ESPM記事 Suzumeのnullへの誘い

電気羊SUZUME LAURANTの完璧に幸福なNULL生活 #92

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:自我を保ちましょう。

あなたが Suzume Laurant を覗いているとき、Suzume Laurant はいい加減なのであなたを覗いていたりいなかったりする。

こちらのブログでも紹介していた日本語再ローカライズが12/8、ついに実装されました。
余談ですがeve onlineでは重要なアプデはだいたい火曜日のDT(日次メンテ)で行われます。

私は日本語クライアントの更新が止まった後も日本語版を使い続け、新規実装されたものだけが英語というまだら状態で使い続けておりましたが、今後は新規実装されるテキストも全部日本語になるという事で色んな文章を読むのがなかなか楽しみです。
まあ必要なのは英語のままでも読んでましたけどね。外部の人とのコミュニケーションもだいたい英語だし。

実装当日の夜には、ジタ4-4前に日本人プレイヤーたちが集まり、フェスティバルランチャーで花火を打ち合いました。
現在シージグリーンというアライアンスに参加している日系勢力のNACHOさん方が多分一番乗り。そこに我らカラドリウスの花火フリートも駆けつけてステーションに燃え移らないか若干不安な位置で花火大会に。
なお私はエピタル(PI品用の輸送艦)で参加。思い入れがあるんですもん。

現場にはカラドリのハイセク初心者コープの方のみならず、ヌル暮らしだとなかなか顔を合わせる機会が無いハイセクの日系勢力・日本人の皆さんもちらほら参加しておりました。
私のブログはどうしてもヌルが視点なので死角になりがちなんですが、ハイセクにもローセクにも日本人は結構居るんですよね。
(前述のシージグリーンもローセクアライアンス)
あと、日系ではない勢力に個人で参加してる日本人もいるわけですし……
一応新歓目的である私の記事でこういう事を言うのもなんですが、eve onlineで日本人が生きる道は一つではありませんので、自分に合った居場所を色々考えてみるのもいいのではないでしょうか。

こちらは私ではなく、再ローカライズを記念した新実装の「サクラSKIN」を施したレイブンで花火の中を飛ぶAllyメンバーの写真

その後、すぐ近くのシステムに公式の花火大会キャラバンがやってきて我々も移動。

とにかく皆で集まって2時間くらい花火を撃ってるだけだったんですけどね。
めっちゃ楽しかったです。

そう言えば前回のブログでESSの変更についてお伝えしましたが、流石にあれは渋すぎだったのか、早くも若干マイルドな方向に調整されました。

・自動支払いの間隔が3時間から2時間に
・中身を分捕るのに必要な時間が5分から6分半に
・ESSの付近でクローク(ステルス状態で潜むこと)不可能な範囲が拡大
・変動賞金の基本倍率が115%から135%に
・賞金倍率が基本倍率を下回っている場合の回復量が増大
・賞金倍率の最大値が180%に

まあ流石にそうなりますわよね、という感じ。
とは言えESS泥棒の脅威は依然として健在という感じの調整ですね。ここらは今後も状況を見つつ調整がされていくのではないかという気がします。

実際、このシステムが生まれてからというものESS目当てのローミングが結構な頻度で遊びに来て、PvPerの皆さんは楽しくバトっているご様子。
私は基本的に人畜無害な生産屋&ブログ書きですがタイミングが合えば迎撃に参加しています。一桁vs一桁のコンパクトな戦闘が地元で楽しめるのはなかなか良いですね。

時間が前後しますが他に近況の話としましては、ハロウィンのイベントで艦船撃沈時のアイテムドロップ率が一時的に90%になったり(去年は100%だった)、ブラックフライデーでゲーム内の取引税が安くなったりしたんですが、これは概ね去年と同じなのでこのまま恒例になるのかもですね。
事ある毎に発生する期間限定ログボは……なんかもう多すぎてブログで報告するようなことじゃなくなっちゃったしなあ。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の目次はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はヌルの話ではありません。新規プレイヤーが増えそうなタイミングという事で、ちょっとばかりハイセクの話をしようと思います。

