到着が遅れていたGoonのsuper艦隊が遂に到着。このままではこちらが薙ぎ払われるか……というところで遂にサーバーが負荷に耐えかねてシャットダウン。
PL/Winterのsuper艦隊を含めた全員が強制ログアウトし、ひとまずsuper艦隊は救われた。

7/20
TESTとgoonはヘルキャンプと呼ばれる作戦を開始。
super艦隊がログアウトした地点を昼夜問わずバブル漬けにし、さらに味方super艦隊を待機させ、もしログインしてくる者があればぶち殺す体勢に。
さらにTESTは破壊されたキープスターのおかわりを設置開始(300Bもするもののおかわりを、よくもまあポンと出せる……)。ログアウト地点付近にはキャンプ用のフォータイザー(大型要塞)まで設置。こいつらが稼働してしまえば敵super艦隊の拠点となり、脱出はますます困難になるのだが、この状況で脱出とキープスター破壊を両立するのは不可能と判断したか、味方は戦わず。

super艦隊はログアウト状態のまま南方に釘付けにされる。
(このブログの他記事を見ていればご存知と思われるが、現在GotGとその友好勢力は北西部でgoonと戦闘中であり、superが釘付けにされているのは少々危うい。まあ敵の艦隊もヘルキャンプのために南へ拘束されると言う事だが)

救出を阻止するためか、あるいはこっちをじらしてsuper艦隊のログインを誘発するためか、goonは北部への攻勢を掛けるも、味方はこれを振り払う。

プリズンブレイク

7/25 JST(日本時間)1900
ストラクチャのタイマー防衛とのことでCTAが招集される。
AUTZ(オーストラリア・タイムゾーン。オーストラリアや日本を含む地域のプレイヤーが活発な時間)でちょうど良い時間だったし、私は『まあ結局敵が来なくてタイタン磨いて終わりやろ』と気軽に参加。
しかし艦隊が移動を開始し、ワームホールをくぐったところで何かがおかしいとみんな気が付く。南への援軍だ。ワームホールをくぐって遠くまで行く艦隊はだいたい碌な目に遭わないというジンクスがあり、皆が恐れおののく。

だが、誰かが言った。

『これ南のプリズンブレイクじゃねーの!?』

みんなそれに納得した。
事前にワームホールを調査し、南へ抜けられる道を確保していたのだ。
そしてスパイに悟られぬよう、タイマー防衛の名目でCTAを招集したのである。

この時、出撃したのはmuninnフリート。私も当然これに乗っていた。

行き先は南部、先日戦闘があったUALX-3。鬼畜米英のパイロットは出勤の準備に追われているか会社で仕事をしている時間である。

7/25 JST(日本時間)1945

戦闘開始。
muninnフリートはバブルの森に突っ込んで、設置型バブルと突っ込んで来るdictor(バブルが発射できる船)を薙ぎ払う。
同時に囚われのsuper艦隊もログインし、スマートボムでdictorのバブルを吹き飛ばす。

↑敵側視点の動画。つまり灰色や赤色で表示されているのが我々の味方。
5:00くらいにmuninn艦隊が左側から突入開始する。
バブルを逃れた艦はドシュッ! とジャンプして脱出していく。

muninnがバカスカとバブルを落とした事でバブルの森に隙間が出来、superはバブルを抜けた順に脱出。
無我夢中で戦っているうちにDTであるJST2000が近づく。

7/25 JST(日本時間)2000

戦闘終了。
日次メンテナンスである2000が来ると、本来ログアウト後もしばらく宇宙に船が残り撃たれ放題になる戦闘終了直後のプレイヤーも強制的に宇宙から消える。
つまり、脱出に失敗したsuperもまた完全ログアウト状態に戻るのだ。

7/25 JST(日本時間)2010

DT終了。
我らmuninn艦隊はTS3を通じた指示を受け、一斉にログイン。これ以上は戦わず離脱する。
帰り道で『多数のタイタンと100を超える大型艦載機母艦が脱出に成功し、ロスはひとつも無かった』という連絡に我らは快哉を上げた。
未だ囚われのsuperは居るものの、かなりのsuperが自由の身となり、再びgoon及びTESTを脅かすようになったのである。

まとめ

superは一隻沈むだけで結構な打撃を受ける代物であり、それを無事脱出させたこの作戦は、バトルレポート額面上の派手さこそ無いもののキープスター破壊に負けるとも劣らない重要戦闘だった。
今回の作戦は、「敵がヘルキャンプに疲れてきて動員が下がった頃」「敵が少なく味方が多い時間を狙い」「味方すら欺いて奇襲を掛け」「DTさえ利用した」結果、鮮やかに大戦果を収めたのである。
次も勝てるかは分からない。しかし今回我らは快勝し、敵方ヘルキャンプの苦労を水の泡とし、その士気に大きなダメージを与えた(はずだ)。

