Verrmkert Mechanics のすべての投稿

MTO2-2 My Big Toy was There.

A.D.2014/1/28, YC116/1/28
私は1隻のCrowを飛ばしていた。場所はImmenseaリージョンのB-R5RB
現在に至るまでNew Eden最大のCapital戦として記録されているTitanomachy、日 本では家賃滞納戦争として知られている戦い。

目の前では無数のDoomsday Deviceが放たれ、彼我のFighter Bombersが入り乱れていた。
だが私のCrowは、目の前で繰り広げられている戦いに対して、全く、そう、完全に無力だった。

私は操艦さえままならぬTiDiの中、一人誓った。いつか、必ず、Doomsday Deviceを眺める側でも、浴びる側でもなく、撃つ側になると。

 

AD.2017/10/11
GOTGがアンカーしたKeepstarの1st Repair Timerをめぐる戦いは、GOTG側がCapital FleetをMTO2-2へ突入させるところから始まった。

GOTG側は総統のSort Dragon自ら陣頭に立ち、動員した膨大な量のCapitalをHD-JVQより、スターゲートを経由してMTO2-2へ突入させていく。
その艦列のに私のNyx、Apostle、そしてErebusはいた。
そう、あれから4年。私はついに撃つ側になったのだ。

DRF側は、GOTGの突入を妨害するべく、スターゲート周辺に多数の設置型バブルを展開していたが、GOTG側はこれを難なく排除。
建設中のKeepstarへ各艦隊を配置した。

KeepstarのReipair Timerが始まると同時に、Keepstar周辺に多数のCynoが展開され、
DRFのDreadnoughtが数隻単位の小集団となって突入してきた。
同時に、DRFのAbaddon FleetとMachariel FleetもKeepstar周辺へワープ、ここに戦いの火蓋は切って落とされた。

DRF側の意図は明らかであった。
本来、艦隊は集中運用することによって、最大の破壊力を発揮する。
それをあえて分散したのは、各個撃破させることによりDreadnoughtが全滅するまでの時間を稼ぎ、
その間にGOTGのKeepstarを破壊するためであった。

しばし相手の意図を図っていたFCより、ようやくDoomsday Deviceの発射許可が下りる。
私は手近なNaglfarを目標に選び、Aurora Ominaeを起動する。

この1隻目のNaglfarはAurora Ominaeにより轟沈した。

敵のDreadは私のErebusからは約150-250kmの範囲に展開していたため、ブラスターでは残念ながら有効打を与えられなかった。
そのため私は砲をブラスターからレールガンへと切り替え、DDDにより瀕死となった敵Dreadへ火力を投射することにした。
これにより少なくない数のDreadに止めを刺すことができた。

程なく、Doomsday Deviceの第二射目が射撃可能となったため、これも手近なNaglfarへ発射し、
このNaglfarもまた、一撃で轟沈した。

しかしながら、全体としてはGOTG側のCapital Fleetは運用効率が低下し、
DRFのDreadの第一波をDownTimeまでに殲滅することはできなかった。
主な原因はDoomsday Deviceのターゲットの重複、
そしてTiDiにより、SuperCarriorのファイターが操作不能となったことであった。
私のNyxより発進した第一次攻撃隊のうち、Cyclops 3個中隊はTiDiのため敵Dreadまで到達することに失敗し、
逆に敵Machariel Fleetに捕捉され、一瞬で全滅した。

DownTime明け、GOTG側はTitanから順にログインを開始、
DRF側も順次ログインし、戦闘は再開された。

ET 12:20過ぎ
DRF側のDreadの第二派が突入。
ここで、GOTG側はDoomsday Deviceの統制射撃を開始した。
すなわち1隻の敵Capitalに対し、1発のDDDを発射、瀕死となった敵をSuperCarriorとTitanのタレットで止めを刺すというわけだ。
私のErebusもここで指定されたターゲットに向けDDDを発射、以後、この統制射撃が戦いが終了するまで実施された。

このあたりで、KeepstarのHPが徐々に削られ始め、緊迫した空気が漂い始める。

12:40頃
敵Capitalの一群が、Keepstar直上、GOTGのCapitalFleetから330km付近に現れる。
この距離はTitanが攻撃不能な距離であり、SuperCarriorのファイターもTiDiにより不調なため
GOTG側はこの一群に対してこの時有効打を与えることができず、一方的にKeepstarを攻撃されることとなった。、

このころ、Erebusの射程内に敵Capitalが1隻もいなくなったため、敵Macharielへレールガンを発射。
うち何隻かに有効打を与えることができた。(撃沈まで至らなかったものの、瀕死に追い込んだものも何隻かあった。)
Subcap戦でやや押されていたこともあり、有効打が出るならばとこの後敵Capitalが射程内にいない場合積極的に敵BSへ火力を投射した。