宇宙最大の商都 ジタ

初心者の皆さんもだいたいご存知とは思いますが、eve onlineは『NPCが売っているアイテム』というのがおっそろしく少ないです。
日々、百万発単位で消費されているであろう弾薬すらプレイヤーが生産してマーケットに出品しているのです。

新しくeveを始めたけれど、必要な船をどこで買って良いか分からない。
あるいは最初の船を買ってミッションや探検で戦利品を手に入れたけれど、どこで売って良いか分からない。
スタートダッシュのためにPLEXを買っちゃったけど、どこで売ったら一番高いの?
そんな疑問に直面することもあるでしょう。

答えは一つです。

ジタ Ⅳ-4へ行け。

『ジタ Ⅳ―衛星4 カルダリ海軍組み立て工場』
このブログでも何度も名前を出してますし、eveについてちょっとでも情報を集めたことがあればどこかで名前を聞く機会があったのではないでしょうか。

カルダリ連合に属するこのステーションは、いつからか自然発生的に商業ハブとして利用されるようになりました。そもそもジタというソーラーシステム自体、アクセスの良さがあり、Ⅳ―4は生産拠点型のステーションであったため現地で船を作ってそのまま売れるという強みがあったのです。
主要な商都はNPC四帝国の各国に一つずつあり、いずれも当初はプレイヤーが自然発生的に商都化させ、後に商都システムにはプレイヤーが建造物を建てられなくするなど運営からも特別扱いを受けているのですが、他国の商都はジタに比べるとやはり格落ち感が否めないというのが現状です。
最近ジタⅣ―4は遂にオンリーワンの外見も手に入れましたがジタⅣ―4なら皆納得ですね。

このステーションは全宇宙の商取引の半分以上が行われているとの噂。
とにかく、どんなガラクタでもここに持ち込めば買い注文が見つかり、どんな貴重品でも(金額はべらぼうでしょうが)だいたい売り注文が見つかる場所です。

マーケットウィンドウを開いたらひとまず、売り注文は安い順、買い注文は高い順に並べましょう。

ジタは多くのマーケッターが集う地。彼らは時にウハウハの大儲けをして、ある時は相場の変動により資産と頭髪を失い、文字通り天文学的なISKを動かしています。
彼らの激しい価格競争により、売り注文は安く、買い注文は高くなっていきます。つまり、あなたは買いたいものを安く買えて、売りたいものを高く売れるのです。

じゃあ逆にマーケッターにとっては辛いのか? と言えばそんなことはありません。なにしろ大量の物品が集まるので、売り注文も買い注文も通りやすいのです。

物を売り買いするのに便利な場所なので、まずはジタへ行ってそこを拠点にすると活動が色々便利になるでしょう。
なお、ジタで流れてるローカルチャットの99%は詐欺で、残りの1%は詐欺の前振りなので無視しましょう。

ジタを補完する衛星商都 ペリメーター

商都としてのジタを語る上で外せないのが、ジタの隣に存在するペリメーターというシステムです。

ここにはeveを代表する巨大勢力の一つ、Test Alliance Please Ignoreのフロント企業が所有するキープスターが建てられています。
ハイセクにキープスターを建てる意味はほぼ無いんですが(キープスターじゃないとタイタンや大型艦載機母艦は入港不可だがそもそもハイセクにはそれらを持ち込めない)、象徴的な意味合いとしては大きいかもですね。
とりあえずキープスターを見てみたいという方は行ってみると良いでしょう。

このキープスター、宇宙最大のPLEX&スキルインジェクターマーケットであり、さらに種類を問わず大量のアイテムの買い注文が集まる商業地になっています。
隣にジタがあるのにどうして? と思うかも知れません。
理由は簡単、税金が安いからです。

