ESPM記事 Suzumeのnullへの誘い

電気羊SUZUME LAURANTの完璧に幸福なNULL生活 #82

対象:eve onlineを始めようか迷っている人・初心者・null未経験者
効能:eve onlineを始めたくなる。nullCorpに入社したくなる。※効果には個人差があります
使用上の注意:ページを開いた後はなるべく早くお読みください

hOI!!!!!! Suzume Laurant!!!!!!!

ここんとこ常に風雲急を告げているTenalが更にヤバくなりました。

Fraternity.
Fraternity.

中華系のアライアンスであるFRTが敵として参戦したのです。

これがどうヤバイかと言いますと、我々DEAD Co.は東ロシアに東アジアにオーストラリアと、AUTZ(オーストラリア・タイムゾーン。日本時間の夜くらい)に動くプレイヤーの集まりなんです。なのでストラクチャや領土が攻撃された時のタイマー戦も当然AUTZになるよう設定されています。
eveでは被攻撃時の「次の戦い」が何時起こるか設定可能でして、これによって味方が揃いやすく敵が数を出しにくい時間帯に防衛戦を行って有利に戦うことが出来るのです。
日本時間の早朝とかにストラクチャを撃たれても、夜に発生するリペアタイマーを守り切ればチャラにできるわけです。

しかーし、中華系であるFRTは当然ながらAUTZ型。しかも単独でDEAD Co.と同じくらいでかいんです。
我々は有利だったAUTZでも厳しい戦いを強いられることになります。
そしてTenalを巡る戦いはさらに泥沼化しております。

現在のヌルセク情勢に関してちょっと補足しますと、デカイ勢力はざっくり「Goon」「TEST」「panfam+FRT」「DEAD Co.」が3:3:3:1くらいの割合でして……いや本当によくやってるなあワシら。Goonの助太刀があるとは言え……

ちなみに私は味方が戦闘に使う船を作っては、コアリションのステージング(出撃拠点)で売りさばく死の商人プレイをしております。
出品があれば、船が沈んでもすぐに買い直して出撃できるので、こういうマーケット野郎は重要な命綱だったりします。

初心者及びHi-Secの皆さんをnullへ誘う初心者シリーズ記事の目次はこちらから。シリーズまとめ読みはこちらをどうぞ。

今回はエントーシス戦の解説です。内部の新人向けのリファレンスも兼ねているのでお堅く行きます。

エントーシス戦・前編 タイマー作成まで

そもそもヌルセクでどうやってソーラーシステムを領有するのかと言いますと、システム内に領域支配用ユニット(Territory Claim Unit 略称:TCU)と領域管理用拠点(Infrastructure hub 略称:Ihub)を浮かべることで領有が実現するのです。

TCUはその名の通り、領土の所有権を示すのですが、現行のシステムでは大した意味がありません。
重要な機能はほぼIhubに集約されており、システム内に戦闘サイトや鉱石サイトを発生させるアップグレードが可能。さらにIhubを長期間所有しているとサイノ妨害装置やジャンプゲートの設置が解禁される……というわけで、熱いのはIhubを巡る争いでありTCUはぶっちゃけオマケです。

他所のアライアンスから領土をぶんどろうと思ったら、まずはこれらをぶっ壊して新たに自分たちの設備を置かなければなりません。じゃあどうやってTCUとIhubを破壊すればいいかと言いますと、まずはこいつらにエントーシスリンクを当てる必要があります。

エントーシスリンク。だいたいどんな船にでも装着可能な装備で、スキル要件も極めて緩いです。なにしろインフォモーフ心理学(クローンの数を増やすスキル)が前提なので、普通のキャラなら使えます。

ただし、TCUやIhubは常に攻撃可能な状態ではありません。
防御側がTCUやIhubに被攻撃時間を設定できるのです。もちろんこれは防衛が容易なよう、自分たちの主な活動時間に設定することになります。

被攻撃時間の長さは、そのシステムの防衛乗数によって決まります。
ざっくり説明しますと、「長く領有されている」「ラッティングが活発に行われている」「採掘が活発に行われている」システムは防衛乗数が高くなり、被攻撃時間が短くなります。つまり自分達が活動している時間にしか敵は攻撃できなくなります。
逆に防衛乗数がめっちゃ低いシステムは1日の半分以上もの間攻撃可能だったりして、守り抜くのはほぼ不可能です。社会人勢がまだ帰ってこない午後三時とか、逆にみんな寝てる早朝の四時とかに攻撃を受けても迎撃はできませんよね。
そしてeveはグローバルなゲームなので、相手にとっても早朝や昼下がりであるとは限らないのです……

さて、攻撃を受けるとどうなるか。
敵がTCUやIhubに取り付いて、エントーシスリンクで領土死ね死ね光線を照射してきたとしましょう。
みゅいーん。

攻撃を受けたアライアンスには即座に通知が飛びます。
まだこの段階ではセーフ。即座に艦隊を編成し、エントーシス艦を排除すれば助かります。
猶予はまたもや防衛乗数によって決まり、最短で10分、最長で60分。
防衛乗数は本当に重要です。私はあんまりラッティングしてないので、ラッティングで防衛乗数を上げてくださる方には感謝感謝です。

エントーシス艦の排除に失敗してしまったらどうなるのでしょう?