13:10頃、直上330㎞の敵Capital群へGOTGのDreadがワープにより突撃、これにより直上に陣取っていた敵Capital群は殲滅された。

13:30、もはや建設中であったKeepstarの運命は明らかであった。
だが、それでもFleetはゲートを超えて帰らねばならない。
そのためにKeepstarを懸命に攻撃する敵を、この後の30分、1隻でも多く屠ることにGOTGの全力が注がれた。

14:02 Keepstar 爆散

この後、DRF、GOTG共に艦隊を撤収させ、第一次MTO2-2戦はGOTGの戦略的敗北、戦術的勝利という形で終了した。

2017/10/17
第二次MTO2-2戦はGOTGのFortizar 1st Repair Timerを巡って行われた。

10/11からの数日間、GOTGは周辺宙域で作戦を展開、いくつかのPOSを破壊し、
MTO2-2に設置されていた、TESTのFortizarもRFに入れられた。
そして10/10、作戦は発令され、Fortizarのアンカーが開始された。

ET 19:50
FortizarのRepair Timer開始とほぼ同時に、TESTのJackdaw FleetがForti周辺に展開されていたバブルに突入。
Capital Fleetはゲート通過中であったが、これを好機と見たGOTGのSubcap FleetのFCは、Machariel Fleetを突撃させる。

結果、TESTのメインFCであるprogodlegendを撃沈したものの、これはDRF/TESTの罠であった。
突撃し、突出したGOTGのMachariel Fleetへ向けて、DRF/TESTのBomberによる爆撃が開始される。
この爆撃で投下されたBombの量は凄まじく、これによりGOTGのMachariel Fleetは壊滅した。

しかしながら、この直後、Pandemic LegionのCapital Fleetが現れ、リペア中のGOTG Fortizar直上へ展開。
GOTGのCapital Fleetも敵Machariel Fleetの至近距離へワープで突入し、DRFのSubcap Fleetを殲滅していく。

DRF側のMachariel・Abaddon両FleetはCapital Fleetの火力の前に退却を余儀なくされた。
結果、GOTG Fortizarのタイマーは守られ、MTO2-2に橋頭保を築くという戦略目標は達成された。

 

7/5 J7A-UR PL Comming!!

当アライアンスのKosuke Alduraldより代理投稿の依頼がありましたので投稿します。
あの日は私もNaglfarとBasiliskを投入していて、そのうちのNaglfarについては本当に間一髪で離脱成功しました。敵のJumpInしてきたInterdictorがバブルを展開するのとはほんの僅かな差、助かったのは運でした。
FC以外のメンバーにとっても反省すべき点は多々あったし、今後この授業料の価値に見合った教訓を得ていかせるか、それ次第なのかなと思います。
それでは以下Kosukeの言い訳タイムの始まり!


 

7/5(日)それは私たちにとっていつもと変わらない日々だった。
Immensea付近にAUTZで遊んでくれる勢力がいなく、退屈な日々をすごしていた。
何日か前、コンテンツを作るためにINITのPOSらを掃討するため、我々はカースのJ7AのPOSを攻略した。
だがそれに対して地元のSenseless(以下SENSE)もなにも手足を出さずにSTで黙ってみているだけだった。
だが前日にようやくSENSEが私たちのPOSを撃ってきた。
そしてRF明けは夕方。何人かのPilotがPOS REPを試みてくれたが、予想外にSENSEが本気に折に来たようだった。
無理をしてPOS REPをしてもいいのだが、あえてコンテンツを作るために私たちはそのまま敵にPOSを折らせ、私たちのPrime TZである22時にシールドが回復しきっていないだろう彼らのMPOSを攻略することを決めた。
そして時間になっていつものようにCapitalとSub CapitalをFormしタイタン前に。

私たちは最初からすべての戦力を投入すると、また彼らが何もせずSTで待機してしまうのではないかと考え、あえてベイトのThanatos一隻だけを先にJumpさせてまだ武装のついてないPOSを撃たせ、彼らのFleetを待った。
彼らの数隻のIshtarがCynoにWarp inをし、Cyno up中のLokiを撃ち始めたのでTitanはそこにSubcapitalをBridge。。。。。