売り注文が出ているものを買う場合は税金が掛からず、買い注文に応じて『即時売り』する場合も所定の物品税が引かれるだけですが、自分から注文を作ると金額の何%かを持って行かれます。これが仲介手数料です。

NPCのステーションでは取引時の手数料は所定の割合になりますが、プレイヤー所有の建造物でのマーケットは自由に設定可能なのです(現状は最低1%)。
まあ重いものをペリメーターで買っちゃうと、多くの輸送業者が発着地点にしているジタへ運ぶのが面倒なので基本的にジタの優位は揺らがないのですが、PLEXは専用の枠に入れて宇宙のどこへでも安全に持ち歩き可能、スキルインジェクター/エクストラクターは資産一覧ウィンドウから宇宙のどこに居ても使用可能なので、わざわざジタへ運ぶ意味が無いんです。
しかも高額の物品なので、売り買いするなら可能な限り税金は抑えたい。そういうわけでみんな、PLEXだのなんだのをペリメーターで売買してるのです。
取引手数料の半分はストラクチャの所有者のものになるのでウハウハです。

ちなみにこのシステムに他勢力が商業ステーションを建てて客を奪おうとするとeveを代表する三大勢力(TEST,Pandemic Horde,Goon)の連合艦隊に早晩破壊されます。コワイ!
以前はTESTに並ぶ巨大勢力Pandemic Hordeが単独で同じ事をやっていたんですが、三大勢力三つ巴の仁義なき戦いの末にキープスターを建てたTESTがペリメーターの利権を確保した形となり、PHとGoonはそこに乗っかる形で利益を分配する協定が結ばれ平和が戻ったようです。
このヌルセクヤクザどものフロント企業は、ハイセクにおける軽減税率マーケットや鉱石精錬施設、クローンサービスなどを各国商都付近でほぼ独占的に展開しており、ハイセクの皆様に便利なサービスを提供する傍ら、そのアガリをヌルへ持ち込んで血みどろの殺し合いの軍資金にしているのです。
スゴク・コワイ!

さて、それではこのペリメーターに様々な品の買い注文まで出されているのは何故か。これも取引手数料を抑えるためです。

実は買い注文を出すときは『注文に応じる範囲』を指定可能なんです。
なので、ペリメーターで『1ジャンプ以内の星系でこのアイテムが売られたら買う』という買い注文を出すと、あら不思議。ジタで直接買い注文を出すよりも遥かに安い手数料で買い注文を出して、ジタで売却されるアイテムをゲットできるんですなこれが。

まあ、あくまで範囲指定が可能なだけなので『ジタでアイテムを納品して欲しかったのにペリメーターで売られてしまった』ということも往々にして起こります。
そういう時は諦めて運びましょう。

と、言うわけで今回は超重要な商都システムを初心者の方のためにご紹介しました。
僻地のマーケットは品揃えが悪かったり値段が不安定だったりしますので、よく分からないうちはジタ周辺を拠点に活動するといろいろ便利ではないかと思います。

なお、便利で人と物と金が集まるという事は、それを狙うハゲタカめいた沢山のKAMIKAZE野郎が群れているということでもあります。
ジタに出入りする全ての輸送艦は撃沈される危険があります(厳密には宇宙のどこを飛んでいてもそうなんですが)。
軽トラや重トラを使えば多少は安全ですが初心者の方には難しいと思いますので、すぐにワープできる軽い船で運ぶとか、PushXなどの輸送業者を頼ると良いでしょう。

もう次回予告はしない、とか言いましたが今回は次回予告をします。
次回の記事は『初心者のための超基本的fit講座』。要するに船の装備の組み方です。
悲劇に遭ってしまう人を一人でも減らすため先に一言だけ述べておきますと
最強装備よりコストパフォーマンス。
沈んだら困る船でステーションから出るな。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント1,000,000点(スキルインジェクター2個分・トレーニング約20日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

-ESPM記事, Suzumeのnullへの誘い

Copyright© -000- 報告書 EVE ONLINE , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.