翻訳記事:ARYTH – ONCE UPON A TIME IN ICELAND A SEED WAS PLANTED

元記事

ARYTH – ONCE UPON A TIME IN ICELAND A SEED WAS PLANTED

Submission 2018-09-20
Header Art by Redline XIII

編集注:この記事はGoonswarm Federation財務長官Arythによる記事です。

 

最初に、この記事はImperiumとGotG/Dead Coalitionの敵対関係をEVE時間9月29日から停止することを告知するものである。詳しい停戦条件は文末に書いてある。詳しいことは君の時間を奪い、細かいことを書き立てるだけだ。40個のFaction Fortizerもしくは同等物同で6ヶ月間、停戦をする。個人的にもこの交渉に関わっていた。君も知っての通り、これは非常に割りの良い取引だ!

 

君たちの大部分が知っての通り、CSMサミットは現実世界での外交の時間だ。New Edenで最も力を持っているリーダー達が1週間共に過ごす。大量のアルコールが社交性と外交を活発化させる。そしてレイキャビクでも最高のレストランでお互いに気を使いながら薄暗い中最高のムードでお互いに食事をする。サミットは君たちと私の関係と変わりはない。私やMerkelchenそして他のImperiumのリーダーたち、敬愛するべきGOTG側のSort Dragonと Killah Bee、 そして NC. の指導者たちと会った。

 

サミットの間、戦争はお互いの側に激しく傾いた。一つの転換点となったのは、CO2のFleetが1日に2度もC-term FC達に殲滅されたことだが…話が脇道に逸れるのはよそう。私はBig KahunaでKillah Beeと酒を飲んでいるときに交渉を始めた。ほぼ現在合意したのと同じ提案を行った。最終的なISKの額が変動したが、私はその交渉をまとめた。

 

メタ的なことをいってしまえば、短期的な目標達成よりも、情報収集と勝利を目的としたものだった。この提案を行った理由の一つとして、私は我々がどれだけ手酷く彼らを打ち破ったかを見せつけたかった。答えはそう、むちゃくちゃに打ち破った、だ。彼らの動員人数は減り、死にかけていた。彼らは現状維持すらできない状況に追い込まれ、敗北へと向かっていった。君たちは彼らが負けていると知らなかったと言うかもしれない、だが、恐らく彼らは自身の状況を知っていた。しかしながら、我々が正しいときに適切な人々と話す機会を用意できなかったのだろう。

 

CCP本社でCSMに参加しながら電話で数時間の会議をこの協定をまとめるために行ったのはベストコンディションでもかなりきつかった。ありとあらゆる条件を考慮にいれた上で、原案を上層部へ取り次がなければいけなかった。なぜならば、このようなことは前例が無い上に、他の重要な議題がCSMで持ち上がったからだ。その週の中頃には、私達の関心はCSMへ集まった。半ばを過ぎる頃にはCCPがCSMとの関係をどう捉えているのかという認識を大幅に改めることになった。

 

この件があったため、交渉は最後の日の夕食まで進展しなかった。また、私はCSMメンバーの中でInnominateとMerkelchenを除いては誰よりも早く帰る便に飛行機を変更した。これの意味するところは現実世界のアイスランドで、お互いに納得した条件を詰めきれる時間は無いということだった。ただ、交渉の土台は築かれていた。

週末へと時間を戻そう。元々は私たちはNC.を相手に交渉を行っていた。何故ならば彼らは相手陣営の全てと良い関係を持っていたからだ。しかし、問題が発生した。我々が信頼することのできる人物がNC.の内部には存在しなかったのだ。GOTGについても多くの選択肢があるとは思っていなかった。ではKillah Beeはどうか?彼は確かに戦域FCだ。だがNC.と同レベルの交渉力を持っているとは考えにくい。ここが明らかに問題だったのだ。このような大きな交渉を行う際にはお互いに信頼できることが条件となる。だが、お互いにそういう人物がいない場合はどうすればいいのか?そうしてSort Dragonが候補に上がり、最終的には彼と交渉した。彼とは2回CSMで同期となり、色々あった後にこのような交渉を行える相手と確信していた。理解して欲しいのはCSMはEVEの国連のようなものであって、厄介なワームホール勢力を共に追い払うとき以外はそんなに忙しくないのだ。

 

最初の提案が拒否されてから我々はFaction Fortizerでの支払可能だというように提案を変えた。それらがどれ程高価なものか知っていたしDekleinにFac Fortiが一杯あるのを私たちは知っていた……それはかつて我々が建てたものだったからだ。私たちはDekleinを焦土にすることも、占領することもできただろう。当初はお互いに行き違いがあった。Sortは私の出した条件をアイスランドで全て理解していると思っていた。きっちり2日目にお互いに確認をしておくべきであった。15日から16日にかけてやり取りがなされ、お互いの幹部が同意し、協定にサインをした。

 