するはずだったのだがなぜかJumpエフェクトがかかっていたのは皆を送り出すはずのTitanだった。
「わあーわーわー」とTSが騒がしくなり、
そしてすぐさまdock待機させておいたCarriersをJump inさせTitanはMWDを使い、システム内のPOSにWarp out. Landingと同時に拠点へとJump outさせた。(後々拠点へ戻る最中に、SENSEはこの時にPLを呼んでいた可能性がかなり高かったのにも関わらず、このままSENSEのPOS攻略を進めると決めたFCは改めて皆に謝罪をした。)
皆のTSでの阿鼻叫喚の中、再度気を取り直しSubcapital,DreadsともにJ7AにJump in。
そしてシールド50%以下の彼らのPOSはRFのタイマーを調整することもできずにRFに入った。
そしてDreadのSiege Cycleが残り僅かになったタイミングで、ST Campされ身動きができなかった味方Carrier(POS REP用)を助けるべく、SubcapitalをSTにワープさせた。と同時に私たちの拠点に帰る用のCynoもすでに位置についており、いつでもCapitalsはJump outできる状態であった。
SubcapitalがSTにLandingすると同時にDreadsの「Siege out」の声がTSであがり、拠点へ戻る指示を出そうとしたその瞬間にJ7AでCynoが上がった。
私はOVにCynoが写ったと同時にすべてを悟り、1秒間の間に「拠点でCynoあげてCapital Jump out」をかみまくりながら、誰も聞き取れないほどの速さで5回くらい繰り返した。(あとから録画してた人に見せてもらうと、TSでの「Siege out」からFCのJ7AのCynoに対しての言葉までは1秒なかった。)
SubcapitalがCynoにアラインをしながら私はCapital Pilotに謝り、だれも救い出すことのできないことを伝えた。
そのまま指をくわえてCapitalが沈んでいくのを見ておくのはつまらないので、せっかくSub capital相手にBarghest Fleetを試すchanceだ!ということでSub CapitalをPOS前の戦場へとワープをさせ、戦場に残っていたあらゆるSub Capitalをこれでもかというスピードですべて倒しきった後は、PLのSurper*20に対してなにも打つ手がない私たちは拠点へもどることを決めた。
敵のSubcapitalを次々と落としていく中、MWDを焚くのが遅れたBarghestが敵SCのNeutの餌食になり動きが止まり捕まってしまった。

今回は授業料としてはかなり痛い出費になってしまったが、Caladriusは今回失ったCapitalを再建し来たるSov Systemの変更へ向けて、各自準備に入るように伝えその日は解散となった。

6/5~6/11 Immensea北西部の戦い

Immensea北西部は要衝であり、Halloween WarではN3の本拠地が置かれていた。

6-5map
このEmpire側へと飛び出した部分が最近Caladriusが活動しているI-N周辺だ。
ここはGclubとその仲間にとって、Empireからの補給路なのだ。

RF6TのOPで優勢を確認したCaladriusは、続けてNCdotがスタンディングリセット後放棄したままになっているI-Nと、
DNSとInitが保持していたXS-からの3システムの奪取を目指した。
だが彼らと違うTZがメインの都合上、色々と厳しいものがあった。

RF6Tの最終タイマーはたまたまRUTZの早い時間、AUTZの遅い時間だったので何とかすることができた。
しかしその後はEU/USTZにRF明けが設定されたようで、朝食や昼食の時間を削ってOPを行うことを余儀なくされた。
この際GclubやDeepspaceはよく支援してくれて、非常に助かった。


6-5POSbash
XS-のInitのStaging POSをRFに入れた際の1枚
大量のECMとハードナーで固められた難攻不落の要塞だったが、DNを大量投入することでその守りを崩しRFに入れた。
この際支援に出ていたCVはECMでジャムられ続けてまともに攻撃できなかったため、途中からDNにセントリードローンをアシストして対処したほど。
このPOSをRFに入れたことはコアリションの他のアライアンスのFCから賞賛されたと聞く
RF明けはGclubがIshtar Fleetを編成してPOSを折った。


その無理が表面化したのがXS-のOutpost最終タイマーだった。
DNSはこのOutpostの最終タイマーでやっと防衛に意欲を示した。
RF明けにDNSはCaladriusのSBUを攻撃してくる。これを相手にするだけの戦力はそのとき無く、
手をこまねいて見ているとGclubが突入。DNSのSBU撃ちを行っていたCVを捕まえる。
急遽応援に出たCaladrius、しかしCVが後僅かで撃沈と言うその瞬間、PLがHotdropしてきた。
そしてその圧倒的な火力の前にSBUは一瞬で消滅したのだった。

RF6T-8 OP Success!!!