実はまだ破壊はされません。
この後、ノード戦というものが発生するのです。

エントーシス戦・後編 ノード戦

TCUおよびIhubへのエントーシスが成功すると、そいつは一時的な強化(リーンフォース)状態になり、攻撃を受け付けなくなる代わりに二日以内のタイマーが作成されます。
このタイマー明けに、破壊のチャンスであるノード戦が行われます。

時間が来ますと、ノードというのが宇宙にばらまかれます。
この時、ノードが出現するのは、エントーシスされたシステムが所属するコンステレーション(いくつかのシステムを合わせた小地域)のどこかです。
ノードは最初は四つしか出て来ませんが、時間と共にぼこぼこ増えていきます。

このノードを防衛側アライアンスがエントーシスして焼却すれば防衛側のポイント。
それ以外のキャラ(たとえblueでも)がエントーシスして焼却すれば攻撃側のポイントです。

内部値としては、ノード戦は防衛側の持ち点が60%の状態で開始されます。
ここからノードを一つ焼く毎に7%獲得、逆に敵に焼かれたら7%の失点です。
これが0%になったら失陥。100%に到達すれば防衛成功です。

時間になるとこの通り、システムの所有権を示すアイコンの周りにスコアが表示されます。青い部分がポイント。
右に表示されてる盾のマークが現在の防衛乗数です。

理想型としては、防衛側はあらかじめエントーシス艦をコンステレーション中に待機させ、ノードが湧き次第それを味方に報告してエントーシスを開始します。
エントーシス艦は操作が少ないので、たくさんアカウント持ってる人はだいたいその数だけエントーシス艦を出せます。ある程度広い領域を見張りつつ、いくつものノードを同時に焼いていくことになりますので、ノード戦はとにかく人海戦術です。
とは言えそのまんまじゃ敵の艦隊にぶっ飛ばされてノードを奪われてしまいますので、ちゃんと防衛戦力も用意しなければなりません。
しかもこれ、必然的に複数のシステムにまたがって戦うことになりますので、キャピタルをどーんと降らせて勝利というわけにはなかなかいきません。本隊がぶつかり合う傍らで、エントーシス艦を排除する小規模な艦隊をお互いに出し合ったりします。ガチのエントーシス戦はすげえ泥沼です。

ちなみにタイマーが明けノード戦が始まる時間はランダムです。防衛乗数が高いなら事前に設定した時間付近にタイマーが明けるので有利に戦えますが、防衛乗数が低いと事前設定から大幅に離れた時間にノード戦が開始される危険があります。
つまり攻撃側から見れば、防衛乗数が低いシステムを何度もリーンフォースしていればいつかは自分たちに有利な時間にノード戦が発生するだろうと言えるわけです。

また、ノードの焼却に掛かる時間は防衛側は4分くらい(+エントーシスリンクの起動までに掛かる時間)なんですが、攻撃側は防衛乗数に応じて最大で24分とかになります。
またも防衛乗数です。これが高ければノードを焼かれるまでに待ったを掛けられる可能性がアップするわけです。

ちなみに前述しましたが、防衛ができるのはあくまで攻撃を受けたアライアンスだけです。
仮に味方だろうと部外の人がノードを焼いてしまうと攻撃側のポイントになります。
同じコンステレーションで同時に複数のノード戦が進行し、しかもそれぞれ所有権を持つアライアンスが違ったりするとたまに間違って別のノードを攻撃してしまう悲劇が起きます。まあ間違ってエントーシスを始めた時はエントーシスリンクの射程外まで移動すればリンクを切れるんですが。

なお、ノードは90分くらい放置すると勝手に燃え尽きて防衛側のポイントになるので、敵も味方も全く来なかった場合は防衛側の勝利になります。

こうして説明してみるとなかなか面倒くさそうですが実際に面倒です。
このところのTenalでは毎晩のようにノード戦が行われています。さて、最終的にどのような形に落ち着くのやら。

次回:エントーシス船紹介
エントーシスによく使う船をちょっと紹介してみます。あとエントーシス船に関するちょっとした追加解説とか。

もし私の記事を読んでeve onlineやってみたいと思った方がいらっしゃいましたら、こちらのCorpによる招待リンクからアカウント作成をどうぞ。
招待リンクからアカウントを作成しますと、あなたにはスキルポイント1,000,000点(スキルインジェクター2個分・トレーニング約20日分)のスタート特典、CorpにもささやかなCCPからの賄賂招待特典があります。
このリンク踏んだからと言って義理が出来たりはしませんのでご安心下さい。

この記事を書いたSuzume Laurantは羊社 Electric Sheep Machinery に所属してます。
公開CH:羊への入り方
簡単に言うとJPCHと入り方は同じです。
・チャットウインドウの左肩にある小さな吹き出しアイコン(Open Channel Window)をクリック
・出てきたウインドウの上側にあるCHANNEL NAME入力欄に 羊 と入力してJOINをクリック。

雑談だけでも構いません。
皆様のご来訪を社員一同お待ちしております。

-ESPM記事, Suzumeのnullへの誘い

Copyright© -000- 報告書 EVE ONLINE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.