ちなみに私は帰り道で捕まって撃墜されました。

 

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

Road to Imperial Legacy ~登場人物紹介編~

 

ImperiumとLegacy Coalitionがブルーとなった。これは私にとって一つの衝撃だった。

 

なぜこうなったのか?因縁を乗り越えてProGodLegendはGSFとのブルーを受け入れたのか?それを部外者の目線から語りたいと思う。

ただ、それにあたって登場人物がわからなければ、記事の面白みが減ってしまうのでまずは現在のCoalitionを紹介していきたい。

 

The Imperium – Villain of The New Eden

The ImperiumはGoonswarm Federation(以下GSF)を中核とするDelveに本拠地を構えるCoalitionである。

The Imperiumの前身はCluster Fuck Coalition(以下CFC)といい、後述するGuardians of the GalaxyやPanfamなどが現在領土を構えている北西部に住んでいた。

2016年に発生したWorld War Bee(Imperium側名称はThe Casino War、The Mercenary Warとか呼ばれたりもする)により北西部の領土を失陥したのちにDelveを制圧、そこを新たな拠点とした。

The Imperiumを構成するAllianceは

[CONDI] Goonswarm Federation

[INIT.] The Initiative.

[LUCK] Violente Fortuna

[TNT] Tactical Narcotics Team

[BASTN] The Bastion

[DUTCH] Infensus

[LAWN] Gett Off My Lawn

の7Allianceである。[B B C]Snuffed Outもメンバーだとか噂されるが、私はよく確認していない。

この中でも圧倒的に大きいのはGoonswarm Federationである。だが忘れてはいけない重要なメンバーはDelve北部に位置するFountainを守っているThe Initiative.だ。

The Initiative.はGuardians of the Galaxyとの国境線を守るAllianceであり、The Imperium内部でもほかのAllianceとは違った扱いを受けている。

 

The Imperiumは堅実な戦略を打ってくる。彼らがDelveから広がらないのは、おそらくはWorld War Beeの戦訓を受けてのものであろうし、その戦訓を余すところなく、次の一手へと生かし続けている。

また、彼らはNew Edenでも最大のSupercapital Fleetを保有していると予想されている。

 

Lecagy Coalition – Chaos lovers

Legacy CoalitionはTEST Alliance Plaese Ignoreを中核としたCoalitionである。

TEST Alliance Please IgnoreはもともとはReddit(英語圏の2ch)を中心として成立したAllianceであった。もともとはGoonswarm Federationと仲が良く、Fountain-Delve-Querious-Period Basisを保有する大Allianceであった時代もあったが、当時幹部であったSort Dragon(現GotG、DARKNESS. CEO)がGoonswarm Federationに彼女を侮辱され、決裂。俗にいうFountain Warにて大敗し、その後振るわなかった。しかし、TESTはそれでもあきらめず体質をFozzie SOVの導入時に変化させ、強大なAllianceになった。小規模Corpの受け入れを行い、その代わりに中堅Allianceに対しては容赦のない合併とCorpとしての参加を求めた。それにより一体感の増したAllianceとして再出発し、その後Progodlegendという有力FCを得て完全復活。一時的にVale of Silentに住んでいたものの、Tribute WarにてNCdot/PLに追い出される。その後はCatchへと展開しStainwagonというロシア系Coalitionを南部から追い出し、Lecagy Coalitionの頭領としてCatchとEsoteriaを支配している。

現在は、ロシア系のCoalitionである、DRFをかくまっており、彼らのImmensea、Tenerifis征服事業の援護のため、Winter Coalition、Pandemic Legionなど、東部同盟軍と死闘を繰り広げている。

主要構成Allianceは

[TEST] Test Alliance Please Ignore

[BRAVE] Brave Collective

[REQ] Requiem Eternal

[DW] DRONE WALKERS

[TIKLE] Tactical Supremacy

[DV] Dangerous Voltage

[IOU] Evictus.

[TW] The Watchmen.

[W4RP] Warped Intentions

[ANGST] Boogeyman.