この協定の終着点は協定を秘密に保つことだった。我々は勝ち誇る必要が無かったし、それはNew Edenで最強の艦隊を皆が見てる前で展開し、恐怖に陥れたからだ。我々からすれば、私達は既にEVEの王冠を手に入れていた。誰も私たちの覇権を脅かすことはできないだろう、だが、本拠地で成すべきことがたくさんあった。私達の古き故郷から多くの財宝を奪い取り、ダイソン球のように恒星の周りに並べれば素晴らしい征服のモニュメントとなるだろう。付け加えて言えば、本拠地の開発計画や他地域でも成すべきことが山積みになっているし、一旦休憩が必要だと考えていた。そう、最高のセックスをした後の賢者タイムのように。

 

相手側の視線に立てば、彼らは自分達の領土と艦隊を保全することができた。野火のように我々の艦隊が暴れ回るのを阻止し、Coalitionを保った。全員にとって、幸せなシナリオだった。

 

Sort Dragonは補償金をアメリカ時間の9月18日に振り込んできた。そして、19日に協定が発効された。2019年3月19日に失効することになるが、彼らはもはや脅かされてはいなかった。

だが、この協定は秘密に保たれるはずなのに、ここで公開されてる。一体全体どうしちまったんだ?!そう、この協定は秘密にされるべきだった、となった。あるCorpがGOTGからNC.へと移籍したがっていた。だが、その移籍はNC.によって拒否された。そして彼らは協定を表沙汰にすることに決めた。
彼らは協定の具体的な内容については知らなかった、だが協定が存在することは知っていた。そしてこれは最終的にRiotRickが自分の面子を守るために全文を明かすところまでつながった。
協定の発行日にリークが成されたため、私たちは混乱した。しかしながら、Keepstarを破壊し続け、多数のRegionを焦土にし、Allianceを崩壊させつつ、自分達を最高の状態へともっていく…こんなことはこれ以上やっていられない。
New Eden全体が私達の勝利を知っている。略奪品をスマウグ(RotRのドラゴン)のように持ち帰り、我々の力と豊かさを見せつければ…誰もが我々にすり寄ってくるだろう。

Deal Terms – What follows are direct copy and pastes from the deal document signed by both parties.

(協定内容)
————————————————-

 

Imperiumは次の条件を満たされている場合、EVE時間2018年9月29日より主力Fleet、SIG、squads及びcloaky camperをPamfam領から1ヶ月間、GOTG領 から6ヶ月間撤退させる。

GOTGは合計でFaction Fortizarを40もしくは同等物のものを支払うこと。

 

調停から72時間以内に10のFaction FortizarをHigh-sec経由でAmarrへHigh-sec Stationに輸送するか、もしくは500B(これは10のFaction Fortizarを納品した後に払い戻しされる)を支払う。

 

調停から10日以内に5つすべての’Moreau’ Fortizarと残り30のFaction FortizarをHigh-sec経由でAmarrへHigh-sec Stationに輸送しなければならない。

 

1の’Moreau’ Fortizarを2のFaction Fortizar相当と見なすことができる。例えば、5の’Moreau’ Fortizarと30のそれ以外のFaction Fortizarで支払い条件を満たす。

 

GOTGはImperiumの撤退中に攻撃すること、unanchor中のImperiumのStructureの妨害及びunanchorされたStructureを盗もうと試みることを禁ずる。

 

GOTGは協定の効力が有効な間はImperiumのStructureを攻撃することを禁ずる。

 

調停から24時間以内にImperiumはFade及びPure Blind以外のRegionに対して攻撃タイマーを発生させることを停止する。すでに存在する攻撃タイマーは9月29日まで攻撃することができる。誠意の兆候として、Imperiumは9月16日に予定されていた2つのIHUBを攻撃することはないだろう。両陣営は可能な限り合意上の秘密を守ること。Imperiumは「自然な戦争の終着点」として主要なKeepstarを陥落させ、これを利用して撤退する。

定義

* Northern territories (Tribute/Vale of the Silent/Geminate)

Pamfam領 (Tribute/Vale of the Silent/Geminate)

** GOTG space (Deklein/Branch/Fade/Pure Blind/Venal) Venal blazers can do whatever still.

GOTG領 (Deklein/Branch/Fade/Pure Blind/Venal) Venal blazerは如何なる場合でも自由に行動できる.

*** Any Imperium structures

いかなるStructureも含まれる

 

Imperium傘下Alliance (CONDI/BASTN (DUTCH)/B C C(RENTD)/INIT.(-IA-,IM)/LAWN/TNT/IMGAY/ME4U/MEX/PBLRD/SV./WI.)
Cloud Ringにある全てのStructure、及びImperium傘下AllianceのStructureに対して攻撃することを6ヶ月間禁止する。ただし、Imperium傘下でないAllianceに対しては適用されない。

Arythに対して500Bの支払いを行う。この現金は10 Faction Fortizarが納品された後で払戻される。

Faction FortizarはDj’s Retirement Fundに対して納品する。

5ヶ月目の開始時に両陣営が延長が必要かどうかを協議し、もし双方が受けいれない場合はその月の終わりまでにこの取引は完遂される。

 

Let your voice be heard! Submit your own article to Imperium News here!

 

Would you like to join the Imperium News staff? Find out how!