0605rf6t
JST 6/1 18:30のSBU設置作業から始まった一連のRF6T-8システムに関する作戦は、JST 6/5 9:31の同システムのTCUオンラインをもって完了した。
このシステムをEsoteriaでの動乱に付け込みCaladrius Allianceから奪取したThe Initiative.は、ここ2週間の近辺でのPOSの攻防で優勢を確保できなかったためか防衛を放棄、結果無事システムの奪還に成功した。
このRF6T-8はCaladrius Allianceにとって戦略上重要なシステムであり、またこの後のImmenseaで各種作戦を進めていくうえでの試金石ともなる作戦だったため、今回の作戦が成功した意義は大きい。

JST 6/1 18:30よりSBU設置開始、同日21:37、全てのSBUがオンライン完了、そして同日22:10、I-HUBへの攻撃が行われI-HUBは1st Reinforceへと入った。

I-HUBの1stタイマーはJST 6/3 の午前4時という早朝だったが、Gclubがフリートを編成し、Caladriusからも10名弱参加したそうだ。(私は寝坊して参加できなかったorz)結果I-HUBは2nd Reinforceへと入った。

JST 6/5 1:01の2nd Reinforce明けにThe Initiative.はFleetを編成する様子が無かったため、CaladriusはCapitalと適当にDPSの出る船で出撃。Deepspace.も支援に駆けつけてくれた。
しかしこの際、今回の一連のOPで最も緊迫した状況となった。
まずCurseのPLのステージングシステムに入り込んでいたスカウトが、不審な動きを察知した。そしてそれと同時にNPCコープ所属のBuzzardがふらっとRF6Tに向かってきた。ここから考えられることは…そう、PLによるHot Dropである。(PLはよくNPCコープ所属のドロッパーを使う)攻撃準備に入っていたCapitalをFCは退避させようとするが、丁度そのとき帰りのCynoがいるシステムに敵対勢力のRoamingが突入、退避のために帰りのCynoを焚くことが不可能になってしまった。今にもPLのSuperが続々ログインしてDropしてくるのでは?と思われたその瞬間、Buzzardは何故か一度クロークしたにも関わらずゲートを固めていたSubcapから約20kmの位置でデクローク、そしてそのまま撃沈されたのだった。
彼はいったい何がしたかったんだという疑問と衝撃から、その場にいた全員がゲートに向かってよたよた走っていく卵を撃つことを忘れてしまったという。
(結局PLもInit.も来ることはなかった)

I-HUBとTCUの破壊後私はTalosに乗って来たことを後悔しながらSBUをオフラインにしてまわり、そしてCaladrius各社でTCUオンライン開始。

TCUは6/5 9:31オンラインになりRF6T-8での作戦は完了した。

5/26 PL Muninns VS Caladrius & Deepspace Ishtars

この日はJST 21:30よりOP
目標は同日同時刻頃RF明けとなる、7-ZT1YのDirt Nap Squad.(以下DNS)のPOSの撃破。
DNSは決して強力な集団と言うわけではないが、そのバックにPandemic Legion(以下PL)がついているため厄介だ。

PLがCurseから睨みを利かせているがために我々のCapitalの運用に相当な制限がかかってしまっている。
もしも彼らの見ている前でうっかりDNやCVを使おうものなら、たちまち倍以上のSuper Carriorが飛んでくるだろう。
そしてそのためにSovのトランスファーを慎重に行う必要があってめんどくさいことに…(トランスファー中はRFが効かない)

CaladriusとDeepspaceのメンバーが打ち合わせていたシステムで集合し、Ishtarフリートが編成される。
MacharielがどうみてもFCだってバレバレだとDeepspaceの人が言っていたが、まあFCのわがままの範疇だしやむなし。(笑
一方PLは、ArtyMuninnフリートを編成してきた。
そしてXS-K1Oを移動中の我々の後方にHotDropし、退路を絶つ形で戦闘を仕掛けてきた。

その後の戦闘はFCがうまく指揮し、Muninnをアウトレンジする形で戦うことができた。
ただ、ついてきていたT1CLが何隻か長時間のMWDを回しての機動戦にCapacitor切れでついて来れず、足が止まって沈んでしまったが…
結局途中でDeepspaceのIshtarがFCの意図した戦闘ができないFitだと判明し、一度引き上げてフリートを再編しようとしたところでPLは撤収。
その後規模の大きいProteus Fleetを編成してどこかへ行ってしまった。
(恐らく数時間後のEtherium ReachでのNulli Secunda相手の戦闘ではないかと思われる)

Related Kill
https://beta.eve-kill.net/related/30002156/201505261300/

その後はPLのProteusが襲ってきた際のことを考えTorpedo BomberでRF明けのPOSを撃つことに。
https://beta.eve-kill.net/kill/46874568/
POSは無事に折れた(その際防衛のためなのかTenguやらFalconやらが実質的に単騎で出てきて、それで次々味方に撃破されていった)

20150526shootfitsv
最後にXS-のOutpostのFittingサービスを撃ってOPは終了。
長時間のOPとなりましたが皆さんお疲れ様でした。