[YF] Yulai Federation

[R-R] Rezeda Regnum

となっている。

 

 

Panfam – The Good

PanfamはPandemic Legion、Pandemic Horde及びNorthern Coalition.によって構成されるCoalitionである。

Pandemic Legionはかつては傭兵として名をはせ、ひたすらにSupercapitalを殺し続けることを生きがいにしていた。

だが、現在はWorld War Bee、およびTribute Warの結果得た、北部に領土を保有するCoalitionとして存在している。

Pandemic Legion、Northern Coalition.はともにそのSupercapitalの展開能力で知られており、Supercapital Fightの経験が豊富なFCを有している。

現在、Pandemic Legionは南部のImmensea、TenerifisにてLegacy Coalitionと死闘を繰り広げている。

Northern Coalition.はGuardians of the GalaxyとImperiumの戦いを援護している。

Pandemic HordeはNorthern Coalition.およびPandemic Legionの援護に向かっている。

構成Allianceは

[-10.0] Pandemic Legion

[WERMT] Rate My Ticks( Renter )

[NC.] Northern Coalition

[B0T] Brothers of Tangra

[HORDE] Pandemic Horde

ゲスト

[CO2] Circle-Of-Two

[MC] Mercenary Coalition

 

Guardians of the Galaxy – King of the North

Guardians of the GalaxyはDarkness.を中核としたDeklein、Branchに本拠地を構えるCoalitionである。

私が所属してるCaladrius AllianceもGuardians of the Galaxyに所属しており、BranchおよびTenalに領土を保有している。

World War Beeによって北部に領土を得たのち、そこに定住している。現在、Cloud Ring-FadeにてImperiumと交戦状態にある。

主要構成Allianceは

[DARK.] DARKNESS.

[SLYCE] Solyaris Chtonium

[KOS] ChaosTheory.

[-000-] Caladrius Alliance

[SB-SQ] Siberian Squads.

[RR] Ranger Regiment

 

 

Winter Coalition – Yellow Peril

Winter Coalitionは南東に住む、Coalitionであり、中国人Allianceである、Fraternity.を中心として構成されている。

Fraternity.はN3時代から続く由緒あるAllianceであるが、リーダーのWindが一時的にEVEから引退しており、領土戦から抜け、CurseでNull Missionなどを回しながら暮らしていた。だが、Windの復帰に伴い、中国サーバーから移住者を呼び集め、勢力を一気に再興させた。

Triumvirate.の対DRF、Legacy Coalitionへの宣戦布告に合わせる形で本格的に行動を開始し、現在はTRUMPY、Holy Renter Empire、Pandemic Legionと力を合わせ、主にImmensea、TenerifisにてLegacy Coalitionと戦っている。

Winter Coalition

FRT Fraternity.

SNOVA Stella Nova

SCERS STARCHASER Alliance

DTS Destiny’s Call

GE Gemini Empire

ALLYT Theran Alliance

KATNA SAMURAI SOUL’d OUT

CURE The Therapists.

GLB Global Regiment Alliance

LORDE Lord of Worlds Alliance

.CYNO Cyno.Up

SERIN The Serenity Initiative

CSW China Soul Watchman

2GTHR Blades of Grass

 

TRUMPY – The Bad

TrumpyはTriumvirate.とLeague Of Unaligned Master Pilotsにて構成される、小規模ながらも小規模-中規模艦隊戦に定評のあるAllianceが組んだことにより、強力なCoalitionが誕生した。

現在は、InsmotherとDetoridに住んでいる。

構成Allianceは

[TRI] Triumvirate.

[LUMPY] League Of Unaligned Master Pilots

 

Holy Rental Empire -Neither holy, Nor renters and Nor the Empire

Holy Rental Empireは神聖でもなければ、レンターでもなく、ましてや帝国でもないCoalitionである。

それ以上語ることはない。

…というのは冗談として、もともとは東部のDrone Regionに居を構えるDrone Region FederationのRatting Supercapitalを殺して遊んでいた集団であった。

Drone Region Federationが本国の政治的問題で崩壊した際に、素早く領土を確保した。

もともと、小規模-中規模艦隊戦に定評のある大手WH勢だけあって、ロシアの政治的事情から統率のとれない集団となったDrone Region Federationはあっけなく敗北を喫し、Drone Regionを失った。

現在はTRUMPY、Winter Coalitionとともに、Immensea、TenerifisでLegacy Coalitionと激戦を繰り広げている。

構成Allianceは

[INGME] skill urself

[GLHF] WE FORM V0LTA

[-DNA-] Da Imbalance

[MKAD] Circle of Hell

[HKRAB] Hard Knocks Citizens

[HKASS] Hard Knocks Associates

[MAC] Mackinaw Empires

 

Provi-Bloc -Amarr Victor!

Provi-BlocはProvidenceに居を構える、Role Playing Coalitionである。

このCoalitionに所属しているAllianceは基本的には熱烈なAmarr支持者というRPを行うことになっている。

だが、ドクトリン艦でたまにMinmatarの船を見る気がするが、それは信心が足りないからなのだろう。

ちなみに、Provi-BlocはNull Allianceとしては珍しいことに、NRDS=REDではない限り撃たない。という方針を採用している。

初心者の皆さんも一度は行ってみてはどうだろうか?

Null Allianceのお約束としては、Provi-Blocは国定国立公園であり、今まで大規模な侵攻に何度かあったことはあるが、そのたびにボコボコにして侵略者が飽きて帰っていったら復活している。

つい先ほどまでPandemic Legionにボコボコにされていたが、不死鳥のごとく復活した。

主要構成Allianceは

[CVA] Curatores Veritatis Alliance

[APOC] Apocalypse Now.

[-7-] Sev3rance

[CF] Care Factor

[CHISP] COALICION HISPANA

[COGG] Central Omni Galactic Group

[REPUB] The Republic.

[FLEET] Almost Broken

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #38

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:田んぼの向こうでくねくねと踊っている何かを発見した場合、望遠鏡やスマートフォンのズーム機能などで見てはいけません。

ナマステ。Suzume Laurantです。

既に[SAKMA]のMinoriさんが書いている通り、先週末はREDPEN(重要度が高い『頼むから出てくれ!』というCTA)がありまして、私は夜9時に寝て1時に起きるというイヤーンなスケジュールで臨みました。
徹夜すると翌日一日ろくに仕事できなくなるので時間が短くても寝る事にしたのです。


護衛対象のキープスター。シールドHPがゼロにされて、無敵状態を経てアーマーを攻撃可能になっています。
15分のリペアタイマーが回りきれば全回復して防衛側の勝ち。それまでにアーマーを削りきれば攻撃側の勝ちで、数日後に3回戦です。

Minoriさんは景気よくタイタンとか出してますが、私が出したのはテンペスト海軍仕様(戦艦)とたけのこ……もといアポストルです。

ALTのキャラがようやく乗れるようになったので、このREDPENで初出撃したアポストル。艦種はキャピタルの一種『FAX(軍事力増強母艦)』です。
FAXと申しましても日本のお役所が使ってる旧石器時代系電化製品ではありません。こいつはヒーラーの親玉です。
主な役割はタイタンやSC(大型艦載機母艦)の外付け追加HP。トリアージモジュールという専用装備を使って回復力を爆上げすると、逃走も自分が回復して貰う事も不可能になりますので、バトルになったらほぼすり潰される船です。
しかしキャピタルのサポートとして数を出す事が不可欠な艦でもあります。
キャピタルがCTAに呼ばれるときは、だいたいFAXが最優先・最重要だったり。

タイタンはアバターが一番人気で、こいつの通称がキノコなので、タケノコがキノコを守るという倒錯した状況。

まあ顛末は向こうの記事で書かれた通りのアホみたいな幕切れなんですが。

TFIに乗っている私視点のゲートキャンプ。
ワープを妨害する大量のバブルに包まれ、もしゲートをくぐってきたら身動き取れないまま四方八方から滅多打ち、という構えです。

バトルが無くて残念だったという方もおられましょうが、あくまでもこれはキープスター(超大型要塞)のリペアタイマーをひとつ守っただけの事。
分かりやすく言えばマイナスになりかけたのをゼロに戻しただけの戦いです。
強大なGoonsを相手にした泥沼の防衛戦はまだまだ今しばらくは続きます。

この戦い、サイノジャマーのせいで結局投入できなかったとは言え、Goon側は300以上のタイタンを用意していたという噂。
こっちも結構な数のスーパーキャピタルが居はしましたが………やっぱりタイタンの数で負けるとそれだけ厳しくなるのですよねえ。
一応私もタイタンキャラを育ててはいるんですが、まず完成がいつになる事やら。そしてクソ高いタイタンを購入するのはいつになる事やら。

 

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

近況はこの辺にして、ここらで予告通り詐欺の話をします。

ペリカン目


カルダリ連合に属する、宇宙最大の商都・ジタ星系。
ちなみに我々カラドリウスは北部住みなので結構近いです。


宇宙全体の地図で言うとこんな感じ。
上がGotGの本拠地であるBranchリージョン(地域)。下の丸がジタを含むThe Forgeリージョン。
ジタに近いというのは物資の入手が容易という事なので結構なアドバンテージだったり。

ここは宇宙最大の商都であり(大事な事なので二回言いました)、本当に何でも売っているし、なんでも買い注文が出ています。しかも競争が激しいので、売値は安く買値は高い事が多い!
輸送の手間とか色々抜きに考えれば、どんな買い物でもここへ来ればOKでしょう。
(まあPLEXとかスキルインジェクターとかは、ジタ付近のシステムにプレイヤーが設置して売買税率を低くしてるストラクチャで売り買いされる事が多いのですが、どうせ同じリージョン内なのでジタから買う事もできます)

逆に注文を出す側にとっても、ジタは客が多いので、注文が塩漬けになってしまいにくいという点が大きいです。
とにかく物を売り買いしたいならジタへ行くのが一番です。

さて、そのジタには常に1000以上のキャラがたむろしているほどなのですが、ここのローカルチャットは本当にカオスです。
何しろ99%が詐欺!!
残りの1%? 詐欺を成功させるためのエサです。
詐欺じゃない人は黙ってマーケットに商品並べるし、黙ってアイテム販売の契約を出すもの。

eve onlineは(システムのバグを突いたものでない限り)詐欺が禁止されていないゲームです。
『じゃあ詐欺師天国じゃん!』というのは早計。熟練のeveプレイヤーは訓練されすぎててそう簡単に詐欺に引っかからないし、かといって初心者は詐欺で巻き上げられるほどの大金は持っていない……
純粋に詐欺行為を楽しめるような人でなければ詐欺なんて面倒すぎてやってらんねーでしょう。

とは言え、引っかかる人もごく稀に入るわけで。
詐欺師はあの手この手で釣り針を垂らします。

パターン1 高そうで高くないアイテムを詰め込んだ法外な金額の契約


詐欺としてはオーソドックス。
PLEX(少量)、DED系アイテム(の中でも安いやつ)、BPCなどをごちゃごちゃ詰め込んだ契約。
一見すると『高そう!』って気がするんですが、よく見ると別にお得でもないどころか大損という。
じっくり内容を読めば騙されるわけ無い。しかし、パブリックで出された契約は早い者勝ちなので、本当にお得な契約はすぐに売れてしまう。そういう心理につけ込んで、よく確認しないで飛びつく奴をカモにするための契約です。


この契約を出した後、ローカルチャットに貼って宣伝するのがパターンなんですが、よく見る売り文句は『eveやめるから安く放出するよ!』とか『使わないものがアイテムハンガーに溜まってるから放出するよ!』とか。

しかも『25Bで売るよ!』と宣伝してるのに実際に契約見ると2.5B(つまり1/10の値段)だったりするんです。
つまり『おっ、こいつ25Bと言いつつ間違って2.5Bで出してんじゃんラッキー!』みたいに思わせようとしてるわけです。誰が引っかかるか。
当然商品の合計額は2.5Bにすら及ばない。

パターン2 宣伝と商品・金額が違う

ベクサー海軍仕様(約80M)を安く売るよ! という契約。
しかし覗いてみればただのベクサー(約8M)……とか、そういうパターンです。
まあ分かりやすい詐欺ではあります。

『1Mで売るよ! 安いでしょ!』と言いつつ1Bで売ってるのもあり。よく見ないで飛びつくと引っかかる。

この手の詐欺で一番笑ったのは、スキルインジェクターという触れ込みでミョルニールクルーズミサイル1本を売るというもの。

 

よく見ないと間違うかも知れない……

パターン3 詐欺(物理)


輸送依頼です。

2ジャンプ分輸送して4M。手間賃としちゃクソ安いですね。
そして担保は1.3B。担保とは輸送に失敗した場合に没収される金額です。
報酬4Mに対して、失敗時にはマイナス1.3B……
普通の輸送依頼として考えてもクソマズイです。

ですがそれ以上にこれは詐欺の可能性が高いです。
何をどうするかと言いますと、発注者には受諾者が誰だか分かりますので、もしカモが依頼を受諾したらそいつが出港してくるのを待ってKAMIKAZEで沈めるんです。
そうすれば依頼者は担保を貰って丸儲け。仮に攻撃をかいくぐられて配達されても4M程度なら痛くないって寸法です。

そもそもいくら担保を取れるったって、公開で輸送依頼出すような迂闊者は滅多に居ない事でしょう。
荷物に見合うだけの担保を確保するとマズくなって警戒されますし、そうなるとそれだけ高価な報酬を用意しなきゃならない事に……
公開の輸送依頼はそれだけで警戒対象です。

パターン4 もうどこからツッコミ入れれば良いのか


武士の情けで名前は隠してやる。

要約
『俺、すっげー大金をマーケットで動かして儲けてるんだ!
 俺に金を預けてみなよ!
 50Mから100Mなら5倍!
 101Mから500Mなら10倍!
 501Mから1Bなら15倍!
 1B以上なら20倍にして返してやるよ!!
 ひとり一回! ひとり一回までだからね!!』

こんなもんに騙される人は人生に向いていないと思います。

次回:ジタの詐欺師ども 応用編
今回は比較的単純な詐欺を紹介しましたが、次回は応用編を解説しようと思います。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

DW-T2Iに行ってきました!

みなさんご無沙汰してます

SAKUMA DROP平社員のMinoriです。

前回投稿から半年以上が経過してしまいましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか。

私は前回投稿の少しあとにMy Avatarが完成してApostleにDDDの試射を行ったり

このSKINかっこいいよね

キノコビーーーーーム

チュドーン

 

クリスマスにプレゼント交換企画をやったり

KS完成してからまたApostleに向かってDDDを撃って遊んだり(あまりApostleよく見えないけど左のアバターらしき物体の右にいるやつ、個人的にはタイタンのDDDの方が派手で好き)

蜂さんが北部に遠足してきたのでステージングに移動しようとしたらゲートをくぐった先で襲われたり(移動する前からなんか嫌な予感はしてたんですけどね…)

Titan/Super carrier/Capital生産からT2生産に切り替えたりしていろいろあったのですが最近一ヶ月はなんか刺激が足りなくてしばらくEveはお休みというか

こんな感じでにジタで仕入れた石を転売する生活をしていました。(たまに飽きがきてログインするのが億劫になる時期もあるよね、きっと)

とまあ前置きが本編みたいになってしまいましたが、Eve universe 北部 Fade regionにあるCO2のキープスター防衛戦に出かけてきて帰ってきたので振り返ってみたいと思います。

事の発端

というわけでRed Pen (CTAの上位、大規模戦闘になることが多い)が発令されました。一か月間あまりログインしてなかった私もタイタンの出番があるとのことで徹夜することを決めたのでした。

防衛当日

さて、防衛当日(7月14日)になり、いろいろあわただしくなってきました。まず始めにやらなくてはいけないことは前線への船の運び込みです。今回は蜂さんとの闘いが長引きそうとのことで何種類かあるドクトリンのうち今後使う可能性のある船を前線に運んでいきます。

ちなみに前線に移動するときは下道で行くのではなく、キャピタルのSMB(組み立て済船がはいる)に船を入れて目的地にジャンプするので一瞬でつきます。始めたばっかりでキャピタルを持ってない人もアライアンスの誰かに頼めばSMBにいれて運んでくれるので安心してください。

私はとにかく大きな船にのりたかった(だってかっこいいじゃん)のでこんな感じで一人でタイタンやらスーパーキャリアーやら出して移動することが多いです。(SMBはいつでも空き容量があるんでむしろ遠慮せずにどんどん輸送依頼をしてほしいくらい)

現地についたら次にやることは保険の確認です。基本的に大規模戦の時はDN/CV/FAXは死ぬ覚悟で行くので保険をかけていくことを推奨されるのですが(SRPと合わせたらもし戦いで落ちても次のDN/CV/FAXが装備込みで買えるくらいになるので死ぬことを恐れずに出撃できる)SC/TTクラスになるとそうもいかず、

SCの保険はこんな感じだったり

タイタンだとこんな感じになってます。(なぜかSCより保険金と払い戻し額が低いけど…)

基本的にSC/TTクラスになるとあまり落ちることを想定されていないというか、落ちるような戦闘には基本的にださないので保険は掛けません。

保険の確認が終わったらOVの設定を確認して(大規模戦だとブラケットの表示・非表示でクライアントの生存率が全然違う)あとはおやつとコーヒーの用意をして時間を待ちます。

時間になると、ジャンプのできないサブキャップが先にアンドックして現地に向かいます。場合によってはタイタンでブリッジすることもあるのですが基本的には(部分的にも)下道を使うことが多いです。

私は今回はキャピタルだけだったのでサブキャップがでてからしばらく待ちます。しばらくしてキープスターから出てサイノに飛ぶように指示が出ます。

タイタンが同時にたくさん出るとこうなります。(割と気持ち悪いというか現実的に考えて同時に出てくるのは有り得ないような…)

ジャンプ先でゲートにアラインするタイタン、向きが揃ってるとだいぶ迫力がある

そうこうして今回防衛するKeepstarがあるDW-T2I星系につき敵が来るのを所定位置で待ちます。

A dead coalition…are you afraid to jump

ひたすらゲートキャンプして敵が来るのを待ちます。

事の顛末

長い間敵が来るのを待って居たのですが、結局敵は現れませんでした。

というのも、

1 某Diploのtweetにあるように攻撃側はPOSを全部攻撃してサイノジャマーを使えなくし、スーパーキャピタルフリートを直接投入して押し切るつもりだった

2 しかしサイノジャマーはCPUを使わずPGのみを使うのでreinforcedなPOSでも使うことができることを攻撃側が見落としてた

3 防衛側はサイノジャマーをオンラインにしたうえでゲートキャンプすることにより敵の侵入を阻止、キープスターの防衛に成功

ということで戦わずに作戦成功になりました。得てして”大規模戦になるよ”という時はならない事が多いのですが(作戦は立案段階で決着がついてる事が多い)とはいえ守る側としては人が居なければ守れないのでそこがEveの難しいところ。

とはいえ蜂さんはしばらく北のほうにいるようなので次の闘いに備えたいと思います。

 

ちなみに…

チキらずにサブキャップもDPS出してればよかったな…

 

SAKUMA Dropでは一緒に戦ってくれる仲間を募集しています!大規模戦に参加してみたい人、キャピタルに沢山乗りたい人(昨日DNを○本出したひとがいたらしい)、スーパーキャリアーやタイタンに乗りたい人、ひたすら掘り続けたい人、生産でがっつり稼ぎたい人(私はSC/TT作りまくって自分のTTをゲットしました)、幅広く募集しています!

お問い合わせ・入社申し込みは、SAKUMA Drop Discord まで。
雑談だけでもかまいません、みなさんのお越しを社員一同、お待ちしています!

 

 

 

 

電気羊Suzume Laurantの完璧に幸福なnull生活 #37

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:万一、身体に異常を感じた場合も特に気にせずお読みください。

誰かにスイートロールを盗まれたのか? Suzume Laurantです。

suzume、abyssに死す

abyssで新しい部屋に入って戦闘開始直後にコネロスし(接続が途切れ)、操作不能状態でたこ殴りにされました。
今回私の死に方がどれだけ悲劇的だったか端的に説明します。

・そもそも操作の失敗や誤fitではなくコネロスで死んだ
(eve onlineにおいて、接続が遮断されたりクライアントを落としても、戦闘中の場合しばらくは宇宙空間に船が残る)
・自然回復頼りのパッシブギラだったので、操作できなくても敵が減っていれば耐えきれたはずなのだが、まだ敵が全員健在という最悪のタイミングでコネロスした
・実家が回線工事待ちのネット停止状態で代替機としてクソポケットwifiを使っていたのだが、まだ使い始めたばかりでこいつのヤバさをよく分かっていなかった 1日に3,4回のペースで接続がブチ切れる……ゆるさんぞソ○トバ○ク
・カプセルもやられたので総額1.5Bほどの損失
・死んだ場所がabyssなので装備の回収もできない
・よりによってabyss用のギラを買ってひとつ目のabyssal deadspaceで死んだ
(いつもはイシュタルを使っている)
・ドローンを強化するお高いインプラントを使っていた
・コネロスによりクライアントが落ちている状態で死んだので、死の瞬間のSSや映像を撮影してブログに載せることさえできなかった

どうですかこの悲惨極まる死に方! ブッダファック!!
速度は特に速くなくていいっぽいんですが、安定した回線は必須です。マジで。
超極悪なタイミングでコネロス食らいましたが、その次はカロン(※カルダリの超大型輸送艦)で高額輸送中にコネロスしやがったので(幸いにも積荷は無事)もはや何者かの作為を感じずには居られない おのれ○フト○ンク

よりによって「今日はほぼ活動できないけど1回だけ試してみよう」の1回で最悪のタイミングに見事コネロスして沈むあたり私は何かを持っている気がしてならない。
1.5B……ウフフ……アハハハ……(現実逃避)

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の第一弾はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はピラニアフリートに参加した話です。

ベストピラニア


小さな△はフリゲートのマーク。

ピラニアフリート……なんだそれはと申しますと、高DPSfit(つまり攻撃力が高い構成の装備)なインターセプターの艦隊です。
ご存じの通りインターセプターは、高速軽量、そして何よりワープ妨害フィールド(通称バブル)に引っかからないのが特徴という艦です。
侵入防止に置いたバブルがあろうが、敵のdictor(バブルを発射できる艦)が捕まえに来ようがお構いなし!
敵地の奥深くまでスイスイ進んでいけます。

普段、どちらかと言うとインターセプターの用途はタックラーになることが多いです。
艦隊に先行して敵を捕獲し(つまりwebiで速度を、scramやpointでワープを阻害し)、後続のDPS担当が到着するのを待つわけです。何しろ良くも悪くも軽いですからね。
ですがピラニアフリートは、そのインターセプターがDPSであるわけです。
攻撃力という点では見劣りしますが、艦隊全体の動きがとにかく素早い!
『ちょっと遠いところにintel報告来たな……』と思っていたらいつの間にかすぐ近くに居て、艦隊の(ほぼ)全員が高速タックラーなので素早くシステム中に散らばって獲物を探し、そして哀れなラット艦を捕獲すればよってたかってなぶり殺す。
それがピラニアフリートなのです。

ベストを尽くせ


今回メインの船はクロー(=爪)。
ミンマターのインターセプターです。

みんたま製の船はどれもこれも軽量快速なので、インターセプターでも一番人気。
クローはタレットにボーナスが付くので、DPS役にもピッタリです。
ただ、カルダリのインターセプターに『クロウ(=カラス)』が居るので類似品に注意。ややっこしー。

最近カラドリウスでは、有志によるPvPサークルが活動しています。
みんなでLow-Secへ遊びに行く企画をしたり、PvPのノウハウをベテランの人が教えたり。
そこで先日、ピラニアフリートが企画されました。
金策が楽しすぎてPvPは少々後回しな私ですが、別に興味が無いわけではなく、ピラニアフリートに参加してみることに。
行き先は敵領土の奥深く。前線から離れた場所でのんびり金策してる連中を血祭りに上げるのがメインの目的です。

とは言いましたが目的地に着くまで何もしないわけではなく、道中の敵領でしっかり獲物を探しながら進んでいきます。
そのソーラーシステムで何体のNPCが倒されたか、などは外部のサイトで確認可能です。
ラッティング(※NPCを倒して賞金を貰うこと)をしてる人が居るシステムはそれが高くなるわけですね。
そうやって獲物が居る場所に目星を付け、システムに侵入したらみんなで手分けして一斉に戦闘アノマリサイト(※宇宙空間にある敵NPCのキャンプ的な場所)を探します。
ピラニアフリートだからこその速さ!
普通の艦隊だったら、いくら軽くしてもこうはいきません。集団行動はそれだけ動きが鈍くなるものなのです。

ところが、侵攻中にゲート前で迎撃と遭遇。
(以下、スクショを撮ってる余裕が無かったので自動録画のキャプチャでお届けします)

先行してるコイツは偵察なのかエサなのか。

敵方はレトリビューションも出て来て戦闘開始。

こちらは最初はアッシムーを狙っていたのだが、途中でレトリビューションだけ食って逃げる方針に。

増援が飛んでくる。


画像下、味方の残骸があります。

レトリビューションをギリギリ落としきれないまま逃げる。

GF!(グッドファイト! という戦闘後のアイサツ。アイサツは大事。古事記にも書いてある)

と言うわけで艦隊は侵攻途中で壊滅。
私はなんか運良く生き延びたんですが、残ったのが2、3隻ではもはやどうしようもなくお帰りとなりました。

この戦闘の私の反省点を述べますと、MWD(※速度を6倍に引き上げる装備)をオンにしたまま敵を撃ってしまったこと。
私は途中でのターゲット切り替えは上手くいったんですが(切り替えができなかった人も居た模様)、高速で動いていたせいでろくに火力が出ていなかったようです。
タレットは相手が小さかったり相対速度が高かったりすると、命中率が低下してダメージも通りにくくなります。
ただでさえ速度の出るインターセプターで、小さな相手を狙って攻撃するというのに、MWDを使って飛び回っていたのですからそりゃあマトモに当たるはずありません。
そう言えば小舟対小舟でタレット使ったのはこれが初めてだった。

しょーもないミスをした上、ブログで紹介できるような戦果も無く終わってしまいましたが、まあこういうこともあります。
今回はどうしようもない結果でしたが……そのうちまたいつか、ヒャッハーできる日をお楽しみに。

次回:jitaの愉快な仲間達
jitaのローカルチャットは基本的に全部詐欺だと思って間違いないです!
そんな詐欺師達の話をしようと思います。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント250,000点(スキルインジェクター0.5個分・トレーニング約5日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

 

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

fullscreen